pixiv Inc. Service Master Terms of Use

Master Terms of Use

Service Master Terms of Use

Article 1. Introduction

  1. These pixiv Master Terms of Use (referred to as these “Terms of Use” or, to distinguish them from individual terms of use, these “Master Terms of Use”) apply to all conduct in cases where Users use the services (the services are collectively referred to as the “Services,” and individual services are referred to as “Individual Services”) provided by pixiv Inc. (the “Company”). Users shall agree to these Terms of Use and use the Services in accordance with these Terms of Use.
  2. Terms and conditions for use of the Services are set forth in these Terms of Use as well as terms of use, guidelines, and other agreements relating to Individual Services. These individual terms of use, rules, and so on (“Individual Terms of Use etc.”) apply as a constituent part of the agreement pursuant to these Terms of Use. In cases where these Terms of Use do not apply pursuant to Individual Terms of Use etc., only the relevant Individual Terms of Use etc. apply.

Article 2. Individual Agreements etc.

  1. Table 1 indicates whether Individual Terms of Use etc. relating to Individual Services exist and whether those Individual Terms of Use apply.
  2. In the case of discrepancy between the provisions of Individual Terms of Use etc. and these Terms of Use, unless otherwise provided, the Individual Terms of Use etc. shall take precedence over these Terms of Use.
  3. In the case of discrepancy between individual terms of use and the corresponding guidelines, unless otherwise provided, the guidelines shall take precedence over the individual terms of use.
  4. Of the various guidelines, “the pixiv Trademark Guidelines” shall apply to all Users. Further, in addition to the guidelines indicated in Table 1, other guidelines have been established in relation to Individual Services, and guidelines associated with Individual Services apply preferentially.

    Table 1




    pixiv Novel


    pixiv Literature









    VRoid SDK



    pixiv Encyclopedia


    pixivision

    • -

    sensei

    • -

Article 3. Definitions

The terms used in these Terms of Use are defined as set forth below.

  1. “User” means a person who uses the Services.
  2. “Account” means any one of multiple types of authority of utilization of the Services issued by the Company to a User who registers accounts pursuant to the procedures specified in Article 7 or other provisions. Users are required to acquire necessary accounts according to the Individual Services that User wishes to use.
  3. “Registered Email Address” means email address information provided by User to the Company for the purpose of receiving the Services.
  4. “ID” means a text string used for identification of an individual by making reference to the Registered Email Address and Password when using the Services. One ID is issued for each account.
  5. “Password” means a text string used for identification of an individual by making reference to a Registered Email Address when using the Services.
  6. “Posted Information” means all data and information transmitted, distributed, posted, uploaded, registered, or edited (“Posted etc.” or “Post etc.”) by User when using the Services including images, text, translation, and information relating to displayed items.

Article 4. Revision of these Terms of Use and Individual Terms of Use etc.

  1. The Company may, at its discretion, revise these Terms of Use and Individual Terms of Use etc. at any time.
  2. Except when otherwise specified by the Company, revised versions of these Terms of Use and Individual Terms of Use etc. shall take effect when indicated on the Services.
  3. In the case where User uses the Services after the revised versions of these Terms of Use and Individual Terms of Use etc. come into effect, User shall be deemed to have consented to all of the revised versions of these Terms of Use and Individual Terms of Use etc.

Article 5. Handling of Personal Information

The Company shall properly handle personal information in accordance with its Privacy Policy.

Article 6. Confidentiality of Communications

  1. The Company shall maintain the secrecy of communications of User communications in accordance with Article 4 of the Telecommunications Business Act (Act No. 86 of 1984).
  2. In the cases set forth in the following items, the Company shall not bear the duty to protect the secrecy of communications specified in the preceding paragraph to the extent indicated in each item:
    1. In cases where compulsory disposition or a court order is issued pursuant to the Code of Criminal Procedure (Act No. 131 of 1948) or the Act on Wiretapping for Criminal Investigation (Act No. 137 of 1999), to the extent of such compulsory disposition or court order;
    2. In cases where compulsory disposition is issued pursuant to laws and regulations, to the extent of such disposition or court order;
    3. In cases where the Company determines that the requirements for a demand for disclosure pursuant to Article 4 of the Act on the Limitation of Liability for Damages of Specified Telecommunications Service Providers and the Right to Demand Disclosure of Identification Information of the Senders (Act No. 137 of 2001) are satisfied, to the extent of that demand; and
    4. In cases where the Company determines that disclosure is necessary to protect the life, body, or property of a third party, to the extent necessary to protect the life, body, or property of the third party.

Article 7. Account Registration

  1. The Services may include content that can be used only by Users with registered accounts.
  2. Persons who wish to register an account may, after agreeing to these Terms of Use, apply for account registration by the method designated by the Company. The information that must be input when performing such registration is referred to as “Registered Information.”
  3. When performing the application specified in Paragraph 2, User shall provide to the Company User’s own true, accurate, and current information as Registered Information.
  4. Registration of a person who applies for account registration (“Registration Applicant”) shall be complete when the Company approves the registration.
  5. In any of the following cases, the Company may, at its discretion, reject the registration application of a Registration Applicant without disclosing the reason.
    1. In cases where the Registration Applicant requested registration not using the method specified in Paragraph 2;
    2. In cases where an application is made by providing fraudulent, false, or misleading information;
    3. In cases where the Registration Applicant breached contractual duties in relation to any services provided by the Company or in transactions with other Users in the past; further, in cases where the Company determines that there is a likelihood of such breach in the future;
    4. In cases where the Registration Applicant violated these Terms of Use;
    5. In cases where the Registration Applicant engaged in prohibited conduct specified in Article 15 in the past or the Company determines that there is a likelihood of Registration Applicant engaging in such prohibited conduct in the future;
    6. In cases where the Registration Applicant is a minor, adult ward, person under curatorship, or person under assistance and the Registration Applicant’s legal representative, guardian, curator, or assistant does not consent;
    7. In cases where the Registration Applicant is an anti-social force, was formerly an anti-social force, uses anti-social forces, or its main investors or officers and employees are constituent members of anti-social forces; or
    8. In other cases where the Company determines that the application is inappropriate.
  6. In cases where the Company does not approve an application for account registration, the Company shall not bear a duty to disclose the reason for not approving the application to the applicant and shall not bear any liability whatsoever with regard to damage incurred by the applicant as a result of the non-approval.
  7. In cases falling under any of the following items in relation to a User who registered an account, the Company may cancel or temporarily suspend the User’s membership, cancel rights associated with the User’s membership, or refuse use of the Services in the future.
    1. In cases where the Company determines that the User fell under or falls under any of the grounds specified in each item of Paragraph 5;
    2. In cases of violation of laws and regulations or these Terms of Use;
    3. In cases where the User is determined to have engaged in prohibited conduct specified in Article 15 in the past or is likely to engage in such prohibited conduct in the future;
    4. In cases of improper conduct;
    5. In cases where problems with other Users or third parties exceed certain levels established by the Company, regardless of willful misconduct or negligence;
    6. In cases where complaints received from other Users or third parties exceed certain levels established by the Company, regardless of willful misconduct or negligence;
    7. In cases where the User does not login at least a certain number of times within a certain period specified by the Company;
    8. In the case where the Company determines that continued provision of the Services is unfeasible based on reasonable grounds; or
    9. In cases where the Company otherwise determines that there are substantial impediments to the execution of business operations.

Article 8. pixiv Premium

  1. Account types are free accounts and “pixiv Premium” fee-based accounts (“pixiv Premium”). The Services contain content and functions that can be used only by Users who register for pixiv Premium. The Company may at its discretion change at any time the content that can be used by Users registered for pixiv Premium.
  2. Only Users who have a means of payment specified by the Company can register for pixiv Premium. Users who registered for pixiv Premium shall pay the use fees for each use period specified by the Company by the method specified by the Company.
  3. The use period of a User who registered for pixiv Premium shall automatically be renewed unless the User cancels by the method specified by the Company. However, in some x made by annual interest of 14.6% to the Company. In such cases, the transfer fee and other such fees are responsible to the User.
  4. The cancellation of pixiv Premium is possible by specific procedures provided by the Company. When cancellation is done during period of use, the service is available in the duration until period of use, and pixiv Premium will end at the time of the expiration of use period. However, in some payment method, when cancellation is done during the use period, the remaining period of use is invalid and the pixiv Premium will end. Please refer for details in the registration procedures of each payment methods.
  5. Even in the case where a User who registered for pixiv Premium cancels during a use period, use fees already paid to the Company by the User registered for pixiv Premium shall not be refunded.
  6. When payment for pixiv Premium is delayed from the payment deadline due to the User, the User is responsible for paying late payment interest of the amount calculated through the duration of the day after the deadline until the day before payment is made by annual interest of 14.6% to the Company. In such cases, the transfer fee and other such fees are responsible to the User.
  7. In cases of previous Paragraph, when the credit card or bank account etc. provided by the User as payment method is unavailable, or when the User is determined by the Company to have caused act contradicting the Master Terms of Service, the Company has the right to suspend use of all services regarding pixiv Premium provided by the Company without any notification to the User.
  8. In cases of previous Paragraph, the usage fee of the suspended account includes the fee for the month that suspension act has taken.
  9. When User cannot use the service included in pixiv Premium due to the gross negligence of the Company, the Company, only when the unavailability continued for more than 24 hours after the User noticed the unavailability, shall be responsible for paying the compensation for the actual damages incurred by the User with a month amount of service fee of the plan contracted by the User multiplied by the period of time (in months, rounded up) the service was unavailable to the user (fraction of yen omitted) as an upper limit.
  10. In regards to the payment method of usage fee of pixiv Premium, whether or not the responsibility is on the User or not, if cases of exceeding amount of payment from the demand and the like arises, the Company may provide compensation support.

Article 9. Change of Registered Information

  1. If a change occurs to Registered Information, User shall promptly notify the Company of the relevant changed information by the method specified by the Company.
  2. If a User incurs any disadvantage as a result of failure to provide notice, the Company shall not bear any liability whatsoever.

Article 10. Control etc. of Registered Email Address, ID, and Password

  1. User shall register as User’s Registered Email Address a useable email address that is under User’s control, and in the case where a Registered Email Address is no longer under User’s control, User must change the Registered Email Address to a different useable email address under User’s control.
  2. User shall endeavor to prevent improper use of User’s Registered Email Addresses, Passwords, and IDs (“Registered Email Address etc.”) and shall bear all responsibility for control of the Registered Email Address etc.
  3. The Company shall not bear any liability whatsoever for damage and the like incurred as a result of use of User’s Registered Email Address etc. by a third party. Conduct performed using a Registered Email Address etc. shall be deemed the conduct of the User who holds that Registered Email Address etc. even in the case where such use was made by a third party without the User’s consent or otherwise improperly, and User consents to bear responsibility for such conduct. Further, the Company shall not bear any liability whatsoever for damage arising as a result of such conduct, regardless of User’s willful misconduct or negligence.
  4. In the case where a Registered Email Address etc. or other such information is divulged to a third party or there is a likelihood of such divulgence, User shall promptly notify the Company; provided, however, that while the Company can suspend or terminate use of the Services by the relevant Registered Email Address etc., the Company shall not bear any liability whatsoever for damage resulting from such divulgence of information.
  5. User may not make any claims whatsoever to the Company for investigation regarding temporary suspension of use of the Services, damages incurred, lost profits, and so on arising from theft, loss, or improper use by a third party of User’s Registered Email Address etc.
  6. Registration of a usable phone number under the control of User may be necessary for some Individual Services. In this case, this article shall also apply to that phone number.

Article 11. Account Possession

  1. In principle, each User may have one account of each type. In cases where it is necessary for activities using the Services such as distinguishing between art works or names, User is allowed to have multiple accounts to the extent not otherwise in violation of these Terms of Use.
  2. Users may not under any circumstances transfer or loan an account to a third party.

Article 12. Use Environment

  1. User shall maintain all hardware, software, and so on necessary for use of the Services at User’s own expense and under User’s own responsibility.
  2. Users shall take measures according to their own use environments for the prevention of infection with computer viruses, unauthorized access, leaks of information, and the like.
  3. The Company shall not have any involvement in or bear any responsibility whatsoever for User’s use environments. User shall bear all liability and damage arising from the hardware, communications lines, software, and so on used by User and all liability and damage caused by errors in the use of the Services by User, and the Company shall not bear any liability whatsoever, regardless of User’s willful misconduct or negligence.
  4. Users may in some instances acquire software for use of the Services via application distribution services provided by third parties (“Distribution Services”). In such case, the Company makes no warranties regarding the performance, details, or continuity of Distribution Services. The Company shall not bear any liability even in the case where User is unable to acquire such software because of suspension or discontinuation of all or part of such Distribution Services due to defects or other reasons.

Article 13. User Responsibilities

  1. User shall use the Services under its own responsibility and shall bear all responsibility for actions taken when using the Services and their results.
  2. Transactions by User with other Users conducted by using the Services are direct transactions between the Users, and the Company is not a party to any agreement.
  3. All types of work, communications, performance of legal duties, resolution of problems, and so on in conjunction with the transactions between Users specified in the preceding paragraph shall be performed by the Users who are parties to the transaction.
  4. User shall bear all responsibility relating to Posted the Information that User Posts etc. by using the Services. The Company shall not bear any responsibility whatsoever regarding Posted Information that is Posted etc. by User using the Services.
  5. In the case where the Company or a third party incurs damage as a result of violation of these Terms of Use by User, User shall be liable to pay compensation to the Company for all such damage.
  6. In the case where dispute arises between the User and a third party relating to the service, the User is responsible for resolution of this conflict, and the Company shall not bear any liability whatsoever. User must pay compensation for damage and resolve the matter under its own responsibility and at its own expense (including attorneys' fees and all expenses related to the dispute etc.). However, situations where the Company is responsible due to the intention or gross negligence shall be excluded.

Article 14. Prohibited Conduct

When using the Services, User must not engage in the conduct set forth in the following items.

  1. Conduct that infringes or is likely to infringe on the copyrights, design rights or other Intellectual Property Rights (defined in Article 22, Paragraph 1) of the Company or third parties;
  2. Reproducing Posted Information Posted etc. to the Services or a related services without the consent of the copyright holder (author);
  3. Engaging in activities that have a commercial or business objective, use that has a profit-making objective, or use in preparation for such profit-making objectives, regardless of the means, by using, diverting, reselling, reproducing, transmitting, translating, adapting, modifying, and so on the Services or a portion of the Services (the content, information, functions, system, programs, etc.) or other secondary use or reproduction of the Services;
  4. Conduct that infringes or is likely to infringe on the property, privacy, or rights to likeness of the Company or third parties;
  5. Engaging in inappropriate discrimination against or malicious slander of the Company or a third party, abetting inappropriate discrimination against a third party, or harming the honor or reputation of a third party;
  6. Conduct in violation of the Act on Regulation of Stalking Conduct, making large numbers of telephone calls or telephone calls over an extended period of time or excessive and repeated inquiries of the same nature, transmitting large numbers of messages using a messaging function, or making demands regarding which there is no duty or which are baseless;
  7. Impersonation of another person;
  8. Conduct that is linked to or likely to be linked to fraud or other criminal behavior;
  9. Engaging in any of the following conduct in relation to the Posted Information data that constitutes constitutes obscenity, obscenity, child pornography, or child abuse in violation of laws, regulations, or other criteria established by the Company (referred to as “Improper Data”):
    1. Issuing, posting, editing, or displaying Improper Data;
    2. Selling media that contains Improper Data; and
    3. Posting or displaying advertisements that allude to the transmission, display, or sale of media that contains Improper Data;
  10. Conduct that is likely to glamorize, provoke, or abet suicide, self-injurious behavior, substance abuse, and so on;
  11. Posting etc. Posted Information data that contains any of the following:
    1. Information that maliciously slanders Posted Information that has been Posted etc.;
    2. Information that can be used to identify an individual (including cases where an individual can be identified by collating such information with other Posted Information that has been Posted etc.) such as the name, address, workplace, or telephone number of the contributor or third party (including employees of the Company)
    3. Information whose veracity is difficult to confirm and false information; and
    4. Other information that the Company determines to be inappropriate;
  12. Impersonating an operator or third party;
  13. Exchanging one’s use rights to the Services for cash, goods, or other economic benefit by any method other than the method specified by the Company;
  14. Acquiring multiple accounts of the same type (excluding cases specifically permitted under Article 11);
  15. Posting Posted Information for the purpose of commercial advertising, publicity, or inducement (except in cases specifically permitted by the Company), Posted Information that contains affiliate links, Posted Information that contains inducements to other parties such as MLM or “pay to surf,” Posted Information that induces traffic to adult sites, one-click fraud sites, sites intended to distribute viruses or other malicious computer programs, or other sites determined by the Company to be inappropriate (including simply posting links to such sites), or other Posted Information that the Company determines to be inappropriate;
  16. Inappropriately delaying responses to or ignoring communications from the Company or other Users who are conducting transactions between Users;
  17. Despite receiving any reward from a company, etc., acts that fall under the guise of a third party, such as advertising ("stealth marketing"), or acts using the Service in stealth marketing, etc;
  18. Using expression linked to discrimination on the basis of race, ethnicity, sex, age, belief, and so on;
  19. Conduct that imposes excessive loads on the Service servers, hinders operation of the Services or network systems, or is likely to have such results;
  20. Improperly rewriting or deleting data stored on the Company’s facilities;
  21. Transmitting or posting viruses or other harmful computer programs;
  22. Conduct that the Company determines violates laws and regulations, public order, these Terms of Use, or Individual Terms of Use etc. or infringes on the rights of another person;
  23. Posting or editing expression that extols or incites extremist ideas or antisocial behavior;
  24. Posting or editing expression that extols or incites discrimination on the basis of race, belief, occupation, sex, religion, and so on;
  25. Posting or editing expression that extols or incites cult-like religious activity or extreme political activity;
  26. Using the Services to display, sell, purchase, register, or engage in other transactions involving the products set forth below:
    1. Stimulants, narcotics, psychotropic agents, marijuana, opium, poisons, toxic substances, and other prohibited goods;
    2. Marijuana seeds and products related to legal drugs (unregulated drugs);
    3. Firearms, swords, weapons, explosives, chemical weapons;
    4. Products that contain images or other data corresponding to obscenity, child pornography, or child abuse;
    5. Products that contain uncorrected representations of exposed sexual organs or explicit images of sexual intercourse;
    6. Used undergarments, uniforms, etc.;
    7. Prostitution and child prostitution;
    8. Products relating to gambling, lotteries, etc.;
    9. Products relating to unlimited chain investment schemes and multi-level marketing;
    10. Tobacco;
    11. Counterfeit currency, public documents (including driver’s licenses and passports), memberships, documents, electromagnetic recordings, and other such products;
    12. Bank accounts and the like;
    13. Gift cards, prepaid cards, revenue stamps, postage stamps, multiple use tickets, other securities, and coupons;
    14. Counterfeit brand products, imitation products, and pirated versions (illegal copies, etc.);
    15. Game copying devices, Pandora Batteries, and other devices that facilitate illegal copies and related products;
    16. Products obtained through theft, robbery, fraud, blackmail, embezzlement, misappropriation, or other crimes;
    17. Air guns, stun guns, pepper spray, swords whose possession is prohibited by laws and regulations; bugging devices, ultra-compact cameras, infrared cameras, and other products likely to be used for crimes;
    18. Products that infringe on patent rights, utility model rights, design rights, trademark rights, copyrights,
    19. Products regarding which the displaying party does not have sales rights and so on such as products for which the displaying party did not participate in the creation (not including cases where copyrights and other rights were assigned by the creator);
    20. Provision of services not involving a material creation and products likely to entail the provision of such services;
    21. Softwares that contain security threats such as computer viruses.
    22. Physical function examination kits, medical devices (medical supplies), pharmaceutical products, and pharmaceutical products the sale of which is prohibited in Japan;
    23. Human remains and parts of human remains;
    24. Animals, parts of animals, insects, and other organisms;
    25. Personal information, trade secrets, and other information not generally released to the public;
    26. Products for which a license or qualification required for sale is not held or satisfied;
    27. Other products whose trading violates laws and regulations (the Act on Specified Commercial Transactions, the Firearm and Sword Control Law, laws regulating narcotics, the Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora, and other relevant laws and regulations);
    28. Products intended to convert credit card credit limits to cash;
    29. Products for which the service provision period is lengthy;
    30. Products whose sale requires permits and approvals, registration, notice, and so on; and
    31. Other products outside the scope of the Company’s prohibitions and terms of use that the Company determines to be inappropriate; and
  27. In situations where a User uses the Service to provide Products, license or service to other Users, the act that brings disadvantages to other Users of the Service, such as demanding different charges depending on the payment method.
  28. Other conduct that the Company determines to be inappropriate.

Article 15. Responses to Violation etc. and Cancellation of Registration

  1. In cases where it is determined by the Company that User has violated these Terms of Use or the Company otherwise determines that it is necessary, the Company may, at its discretion and without prior notice, take the following measures against the relevant User; provided, however, that the Company shall not be obligated to take these measures or to disclose the reasons for taking these measures.
    1. Demand that the User cease the conduct in violation of or suspected of being in violation of these Terms of Use and not repeat such conduct, as well as achieve these objectives by seeking a court injunction;
    2. Conduct consultations to resolve claims, demands, and so on with another person (including out-of-court dispute resolution proceedings);
    3. Demand deletion or revision of Posted Information;
    4. Delete all or some Posted Information, modify the scope of public disclosure, or make Posted Information inaccessible;
    5. Suspend use by the User;
    6. Compel the User to withdraw; and
    7. Reject a membership application.
  2. Users may not make any objection regarding the Company’s measures specified in the preceding paragraph.
  3. Users shall release the Company from liability in cases where the Company takes the measures specified in each item of Paragraph 1 in relation to outcomes caused by those measures.
  4. User acknowledges in advance that the Company may take the measures specified in Paragraph 1 at its discretion and without prior notice.
  5. In the case where User falls under any of the following items, the Company may, at its discretion and without prior notice, suspend use of the Services, compulsorily cancel User’s registration, and thereafter reject use of the Services by User.
    1. In the case where it is revealed that User submitted a membership application not in accordance with the method specified in Article 7, Paragraph 2;
    2. In the case where User violates these Terms of Use or Individual Terms of Use etc.;
    3. In the case where it is revealed that User falls under any item of Article 7, Paragraph 5;
    4. In the case where User suspends payments or becomes insolvent or a petition is filed for the commencement of bankruptcy proceedings, commencement of civil rehabilitation proceedings, commencement of corporate reorganization proceedings, commencement or special liquidation, or commencement of other comparable proceedings (this item is applicable to Users who use fee-based services);
    5. In the case where no response is made to an inquiry or other communication from the Company requesting a response for 30 or more days;
    6. In the case where multiple claims or inquiries regarding User are received by the Company from other Users or third parties;
    7. In the case where the Company determines that User is not appropriate as a User; or
    8. In other cases determined by the Company to be inappropriate.
  6. In the case where a User falls under any items of the preceding paragraph and the Company temporarily suspends use of the Services by the relevant User or cancels the User’s registration, all obligations owed by User to the Company shall be accelerated, and User must immediately repay all obligations owed to the Company.

Article 16. Cancellation of Registration

  1. User shall follow the procedure provided by the Company to request for deleting the account when requesting for cancellation, and follow the methods provided by the Company to delete the account.
  2. In the case where User’s registration (in cases where User is registered under separate qualifications for an Individual Service, including such registration) is cancelled, all rights of User to use the Services shall be extinguished, and the Company may delete all Registered Information and Posted Information of User.
  3. The Company shall not bear a duty to restore the Registered Information or the posted content of the relevant User for any reason.

Article 17. Authority to Delete Posted Information

In the following cases, regardless of whether Posted Information is unlawful or violates these Terms of Use, the Company may delete all or some related Posted Information or take measures such as modifying the scope of public access; provided, however, that the Company shall not bear a duty to take these measures or to disclose the reasons for taking such measures.

  1. In cases where a public agency or specialist (a national or regional public body, a reliability-confirmed body specified in the Act on the Limitation of Liability for Damages of Specified Telecommunications Service Providers and the Right to Demand Disclosure of Identification Information of the Senders, Internet hotline, attorney, etc.) indicates or expresses an opinion that Posted Information is unlawful, contrary to public morals, or infringes on the rights of another person;
  2. In cases where a third party makes a claim of rights regarding Posted Information;
  3. In cases where the Company determines that Posted Information that has been Posted, etc. infringes on the copyrights of a third party;
  4. In cases where the Service experience problems due to the coding of letters in the Posted Information, or the Company determined the likeliness to be so.
  5. In cases where the volume of information registered by User exceeds the volume designated by the Company; or
  6. In other cases where the Company determines that it is necessary to delete the relevant information in accordance with laws and regulations or social norms.

Article 18. Procedures in Cases of Copyright Infringement

  1. In cases where there is an infringement of the copyrights to User’s own work on the Service, such User may provide notice to the Company by a method designated by the Company of the items designated by the Company.
  2. In cases where notice is made pursuant to the order of a court, public prosecutor’s office, or administrative organization, the Company shall respond in compliance with such order.
  3. Disputes relating to the infringement specified in Paragraph 1 shall be resolved among the parties at their own costs and responsibilities.In the case where the Company incurs damage as a result of such problems, the party/parties to whom such problems are attributable shall (if they are multiple parties, jointly and severally) pay compensation for such damage.
  4. This article shall apply mutatis mutandis to infringement of rights other than copyrights.

Article 19. Use Fees

  1. Except in the case of pixiv Premium and in cases specified otherwise in Individual Terms of Use etc. of the Services, use of the Services shall be without charge.
  2. The particulars of the fee-based services, use fees, methods of payment, and so on shall be separately specified in the Individual Terms of Use etc.

Article 20. Warranties and Duties Relating to Posted Information

  1. When Posting etc. Posted Information using the Services, User warrants to the Company that the relevant Posted Information does not infringe on the rights of third parties.
  2. In the case where any dispute arises with a third party on the grounds that Posted Information Posted etc. by User infringes on the third party’s rights, User shall resolve the matter at its own expense and under its own responsibility and shall not cause any damage whatsoever to the Company.
  3. User shall, under its own responsibility, manage and store all data including images and text produced by User. User shall maintain appropriate backups of images, text, and other data uploaded to the Services, and the Company makes no warranties whatsoever regarding the preservation and so on of images, text, and other data.

Article 21. Ownership and Licensing of Intellectual Property Rights

  1. Know-how, copyrights, design rights, trademarks, patent rights, utility model rights, rights under the Unfair Competition Prevention Law Act (including rights to receive design registrations, rights arising from trademark applications, rights to receive patents, and rights to receive utility model rights; referred to as “Intellectual Property Rights”; corresponding rights in foreign countries and comparable rights that arise as a result of future amendment and so on of laws and regulations are included in Intellectual Property Rights) relating to the Services and to all text, images, videos, music, logos, services, programs, and other information ancillary to the Services as well as all other rights belong to the Company or the third parties who licensed to the Company the use, application, or implementation of those rights.
  2. Intellectual Property Rights and all other rights to Posted Information Posted etc. by using the Services belong to the User who created the relevant Posted Information; provided, however, that, if prescribed explicitly, the User hereby transfers the Intellectual Property Right to the Company.
  3. User authorizes the Company to use information which user posted in the following ways:
    1. The Company and third parties licensed by the Company shall provide the User's posted information free of charge within the necessary range for smooth provision, use promotion, advertisement / advertisement, construction, improvement and maintenance of the Company's system. Non-exclusive, permanent use, use (including modification of the necessary limit in light of the purpose of use) and implementation.For example, the Company post user's posted information on pixiv official SNS account such as Twitter, Facebook, Instagram, website operated by our company, or materials created by our company for the purpose of promoting and introducing this service・ It can be reprinted.
    2. The Company may provide a function that allows user to view posted information on pixiv and individual services, and our affiliated services. Post information may be processed according to the display format provided by the service. The Company will provide a means for users who have posted the information to check how the posted information is displayed in the service, and a contact point for inquiries about it.
  4. In regards to the information of posted works on "pixiv Literature", the Company or and third parties licensed by the Company may selectively review the information of posted works through the Service and Individual Services. Users are considered to agree to the use and reviewing of posted works' information for selection and reviews.
  5. User shall not exercise author’s moral rights against the Company and third parties licensed by the Company in relation to the use, application or implementation etc. within the extent prescribed in the preceding paragraph.
  6. When the Company uses Posted Information in the format specified in Paragraph 3, the Company is entitled to omit display of some information or names and so on (including display of nicknames and other modified names).

Article 21-2. Use of Posted Information on pixiv Encyclopedia

  1. On “pixiv Encyclopedia”, users may use the article body or the text in the comments sections of the Posted Information of other Users in accordance with the following conditions. Within the extent necessary for such use, when User posted the Posted Information, such User shall be deemed to give licenses the Company to sublicense other User to use such Posted Information:
    1. Use of an excerpt of information in whole or in part is desirable, and in cases of unavoidable modification of information, a statement to that effect shall be made;
    2. Use shall be for non-commercial purposes; and
    3. The scope of use shall be limited to the web, and use in any other media is not permitted.
  2. In relation to the use of other Users’ Posted Information on “pixiv Encyclopedia”, User shall acknowledge that such Posted Information has been posted at such Users’ responsibilities and that the Company shall not make any express or implied warranties regarding the veracity etc. of their contents.

Article 22.3: Original work and translation in the translation function:

In the Service, in order to deliver the work to more users, a function has been set to solicit a translation from the user for the title, caption (description) or the text of the work in some of the posted information. The process up to the reflection of the translation and the attribution of the rights of the translation submitted by applying for the offer are as follows.

  1. work submission user:
    1. A work submission user is a user who submits a work on the Service.
    2. When submitting or editing a work on the Service, the work submission user sets whether or not to request a translation for each work.
    3. The user who submits the work can choose whether to approve the translation provided by the translation user (defined in the next section). In addition, the work submission user can choose whether to publish only the approved translation or to publish the provided translation once and approve it later.
    4. If the Work Contributor determines that the translation is malicious, the Work Contributor may block the Translator who posted the translation and return the translation of the Work to the content immediately prior to the translation by the Translator.
    5. Upon approval of the translation by the work submission user, the copyright of the translation (including Articles 27 and 28 of the Copyright Act; the same shall apply hereinafter) is transferred from the translation user to the work submission user free of charge.
  2. Translation user:
    1. A translation user is a user who provides a translation on the Service. No special qualifications required.
    2. If a translation is solicited for a work posted on the Service, the translation user can provide a translation to the translation solicitation part of the work. However, if the translation user is blocked by the user who submits the work, no translations can be provided to the work of the user who submits the work unless the block is removed.
    3. The copyright of the translation approved by the Work Contributor shall be transferred to the Work Contributor free of charge at the time of the approval. When a translation user submits a translation, at the time of the submission, the translation user consents to the transfer of the copyright in respect of the translation submitted by the translation user to the user who submitted the work and to the non-exercise of moral rights.
    4. When a translation is approved, the user name of the translation user who posted the translation before the translation is approved is listed as a translation contributor. However, this does not apply to translation users who are blocked by the user who submitted the work.

Article 22. Translation of Tags

Within the functions of some of the Services, User may propose translations of tags attached to Posted Information into Roman letters or other languages (“Tag Translations”) for the purpose of facilitating the use of search functions within the Services by individuals who use various languages. In such cases, User shall comply with the conditions set forth in the following items. Users shall propose Tag Translations after agreeing to the following items.

  1. Proposed Tag Translations shall be used anonymously on the Services. The names of Users who make proposals shall not be displayed.
  2. Proposed Tag Translations may be used and modified without charge and non-exclusively to the extent necessary for the effective provision of the Services and related services, facilitation of use, advertising and publicity, and development, improvement, and maintenance of the Company’s systems. See (help) for examples of suggested translations .
  3. Proposed Tag Translations are provided to third parties as “anonymous translation data not including personal information” to enhance the quality of translations.

Article 23. Monitoring Operations

  1. The Company and third parties entrusted by the Company shall have the right, at the Company’s sole discretion, to monitor whether User is using the Services in accordance with these Terms of Use and Individual Terms of Use etc. and to confirm that User is not engaged in any conduct in violation of these Terms of Use or other inappropriate conduct unless such monitoring or confirmation violates such User’s secrecy of communications.
  2. The Company shall have the right to mechanically filter messages sent and received on pixiv Message, to maintain appropriate operation of the Service by suspending the message feature of the User who sent messages including inappropriate wordings.

Article 24. Disclaimers

  1. The Company will not participate in User communications and transactions, etc. Even in the event of a dispute between Users or between a User and a third party, the matter shall be resolved between the relevant Users or the User and third party, and the Company will not bear any responsibility whatsoever.
  2. In cases where the Company determines that it is necessary, the Company may, at its discretion and without the provision of notice to Users, modify, suspend, discontinue, or terminate the Services (including SDK and the like distributed by the Services, hereinafter in this Article 25 the same shall apply.) or delete or modify the particulars of the Services. In this case, the Company will not bear any liability to pay compensation or indemnification for any direct or indirect damage, losses, or other expenses (whether foreseeable or unforeseeable) incurred as a result of such modification, etc. of the Services.
  3. Even if provision of the Services is delayed, interrupted, etc. as a result of any of the reasons set forth below or other reasons, the Company will not bear any liability whatsoever for the resulting damage incurred by Users or other persons, except when specifically provided in these Terms of Use or Individual Terms of Use etc.
    1. Implementation of periodic or emergency maintenance to the Services’s equipment, etc.;
    2. Unavailability of the Services because of disaster, power outage, or the like;
    3. Unavailability of the Services because of earthquake, explosion, flooding, tsunami, or other natural disaster;
    4. Unavailability of the Services because of war, riot, civil disorder, disturbance, labor dispute, or the like;
    5. Breakdown, upkeep, maintenance or the like of equipment and systems used by the Company;
    6. Decrease of display speeds or other failures due to excessive accesses or other unforeseeable factors;
    7. Occurrence of a security problem that cannot be prevented by the usual techniques such as preventing viewing use , known-free software and anti-virus measures
    8. In other cases where the Company determines that temporary suspension of the Services is necessary for operational or technical reasons.
  4. The Company makes no warranties whatsoever regarding the accuracy, timeliness, usefulness, reliability, or suitability for particular purpose of the Services, the absence of any actual or legal defects, or the absence of any infringement on the rights of third parties. The Company will not bear any duties whatsoever to provide the Services free of such defects etc. Further, the Company makes no warranties including warranties regarding the status of provision of the Services, accessibility, or status of use.
  5. In cases where User uses the Services or information learned from the Services, User must comply with laws and regulations in the country or region of use, and the Company will not bear any liability whatsoever regarding violations of laws and regulations by User.
  6. The Company shall provide to Users a simple and high-quality payment environment and information on User needs, but the Company makes no warranties regarding the absence of problems and so on in payment transactions. Further, the Company will not bear any duties to make permanent updates or improvements to or correct problems etc. in the Services.
  7. The Company will not bear any duty to manage or store Posted Information Posted etc. by Users.
  8. The Company will not bear any liability whatsoever regarding the lawfulness, accuracy, and so on of Posted Information Posted etc. by Users. The Company will also not bear any liability whatsoever regarding the compliance of Posted Information Posted etc. by User with the internal rules and the like of the corporations, organizations, and so on with which the relevant User is affiliated.
  9. In the cases set forth below, the Company is entitled to access, store, or disclose to third parties (referred to in this paragraph as “Access etc.”) the details of the relevant Posted Information unless such Access etc. violates such User’s secrecy of communications. The Company will not bear any liability whatsoever with regard to any resulting damage incurred by Users.
    1. If the Company sends an email or text message to the Registered Email Address of the User who Posted etc. the Posted Information requesting consent to Access etc. and the circumstances set forth in the any of the following items occurs;
      1. If User consents to Access etc.;
      2. If an email or text message response from User is not received by the Company’s email servers within seven days from when the Company sent an email or text message requesting consent to Access etc.; provided, however, that this shall not include instances resulting from emergency or other unavoidable circumstances;
    2. In cases where Access etc. is necessary to identify and resolve technical problems with the Services;
    3. In cases where a proper inquiry is received from a court, the police, or other public agency pursuant to laws and regulations;
    4. In cases where a User engaged in conduct in violation or suspected of being in violation of these Terms of Use, and the Company determines that it is necessary to confirm the particulars of Posted Information;
    5. In cases where there is an imminent risk to the life, body, or property of a person and the Company determines that there is an urgent need for Access etc.; or
    6. In other cases where Access etc. is necessary for proper operation of the Services or related services.
  10. In cases where the Company determines that ther
  11. Notwithstanding the Company’s disclaimer set forth in Paragraphs 1 to 10 and the other provisions of these Terms of Use (referred to as the “Disclaimers”), in the case where the agreement between the Company and User relating to the Services (including these Terms of Use) constitutes a consumer contract specified in the Consumer Contract Act, the Disclaimers shall not apply and the following items shall apply:
    1. the Company will not bear any liability whatsoever for damage incurred by User because of the Company’s nonperformance of obligations due to the Company’s negligence (excluding gross negligence) or unlawful conduct by the Company and that has occurred due to special circumstances (including cases where the Company or User foresaw or could have foreseen the occurrence of damage).
    2. the Company will compensate for actual damage incurred by User arisen normally and directly because of the Company’s nonperformance of obligations due to the Company’s negligence (excluding gross negligence) or unlawful conduct by the Company; provided, however that for User who incurred such damages in relation to fee-based services the amount of such compensation shall not exceed the total amount of payment for use fees etc. that is actually received by the Company from the damaged User within the period of 1 month prior to happening of the cause of such damages, or for Uses who incurred such damages in relation to free services the amount shall not exceed 1,000 JPY.
  12. Other than the cases fell in the preceding paragraph, in cases where the Company, by any chance, bears liability to User in relation to use of the Services by User pursuant to the preceding paragraph, except in the case of the Company’s willful misconduct or gross negligence, the Company shall pay compensation for actual damage incurred by User to the extent of ordinary and direct damage, and in the case of fee-based services, up to the aggregate amount of use fees paid to the Company by User during the one-year period before User has made a claim for such compensation for damage.

Article 25. Exclusion of Anti-Social Forces

  1. User represents and warrants that it is currently not a member of an organized crime group, a person cease to be a member of an organized crime group within the past five years, a quasi-member of an organized crime group, a constituent member of a company affiliated with an organized crime group, a corporate extortionist (sokaiya), a social campaign advocate racketeer (shakai-undo-to-hyobo-goro), a crime group with special intelligence, or any other person comparable to the foregoing (“Anti-Social Forces etc.”) and that it does not cooperate with and is not involved in the maintenance, management, or operation of any Anti-Social Forces etc. such as by the provision of funds or otherwise does not have any interaction with or involvement in any Anti-Social Forces etc.
  2. User represents and warrants that it shall not directly or through the use of third parties engage in the conduct set forth in the following items with regard to other Users and the Company.
    1. Use of violent or threatening expression or behavior;
    2. Unjust demands that exceed legal responsibility;
    3. Conduct damaging the reputation or obstructing the business of other parties by spreading rumors, or using fraudulent means or force;
    4. Other conduct comparable to the preceding items.

Article 26. Links to External Sites

  1. With regard to external sites linked from content or advertising in the Services, the Company does not make any express or implied warranties regarding the accuracy, timeliness, completeness, merchantability, or fitness for particular purpose with regard to information displayed on those external sites, and even in the case where User or a third party incurs damage or detriment as a result of using such external sites, the Company will not bear any liability whatsoever. Each User is requested to access external sites based on its own determinations and under its own responsibility.
  2. The presence of links to external sites from information provided on the System does not signify the existence of any commercial relationship between the Company and the relevant external site.

Article 27. Notices and Communications

  1. In cases where it is necessary to provide notice to or communicate with the User, the Company shall mail documents, post on a website, or use email or. In cases where User determines that communication with the Company is necessary, User shall communicate with the Company by using methods designated by the Company. In cases where the Company provides notice to or communicates with User by posting on a website, such notice or communication shall take effect after the passage of 48 hours from its posting, and in the case where the Company uses other means, the notice or communication shall take effect when sent by the Company to User.
  2. Except in cases where the Company determines that it is particularly necessary, the Company shall not accept communications by telephone or in person.
  3. Except when pursuant to laws, regulations, statutes, and the like in Japan, the Company shall not disclose or divulge to third parties other than User any personal information of User learned in relation to provision of the Services and shall not use such personal information in excess of the scope necessary for provision of the Services.
  4. Except in the cases specified in the following paragraph, the Company shall not disclose email communication histories to third parties.
  5. The Company may disclose the subject matter of an inquiry without obtaining User’s agreement in the case of investigation, seizure, or the like in the form of compulsory disposition pursuant to an order issued by a judge, in the case of an inquiry (Code of Criminal Procedure, Article 197, Paragraph 2) from a public agency with investigative authority pursuant to statute, and in other cases where provision is required pursuant to laws and regulations.

Article 28. Effectiveness of these Terms of Use

  1. Even if a portion of these Terms of Use or Individual Terms of Use etc. is determined to be void pursuant to laws and regulations, the other provisions of these Terms of Use or Individual Terms of Use etc. shall remain valid.
  2. Even in the case where a portion of these Terms of Use or Individual Terms of Use etc. is determined to be void or is cancelled in relation to a particular User, these Terms of Use or Individual Terms of Use etc. shall remain valid in relation to other Users.

Article 29. Assignment of Business, etc.

  1. In the case where the Company assigns the business relating to the Services to a third party or in the case where the Company undergoes a corporate division, merger, or other organizational restructuring (“Business Assignment etc.”), the Company is entitled to assign to the relevant third party its status under agreements between User and the Company (including these Terms of Use and Individual Terms of Use etc.) and information provided by User to the Company in the course of using the Services.
  2. In the case of the preceding paragraph, User consents in advance to a Business Assignment etc.
  3. The Company is entitled to assign to third parties its claims against Users, and the relevant User approves the provision of its personal information to such third parties for such purpose.

Article 30. Governing Law and Court of Competent Jurisdiction

  1. These Terms of Use and Individual Terms of Use etc. shall be governed by the laws of Japan.
  2. If litigation between User and the Company becomes necessary, the Tokyo District Court shall be the exclusive court of first instance.

Article 31. Language

The Japanese versions of these Terms of Use and Individual Terms of Use etc. shall be the official version. In the event of any discrepancy between the Japanese versions and any versions in another language, the Japanese versions shall take precedence.

Supplementary Provisions

  • These Terms of Use shall take effect on June 1, 2008.
  • These Terms of Use shall also apply to conduct undertaken by Users before these Terms of Use came into effect.

Revisions

  • October 27, 2016: The terms of use for pixiv, pixiv Comic, pixiv Novel, and pixiv Bungei integrated.
  • April 12, 2018: “Translations” added to the scope of “information relating to posted works” specified in Article 2, Paragraph 8.
  • March 30, 2020:These Terms of Use positioned as the terms of use for the Services overall, coordinated with individual terms of use, and revised throughout.

Privacy Policy

This pixiv Privacy Policy (this “Privacy Policy”) specifies the handling of information (“User Information”) of persons (“Users”) who use the services (meaning the Services specified in the pixiv Master Terms of Use (Master Terms of Use); referred to as the “Services”) provided by pixiv Inc. (“Company”). Unless otherwise provided, terms used in this Privacy Policy shall have the meanings defined in the pixiv Master Terms of Use or Individual Terms of Use. In addition, the Privacy Policy is Individual Terms of Use applied to the Master Terms of Use. In terms of unspecified matter in the Privacy Policy, unless specified to exclude to be applicable to the Privacy Policy, will be applied to the Master Terms of Use and regulated guidelines that the Company specified to (referred to as “Regulations”).
This Privacy Policy was formulated by revising the privacy policies of pixiv and Vroid Hub and integrating them with the privacy policies of other Services. This Privacy Policy applies to use of the Services on and after March 30, 2020

Article 1. Definitions

In this Privacy Policy, “Personal Information” means personal information defined in Article 2, Paragraph 1 of the Act on the Protection of Personal Information.

Article 2. Methods of acquiring Personal Information

  1. Company shall acquire the Personal Information of Users to the extent that Users use the Services.
  2. Acquisition of other Personal Information shall be performed by appropriate and lawful means. Personal Information shall not be acquired by improper methods contrary to the intentions of Users.

Article 3. Information Company acquires and purposes of use (according to each Service)

Company shall acquire or may in the future acquire from Users the User Information specified in each of the following items via the Services or Individual Services in the cases specified in each item for the purposes of use specified in each item.

  1. items
    (1)Email address, password, nickname, gender, date of birth

    Time of acquisition

    At the time of registration for the Service(s)

    of use

    1. To provide the Services and to provide appropriate contents to the user.:
    2. To use User Information for making determinations regarding improvement of the Services, provision of new services, posting and distribution of advertisements, and the like on the basis of Users’ age, gender, interests etc.;
    3. To prevent ways of use contrary to the Terms of Use of the Services and to resolve operational problems;
    4. To prepare statistical data on ways of use by Users and so on (in cases where such date is prepared, however, the data shall be processed so that individuals cannot be identified);
    5. To confirm applications for email distribution services and to distribute email;
    6. To send notices regarding the results of contests, campaigns, prizes, and so on, to deliver goods, and to send rewards for questionnaires and the like;
    7. To provide information regarding various membership services and other types of services;
    8. To request cooperation with surveys and participation in events and to report on the results etc.; and
    9. To determine the status of use of the Products, Services, Website, and so on and to provide information, surveys, and so on regarding Company and other companies or organizations believed to be beneficial to Users.


    (2)Login information of:
    PayPal, SP-Mode payment (docomo), au Kantan payment (au), SoftBank Matomete Shiharai (SoftBank), App Store payment, and Google Play payment.

    Time of acquisition

    When registering for pixiv Premium

    Purpose of use

    To collect usage fees from Users of pixiv Premium
    * Company does not retain credit card information, and payment is made via the settlement service company.


    (3)Email address, user account, details of inquiry

    Time of acquisition

    When making an inquiry regarding the Services

    Purpose of use

    To respond to the inquiry
    *Users may be asked to provide nicknames for inquiry as necessary depending on the services.


    (4)Internet domain name, IP address, in-site search query information, and other information relating to viewing the Services

    Time of acquisition

    When using the Services

    Purpose of use

    To improve the Services by analyzing User usage environments, to develop new services, and to prevent violations of the Terms of Use and other improper use of the Services


    (5)Cookies relating to Users’ use of the Services
    of acquisition

    When using the Services

    Purpose of use

    1. To ascertain the status of use by Users for improving the Services and developing new services; and
    2. To provide more personalized content with a higher degree of relevance to Users on the Services

    Details are set forth in 13: Use of Cookies.


    (6)Information relating to receipt and opening of emails sent by Company to Users

    Time of acquisition

    When Company sends emails to Users

    Purpose of use

    To confirm receipt and opening of emails.
    * Limited to cases where Users are using email software with confirmation functions.


    (7)Name, postal code, address, telephone number, Bank account information

    Time of acquisition

    When Users purchase goods and when Company receives replies from contest winners

    Purpose of use

    1. To deliver goods purchased by Users; and
    2. To deliver prizes to contest winners and campaign winners
    3. To transfer prize money for contest winners and campaign winners to their bank account

  2. Individual Services
    1. pixivFACTORY、BOOTH
      (1)Email address, password, nickname, gender, date of birth

      Time of acquisition

      At the time of registration for the Individual Service

      Purpose of use

      1. To provide the Services and to provide appropriate contents to the user.:
      2. To use User Information for making determinations regarding improvement of the Services, provision of new services, posting and distribution of advertisements, and the like on the basis of Users’ age, gender, interests etc.;
      3. To prevent ways of use contrary to the Terms of Use of the Services and to resolve operational problems;
      4. To prepare statistical data on ways of use by Users and so on (in cases where such date is prepared, however, the data shall be processed so that individuals cannot be identified);
      5. To confirm applications for email distribution services and to distribute email;
      6. To send notices regarding the results of contests, campaigns, prizes, and so on, to deliver goods, and to send rewards for questionnaires and the like;
      7. To provide information regarding various membership services and other types of services;
      8. To request cooperation with surveys and participation in events and to report on the results etc.; and
      9. To determine the status of use of the Products, Services, Website, and so on and to provide information, surveys, and so on regarding Company and other companies or organizations believed to be beneficial to Users.


      (2)Name, postal code, address, telephone number, Place of employment, affiliation, address of workplace, telephone number of workplace

      Time of acquisition

      When contact information is added

      Purpose of use

      To deliver Products to Users


      (3)PayPal login information, Rakuten Pay login information
      (In cases of bank/convenience store payment) Name, telephone number

      Time of acquisition

      When Users purchase Products

      Purpose of use

      To receive payment for the Products
      * Company does not retain credit card information, and payment is made via the settlement service company.


      (4)Name, address, telephone number and transfer destination

      Time of acquisition

      At the time of registration for the shop owner

      Purpose of use

      To bill Users who used the Individual Service for use fees, to receive payment for products purchased by Users, to make payment of the amounts received to Sellers
      * Company does not retain credit card information, and payment is made via the settlement service company.

    2. pixiv PAY
      (1)PayPal login information, bank account information

      Time of acquisition

      When registering for the Individual Service, when adding registration information

      Purpose of use

      To bill Users who used the Individual Service for use fees, to receive payment for products purchased by Users, to make payment of the amounts received to Sellers
      * Company does not retain credit card information, and payment is made via the settlement service company.

    3. pixiv Sketch LIVE
      (1)Bank account information

      Time of acquisition

      At the time of remittance for rewards

      Purpose of use

      To make payment by remittance to the specified bank account for rewards as cash

Article 4. Restrictions on Use of Personal Information

Except in the cases set forth below, Company shall use Personal Information acquired from Users through use of the Services by Users only to the extent necessary to achieve the purposes of use specified above.

  1. In cases in which the handling of Personal Information is based on laws and regulations;
  2. In cases where the handling of Personal Information is necessary to protect the life, body, or property of an individual and it is difficult to obtain the consent of the person whom the Personal Information concerns;
  3. In cases where the handling of Personal Information is specially necessary to improve public health or promote the sound growth of children and it is difficult to obtain the consent of the person whom the Personal Information concerns; and
  4. In the case where the handling of Personal Information is necessary for cooperating with a state organ, local governmental body, or an individual or a business operator entrusted by one in executing the affairs prescribed by laws and regulations and in which obtaining the consent of the person whom the Personal Information concerns are likely to impede the execution of those affairs.

Article 5. Provision of Personal Information to third parties, etc.

  1. Except in the cases set forth in the following items or in paragraph5.2, Company shall not provide User Information that constitutes Personal Information to third parties (except the persons specified in each item of Article 23, Paragraph 5 of the Act on the Protection of Personal Information).
    1. In cases where the User consents in advance to the provision to the third party;
    2. In cases the provision of Personal Information is based on laws and regulations;
    3. In cases where the provision of Personal Information is necessary to protect the life, body, or property of an individual and it is difficult to obtain the consent of the person whom the Personal Information concerns;
    4. In cases where the provision of Personal Information is specially necessary to improve public health or promote the sound growth of children and it is difficult to obtain the consent of the person whom the Personal Information concerns;
    5. In the case where the provision of Personal Information is necessary for cooperating with a state organ, local government, or an individual or a business operator entrusted by one in executing the affairs prescribed by laws and regulations and where obtaining the consent of the person whom the Personal Information concerns are likely to impede the execution of the affairs; and
    6. In cases where an inquiry is received from police, a prosecutor, secretary of a public prosecutor’s office, tax officer, drug enforcement agent, bar association, court, or other person with legal inquiry authority or in the case where Company makes a determination that the circumstances constitute averting present danger or justifiable self-defense.
  2. Company may provide the User Information specified below that constitutes Personal Information to third parties via the Individual Services indicated below.
    • BOOTH
      1. In cases where the Company determines that it is necessary for provision of the Services. In cases where transactions are conducted on the Services in particular, the email address and delivery address of the purchaser-customer will be disclosed to the Shop Owner. Information of parties to transactions that is disclosed shall be used only for the relevant transaction, and such information shall not be disclosed to third parties without the purchaser-User’s prior consent;
      2. In cases where provision of User information is required by a court, administrative agency, supervisory authority, or other public agency;
      3. In cases where a member causes inconvenience to third parties and Company determines that disclosure is necessary to resolve the matter;
      4. In cases where Company determines that the disclosure of information is necessary to protect the rights and interests of Users of the Services and third parties; and
      5. In cases where Company otherwise determines that disclosure is necessary for maintenance of the Services.
  3. In the cases set forth in the following items, Company may provide User Information that constitutes Personal Information without the User’s consent pursuant to Article 23, Paragraph 5 of the Act on the Protection of Personal Information.
    1. In cases where operations are entrusted in whole or in part to service providers which Company has found to be sufficiently reliable, including sole proprietor, and with which Company has entered into personal information confidentiality agreements in order to process User Information, provide information to Users, administer campaign questionnaires, and so on and in other cases where Company outsources a portion of the Services and provides User Information to the extent necessary for performance of the outsourced services;
    2. In cases where the Personal Information of Users who use fee-based services is entrusted to settlement system companies, credit card companies, and banks that are Company service providers for the purpose of billing Users who use the fee-based services for use fees;
    3. In cases where items delivered to Users are entrusted to delivery service providers; and
    4. In cases where Company’s business is assumed pursuant to a business transfer or the like.
  4. The company may tabulate and analyze Personal Information of individuals, process that information in formats that do not allow for the identification of individuals, and disclose statistical data relating to that information for the purpose of providing statistical data to third parties.
  5. To measure the frequency of use of the Services for the purposes of making improvements to the Services, Company uses external services to collect anonymous traffic data. Individual users cannot be identified through this conduct. Details stated on Article 13.
  6. To create anonymously processed information, Company will:
    1. Anonymize appropriately based on laws and regulations
    2. Take security control measure based on laws and regulations to prevent information leakage of data and procedure of anonymizing
    3. To announce item of information included in the anonymously processed information based on laws and regulations
    4. To not attempt actions that lead to recognition of the individual of the information used to create anonymized data
    5. When providing anonymously processed information to a third party, to announce the item of information included in the anonymously processed information and procedures to providing, as well as specifying to the third party that the data is anonymized

Article 6. Disclosure, Correction, etc.

  1. Users may request that Company disclose the Personal Information in its possession in accordance with the procedures specified separately by Company; provided, however, that this shall not apply in the cases specified in the following items.
    1. In cases where Company is unable to confirm the identity of a User making such request;
    2. In cases where there is a likelihood of harm to the life, body, property, or other interests of the User or a third party;
    3. In cases where there is a likelihood of substantial impediment to the proper execution of Company’s business operations; and
    4. In cases where disclosure would be contrary to laws and regulations.
  2. In the case where the Personal Information of a User in Company’s possession is not factually correct, the User may request correction, supplementation, or deletion (“Correction etc.”) of the particulars of the relevant information in accordance with the procedures specified separately by Company. In such cases, Company shall without delay perform necessary investigations to the extent necessary to achieve the objectives of use of the relevant Personal Information and, on the basis of the results, shall Correct etc. the particulars of the Personal Information.
  3. When performing the disclosure procedures specified in Paragraph 1, Company may request submission of the User’s personal identification documents to the extent necessary to confirm that the request for the disclosure of Personal Information is from the Users whom that information concerns.

Article 7. Personal Information Necessary for Account Maintenance

In the case where a User does not consent to the provision of an email address and other Personal Information necessary for maintenance of a User account on the Services or for use of the Services, the User cannot use the Services.

Article 8. Deletion of Service Accounts

In the case where a User deletes a Service account, Company shall properly process the User Information of the User in accordance with the Terms of Use, incidental agreements, and this Privacy Policy.

Article 9. Disclaimers

Company shall not bear any liability whatsoever in relation to the acquisition of Personal Information by third parties in the following cases.

  1. In cases where a User itself disclosed Personal Information to a third party using the functions of the Services or otherwise;
  2. In cases where a User identified himself or herself by inputting information or the like on Services;
  3. In the case where a User registers or applies for or orders the Services using a browser not compatible with transport layer security (TLS) or provides User Information by email or postal mail and a third party not under Company’s management accesses or steals that information during the process of delivery to Company; and
  4. In the case where a User or third party incurs damage as a result of improper conduct by unauthorized access or others despite the implementation of security measures by the Company.
  5. In cases where a User used the Service with third party apps that are not recommended by the Company.

Article 10. Access from Overseas

Please refrain from accessing the Websites from countries or regions where the use, management, and operational methods of the Services or the content posted on the Services is unlawful or improper.

Article 11. Revision

This Privacy Policy is subject to revision. When revising this Privacy Policy, Company shall disclose the revised policy by means specified separately by Company and shall provide notice to the effect that this Privacy Policy was revised by the method specified by Company.

Article 12. Inquiries

  1. Except in cases where there is a likelihood of impediment to the proper execution of Company’s business operations, Company shall maintain a condition whereby only the persons whom Personal Information concerns are able to learn Personal Information in Company’s possession. Please use the method designated by Company to confirm, correct, or delete the particulars of that information.
  2. Inquiries, complaints, and consultations regarding the disclosure of Personal Information and its correction or deletion from the persons whom the Personal Information concerns and inquiries regarding this Privacy Policy can be made using the following email form.
    https://www.pixiv.net/support.php

Article 13. Use of cookies and Advertising Identifier etc

When Users access pages while using Services, User cookie information, Advertising Identifier (IDFA) provided by Apple Inc., Advertising ID (AAID) provided by Google Inc., and other such cookies (“Cookies and Advertising Identifier etc.”) are used to automatically gather information concerning advertisements and pages viewed by the User, applications, the User’s use environment, and other information, and the Cookies and Advertising Identifier etc. are stored on Company’s servers. The purpose of this information is not the identification of individuals, but enhancement of the Services and optimization of advertising distribution. The purposes and methods of use are set forth below.

  1. Retention of basic settings

    Cookies are used to retain settings such as User customized displays regarding Services in order to provide more convenient service environments to Users.

  2. Login and account authentication

    Services use cookies for automatic account authentication. When an individual’s pixiv account is used to login, the Services can be used without the need to input account information when accessing other pages and when logging in for the second and subsequent times.

  3. Determination of use conditions and investigation of service improvements

    The status of use of Services is determined and analyzed and Google Analytics provided by Google Inc. are used as reference for the provision of services more suitable to individual User interest in needs. Each services' procedures of access information data collection are established by each services' Terms of Use and Privacy Policy.

  4. Implementation of surveys

    Qualaroo, Google forms, and the like are used to implement surveys on Services. Qualaroo uses cookies that do not include Personal Information. Detailed information regarding Qualaroo cookies can be found in Qualaroo privacy policy on the following page.

  5. Display of advertisements

    Cookies and Advertising Identifier etc. are used to analyze User behavior histories on Services in order to optimize the distribution of advertisements by Company. In some cases, Cookies and Advertising Identifier etc. are used for distribution from Company of targeted advertisements that predict areas of high User interest or preference. In addition, there are instances where Cookies and Advertising Identifier etc. are used to distribute Services targeted advertisements from the third-party servers of third-party companies to which Company has outsourced services. In cases where such third-party companies distribute advertisements by using Cookies and Advertising Identifier etc., the information that is automatically acquired is stored on the third-party company servers and is managed in accordance with the privacy policies of those third-party companies.
    The privacy policies of each company and the procedures for disabling targeted advertising can be confirmed on the following pages.

Artiicle 14. Use of reCAPTCHA

To protect the Website from spam and the like submitted through online forms, the Website uses the reCAPTCHA service provided by Google Inc. The service determines whether the submitting person is a human or a robot, and consequently, Google collects data including IP address for this service. In addition, input data is used by Google for this purpose. In the case of Users in the EU or European Economic Area, IP addresses are anonymized in advance. In the United States, IP addresses are anonymized after transmission to Google.

In order to evaluate the use of the Website by Users, Google uses this information in place of Company. IP addresses collected from customer browsers through the use of the reCAPTCHA service are not linked to other data in Google’s possession. Data collection is performed in accordance with Google’s data protection rules.

Details concerning Google’s privacy policy can be found at the following page.

Article 15. Cases where the use of Cookies and Advertising Identifier etc. are not allowed

Users can set whether to allow the use of Cookies and Advertising Identifier etc. In cases where use of Cookies and Advertising Identifier etc. is prohibited, however, it may not be possible to use certain service settings and services that require Cookies and Advertising Identifier etc.

附則

  • 本プライバシーポリシーは、2015年3月23日から施行します。
  • 本プライバシーポリシーの施行前にユーザーが行った行為についても本プライバシーポリシーが適用されます。

Revision:

  • March 30, 2020 Modified overall Terms of Use as Master Terms of Use and related Individual Terms of Use
  • April 18, 2019 Added reCAPTCHA to Article 11 "Use of Cookies etc." to understand usage for reCAPTCHA use , and for service improvement update
  • September 12, 2018 Added company names and links to Display of Advertisements on Article 11 "Use of Cookies etc."
  • May 16, 2018 Added Article 12 regarding the recommended function in Article 2 "Terms of Use" based on General Data Protection Regulation by European Union. Modified to detailed procedures and disabling methods of data use (of login, data use, advertisements etc.) on Article 11 "Use of Cookies etc."

Guidelines on registered trademark

ピクシブ株式会社(以下「当社」とします)は、pixiv(https://www.pixiv.net/)での作品(イラスト・漫画・小説)の発表と、そこから生まれるpixiv独自の「作品を介したコミュニケーション」を大切にしています。

本ガイドラインは、pixiv商標の適切かつ合法的な使用に関するご質問にお答えするため、そして不適切または違法な使用により生じうるお客様の混乱を防ぐために作成されました。

本ガイドラインに記載のない方法でpixiv商標の利用を検討される場合は、お問い合わせフォームまでご相談ください。

pixiv商標の使用に関する基本規則

  1. pixiv(ピクシブ)という名称、ロゴ画像(以下「pixiv商標」と言います)は、ピクシブ株式会社(pixiv Inc.)の登録商標です。
  2. pixiv商標は、明示的に認められた場合を除き、その使用、改変等をすることは禁止します。このことは、pixivplayerや、LookPixivなどの言葉の組み合わせや、Pixappsなど部分的に削除、変形、改造、略記等についても同様です。
  3. pixivのウェブサイト(https://www.pixiv.net/)、または当社が提供する関連するサービスについて、虚偽の、または名誉を毀損するような使用をしないでください。
  4. 本ガイドラインは当社の判断により、予告なく変更される場合がございます。

pixivロゴ・アイコン使用に関して

本ページのガイドラインに則った使用方法に限り、pixivロゴ・アイコンを使用することができます。本ガイドラインに従わない使用は、固く禁じられています。

余白

最小サイズ

背景色に応じたロゴの利用

背景色によってロゴの視認性が損なわれる可能性があります。背景色に応じて、適切なロゴ使用をお願いいたします。明るい背景には、青に近いのカラーロゴを使用し、暗い背景には白のカラーロゴを使用してください。

禁止事項

  1. 白黒印刷などのカラー制限があるような場合を除いて、pixivロゴ・アイコンに変更を加えてはいけません。他の言葉や画像と組み合わせたり、一部分を切り離す、縦横比を比例しない値に変更する等の加工は禁止します。以下禁止例:

  2. 当社が支援または推奨しているかのような印象を与えるなど、事実とは異なる関係性を想起させるような形での使用は禁止します。
  3. 何らかの法律、規則に違反しているサイトやサービスへの使用は禁止します。
  4. 他の商品名、サービス名、商標、ロゴ、または会社名の一部として使用することは禁止します。
  5. 許可なく当社および当社が提供するサービスのデザインを使用しないでください。
  6. pixivロゴ・アイコンを使って独自のボタンやマーク、ロゴ、アイコンを作成する事は禁止します。

使用方法について疑問点や判断に迷う点がある場合は、お問い合わせフォームまでご相談ください。

ご自身のアカウント(pixiv ID)を告知する場合

「pixiv」または「ピクシブ」の表記を含めた形でご利用ください。

pixivロゴ・アイコンをご使用いただく事も可能です。

出版物、イベント、各種WEBサービス等でpixivについて紹介する場合

  1. サービス名「pixiv」/会社名「ピクシブ」と正しい表記、表現をお願いします。
    ※「pixiv」は全て小文字で表記。
  2. 当社や当社サービスについて不正確な内容の発言を行うことは禁止します。
  3. 当社や当社サービスと何らかの関係や提携関係がある、または支援または推奨しているかのような印象を与えるなど、事実とは異なる関係性を想起させるような形での使用は禁止します。
  4. 当社から発行/配信されていると誤解されるような表現は禁止します。
  5. 作品投稿者本人の承諾なしに作品を印刷/転載することは禁止します。

商品及び役務提供へのpixiv表記記載について

基本的に商品及び役務提供へのpixiv商標の表記は認めていません。

pixiv商標の使用をご希望の場合は、お問い合わせフォームまで詳細な提案書と共にご連絡ください。

利用可能な例:

  1. pixiv商標を「pixiv」サービスへのリンクとして使用することは可能です。
  2. pixiv商標、その他イメージを使って、あなたのサービスが「pixiv」と互換性があることを示すために使用すること(「pixiv」と表現する場合、pixiv を直接的に言及するようにすること (例えば「pixiv上の作品」など)。

アプリケーション、各種サービス等への使用について

pixivの利用をより便利にするアプリケーションやサービスについて、開発を行われる方は以下の内容をお守りください。

  1. 使用に関しては各自が責任を負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
  2. pixivを利用して投稿された画像等の情報の著作権その他一切の権利は、当該画像等を創作したユーザーに帰属します。
  3. pixivおよび、関連サービスは、予告なしにその機能や掲載内容の改訂、変更、提供停止を行う場合がございます。
  4. クローラーなどのプログラムを使って作品を収集する行為、サーバに極端な負荷をかける行為は禁止します。また、それらに違反しない場合でも、当社はその停止を要求する場合がございます。
  5. 『pixiv プラットフォームを利用して開発したアプリケーションである』という主旨の説明を表記した場合の利用は通常問題ありません。『pixivが作成、配布しているアプリケーションではない』という旨を併記してください。また、当社サービスと混同を招きかねない名称は避けてください。

改訂

  • 2017年2月14日 アイコンを追加
  • 2018年3月12日 禁止事項の1.禁止例、余白、最小サイズ、背景色に応じたロゴの利用を追加

pixiv Point agreement

第1条 規約の適用範囲

「pixivポイント 利用規約」(以下「pixivポイント規約」といいます)は、当社が提供するpixivポイントを用いたポイントシステムサービス(以下「pixivポイントサービス」といいます)の提供に関して適用されます。また、pixivポイント規約は、当社が提供するサービスすべてに適用されるピクシブ株式会社 サービス共通利用規約(以下「共通規約」といいます)の個別規約であり、pixivポイント規約において定めのない事項については、pixivポイント 利用規約で適用を除外することを定めている場合をのぞいて「共通規約」の他、pixivポイントサービス上で当社が規定するガイドライン等の諸規定(以下「諸規定」といいます。)が適用されます。

pixivポイントは、ユーザーのみ利用できます。なお、当社がメールアドレスおよびパスワードの登録をせずに発行するアカウントのユーザーはポイントを取得または利用することができません。

第2条 同意

pixivポイントサービスは、ユーザーがpixivポイント規約の内容について同意した場合に提供されるものとします。ユーザーがpixivポイント規約に同意しない場合には、「pixivポイント」のサービスが提供されることはありません。

第3条 サービスの内容

pixivポイントサービスは、pixivポイントの取得やpixivポイントの残高変更の履歴などを管理する機能を提供するものであり、pixivポイントが使用できるサービスの提供は含まれません。ユーザーが「pixivポイント」を使用することができるのは、当社が提供する一部のサービス(以下「pixivポイント使用可能サービス」といいます)に限られ、「pixivポイント使用可能サービス」の利用に関しては、それぞれの利用規約が適用されるものとします。

第4条 pixivポイントに関する情報

ユーザーがpixivポイント規約の内容に同意して、一度pixivポイントサービスが提供開始されると、当該ユーザーがログインしているアカウント情報に付随する情報として、当該ユーザーのpixivポイントに関する情報が作成されることになります。作成されたpixivポイントに関する情報は、当該ユーザーのアカウント情報を構成する情報の一部として取り扱われるものとします。

第5条 pixivポイントの使用

ユーザーがpixivポイントを使用する場合には、pixivポイント使用可能サービスの画面上の表示に従いpixivポイントを使用するものとします。

第6条 pixivポイントの取得

ユーザーは、購入、その他ピクシブ株式会社が指定する行為により、別に定めるpixivポイント数を取得することができます。また、pixivポイントの購入ないし取得をキャンセルすることはできません。

第7条 pixivポイントの有効期限

  1. 有償のpixivポイントの有効期限は、取得した日から6ヶ月未満か、もしくは付与前に別途当社が定めた日数で設定されます。無償のpixivポイントの有効期限は、取得した日から6ヶ月未満か、もしくは付与前に別途当社が定めた日数で設定されます。
  2. 前項の規定にかかわらず、当社は、当社の判断により、変更適用開始日を定めてpixivポイントの有効期限を変更することができます。この場合、当該変更適用開始日以降に発行されるpixivポイントには当該変更後の有効期限が適用されます

第8条 pixivポイントの取消・失効

  1. 当社は、pixivポイントを保有するユーザーが、次の各号で定める以下各号のいずれかに該当すると判断した場合、事前の予告なく、ユーザーの保有するポイントの一部または全部を取消すことができます。
    1. ユーザーがアカウントの削除等によりユーザーの資格を喪失した場合
    2. pixivポイントの付与対象となる行動またはpixivポイントの交換に際し、違法行為(違法行為と見られる場合も含みます)に当てはまるようなpixivポイントの付与対象となる行動を行わずにpixivポイントを不正に取得したような、不正行為を行った場合
    3. その他当社がpixivポイントの取消を妥当と判断した場合
  2. 第7条で定めた有効期限が過ぎたpixivポイントは、予告なく失効いたします。

第9条 pixivポイントの使用アカウント

ユーザーのpixivポイントに関する情報は、当該ユーザーがpixivポイント規約に同意した際にログインしていたアカウントでのみ使用することができ、pixivポイントに関する情報をその他のアカウントに移転・継承することはできません。いかなる理由でもアカウント情報が削除となった場合には、当該削除されたアカウント情報に付随するpixivポイントは失効し、情報も削除されるものとします。

第10条 pixivポイントの管理

pixivポイントの管理は、アカウントの管理とともにユーザー本人の責任において行われるものとし、pixivポイント使用可能サービスにおけるpixivポイントの使用については、法の定める場合を除きいかなる理由でも使用後のキャンセルやpixivポイントの再発行等の措置を取ることはできません。

一度購入されたpixivポイントは、理由の如何にかかわらず払い戻しを行わないものとし、ユーザー以外の第三者により不正使用され、そのためにユーザーのpixivポイントが消失した場合であっても、pixivポイントの再発行はできません。

第11条 pixivポイントの使用範囲

ユーザーは、pixivポイント使用可能サービスで使用する目的以外に、pixivポイントを使用することはできません。直接的または間接的であるかを問わず、pixivポイントを換金する行為や第三者に譲渡することはできません。その他、pixivポイントを当社の許諾を得ない目的で、ユーザー自身または第三者のために使用することはできません。

第12条 免責

「pixivポイントサービス」のアカウント情報は、pixivポイントサービスを含む複数のサービスのアカウントとして利用される場合があります。当該アカウント情報に付随する措置としてpixivポイントに関する情報が削除される場合やpixivポイントのサービスが提供されない場合が生じる可能性があります。ユーザーはこれらについて了承し、pixivポイント使用可能なサービスについて何らかの影響が生じた場合にも、これらについて当社に対していかなる主張、訴訟、損害賠償の提起、その他の法的措置を行わないものとします。

附則

  • 本個別規約は、2018年7月12日から施行します。
  • 本個別規約の施行前にユーザーが行った行為についても本個別規約が適用されます。

改訂

  • 2020年3月30日 ピクシブ゙株式会社 サービス共通利用規約に紐づく個別規約として規約全体を改定しました。
  • 2018年7月12日

Notation on specified commercial transaction

前払式支払手段の名称

pixivポイント

商号

ピクシブ株式会社

住所

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル6F

前払式支払手段の支払可能金額等

上限はありません。

有効期間

アプリで獲得したポイントには有効期間はありません。

※ただし、ウェブ上で獲得したポイントは取得日から6ヶ月未満、無償のpixivポイントはキャンペーンごとに有効期間が異なります。

連絡先

お問い合わせフォームをご利用ください。

前払式支払手段の利用場所

ピクシブ株式会社が提供するサービスにて利用できます。

ただし、pixivポイントの入手方法に応じて利用できる範囲が制限されることがあります。

(iOS/Androidアプリで購入したpixivポイントは、購入したアプリ内でのみ利用できます。)

前払式支払手段利用上の注意

資金決済法に基づき、原則として払戻しは行えません。

ただし、pixivポイントの提供を終了する場合は、資金決済法に基づき払い戻しを行う場合があります。

(振込先は日本国内の金融機関の口座に限らせていただきます。)

残高確認方法

pixivポイント確認ページよりご確認ください。

利用規約等

pixivの利用規約をご覧ください。

Notation on specified commercial transaction

事業者

ピクシブ株式会社

代表者

國枝信吾

住所

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷 4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル6F

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

メールアドレス:
support@pixiv.net

電話番号:03-6804-5348

価格

各ページに記載

支払い時期

前払い

支払い方法

  • クレジットカード決済
  • WebMoney
  • BitCash
  • コンビニ決済
  • Alipay決済
  • ドコモケータイ払い
  • auかんたん支払い
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • GooglePlay決済
  • iTunes Store決済
  • PayPal支払い
  • pixivポイント支払い

解約条件

契約期間内であれば、いつでも解約することができます。

クレジットカード、ソフトバンクまとめて支払い、GooglePlay決済、iTunes Store決済は、お申込み日の翌月同日1日前までに、お申込み日が月末の場合は翌月末の前日までに解約いただくと翌月からのサービス提供並びに請求は行いません。
(例:11月17日に申込みの場合12月16日まで、申込日と同日が翌月にない月の8月31日に申し込んだ場合9月29日まで)

docomo、auのキャリア決済は、月末までに解約いただくと翌月からのサービス提供並びに請求は行いません。

クレジットカード決済やキャリア決済は、こちらからご解約手続きを承っています。

GooglePlay等のアプリ内課金については、各ストア所定の方法でご解約手続きを行ってください。
途中解約による返金は承っておりません。

Individual Terms of Use

pixivFANBOX

Article 1. Introduction

  1. These Individual Terms of Use apply to all conduct in cases where User uses the “pixivFANBOX” service (“Individual Service”) provided by the Company.
  2. These Individual Terms of Use set forth conditions for use of the Individual Service. User agrees to, and shall use the Individual Serve in accordance with, these Individual Terms of Use.
  3. These Individual Terms of Use are the individual terms of pixiv service Master Terms of Use ("Master Terms of Use"), which are applied for all services throughout pixiv Inc.'s services, and cases unspecified in these Individual Terms of Use, unless specified to exclude in the Individual Terms of Use, shall follow Master Terms of Use and other relating guidelines ("Terms etc.") set by the Company.
  4. By using the Individual Service, User shall be deemed to have agreed to the entire content of these Individual Terms of Use.
  5. Unless User agrees to these Individual Terms of Use, User may not use the Individual Services.

Article 2. Definitions

The terms used in these Individual Terms of Use shall have the meanings set forth in the following items. Unless otherwise provided, terms used in these Individual Terms of Use other than those defined below shall have the meanings specified in the pixiv Master Terms of Use.

  1. “Site” means the website known as “pixivFANBOX” (https://www.pixiv.net/fanbox) and operated by the Company.
  2. “Individual Service” means all services provided on the Site.
  3. “User” means a user who registered an account with the Company and uses the Site.
  4. “Creator” means a User who completed creator registration for the Individual Service in accordance with the prescribed procedures.
  5. “Supporter” means a User who supports Creators through the Individual Service in accordance with the prescribed procedures.
  6. “Posted Data” means profiles created, edited, and posted on the Site by User, comments transmitted using the comment function, and all other data posted or transmitted by User using certain functions on the Site (excluding Posted Content).
  7. “Content” means text, voice data, music, images, videos and other information.
  8. “Posted Content” means Content posted by a Creator on the Site or a related site.

Article 3. Scope of Application of these Terms of Use

  1. The conditions for use of the Individual Service are set forth in these Individual Terms of Use or other terms of use and the like on the Site. Such other terms of use and the like constitute a part of these Individual Terms of Use, regardless of designation.
  2. In the case of a discrepancy between these Individual Terms of Use and other terms of use and the like, such other terms of use and the like shall apply preferentially.
  3. Any matters not specified in these Individual Terms of Use or other terms of use and the like shall be governed by the pixiv Master Terms of Use.

Article 4. Creator Registration

  1. Any persons who wish to use the Individual Service as Creators agree to the content of these Individual Terms of Use and apply for registration by the method prescribed by the Company.
  2. A person who applied for registration (“Registration Applicant”) shall become a Creator when the Company approves the registration application.
  3. In the case where a Registration Applicant falls under any of the following, the Company may, at its discretion, reject the Registration Applicant’s registration application without disclosing the reason.
    1. In cases where the Registration Applicant applied for registration not using the method prescribed by the Company;
    2. In cases where the Registration Applicant was the subject of compulsory withdrawal in the past on the grounds of violation of the pixiv Master Terms of Use, these Individual Terms of Use, other terms of use and the like, or the terms of use and the like of other services operated by the Company;
    3. In cases where it is determined that the registration information provided to the Company is false in whole or in part; or
    4. In other cases where the Company determines that the application is inappropriate.

Article 5. Cancellation of Creator Registration

  1. In the case where a Creator wishes to cancel his or her registration, the User shall submit notice of cancellation of the Creator registration to the Company by the method prescribed by the Company.
  2. In the case where a Creator engages in the conduct set forth in any of the following items, the Company may, at its discretion, cancel the Creator registration, compel the Creator to withdraw also as a User, and refuse use of the Individual Service and related services.
    1. In cases where it is determined that the registration application was not performed using the method prescribed by the Company;
    2. In cases where the Creator violates the pixiv Master Terms of Use, these Individual Terms of Use, or other terms of use and the like; or
    3. In cases where the Company determines that registration is inappropriate.

Article 6. Creation of Support Plans

  1. Creators may create support plans using the method prescribed by the Company.
  2. When a Creator creates a support plan, the Creator shall do so to the extent and by the method prescribed by the Company, and the following matters shall be specified.
    1. Creation of multiple support plans and setting monthly fees for each support plan;
    2. Details of the Supporter-exclusive Posted Content to be provided to Supporters according to a support plan; and
    3. Details of other privileges that Supporters can enjoy (“Privileges”).

Article 7. Posting

  1. After setting the scope of disclosure using the method prescribed by the Company, Creators can publish posts on a Creator page at their discretion.
  2. Creators may not publish posts that fall under any of the following. If the Company determines that a post falls under any one of the following, the Company is entitled to request that the registered Creator revise the post or make the post private in whole or in part, and depending on the circumstances, the Company may cancel the Creator registration of the relevant Creator.
    1. Obscene or excessively deviant sexual expression;
    2. Violent or cruel expression that causes strong feelings of disgust or discomfort;
    3. Expression that glorifies or promotes extreme ideas or anti-social behavior;
    4. Expression that glorifies or promotes discrimination on the basis of race, belief, occupation, sex, religion, and so on;
    5. Expression that glorifies or promotes cult-like religious behavior or extreme political behavior;
    6. In the case where a third party makes a claim of infringement of rights or other assertion, and following investigation by the Company, a determination is made that the third party’s claim is not baseless;
    7. A post regarding which a public agency or an expert (a national or regional public body, a credibility confirmation organization specified in the Act on the Limitation of Liability for Damages of Specified Telecommunications Service Providers and the Right to Demand Disclosure of Identification Information of the Senders, Internet hotline, attorney, etc.) indicates or expresses an opinion that the content is unlawful, contrary to public morals, or infringes on the rights of another person;
    8. Expression that infringes on the rights of a third person or falls under Article 18 (Prohibitions) and is determined to be inappropriate for provision on the Individual Service even when taking into consideration the freedom of expression; or
    9. Further to the above, expression that violates the pixiv Master Terms of Use, these Individual Terms of Use, or other guidelines.

Article 8. Monitoring of the Site by the Company

The Company and third parties entrusted by the Company are entitled to monitor all areas of the Site for the purpose of investigating whether Posted Content has been posted to or transmitted on the Site in violation of these Individual Terms of Use, whether Supporter-exclusive Posted Content or Privileges are provided in violation of these Individual Terms of Use, and whether registered Creators are in compliance with laws and regulations.

Article 9. Support by Supporters

  1. Users may support Creators under a particular plan by the method prescribed by the Company.
  2. In the case where User applies for a particular support plan, a two-party agreement (“Support Agreement”) shall be formed with the Creator who created the relevant plan. The principal content of such agreement shall be the provision of access to Supporter-exclusive Posted Content and Privileges by the Creator to the relevant User and the payment of support monies by the User as consideration for such provision.
  3. Users may access Supporter-exclusive Posted Content published by the Creator and receive Privileges as long as the User is a Supporter.
  4. User confirms and agrees that the Company shall not bear any liability whatsoever regarding the particulars of Supporter-exclusive Posted Content and Privileges.

Article 10. Performance of Duties under Support Agreements, Availability of a Cooling-Off Period, etc.

  1. Supporters may not demand refund of support monies that were previously paid. Support amounts are not subject to a cooling-off period, and therefore, refunds under a cooling-off period cannot be made.
  2. Supporters cannot cancel or obtain a refund of support monies previously paid on grounds relating to the particulars of the Supporter-exclusive Posted Content or Privileges, but in the case where Supporter-exclusive Posted Content or Privileges are not provided in accordance with the relevant plan and in cases where such Supporter-exclusive Posted Content or Privileges contain defects as to form (incorrect file format, inability to download, etc.), Supporters may contact the Company using the Contact Form on the Site.
  3. Creator shall comply with the Act for the Prevention of Unreasonable Premiums and Misrepresentation concerning Products and Services, the Specified Commercial Transactions Act, and other relevant laws and regulations and shall properly perform labeling on the Site required under the Specified Commercial Transactions Act.

Article 11. Term, Renewal, and Cancellation of Support Agreements

  1. The term of Support Agreements shall be from the day of provision of support by User to the relevant Creator until the last day of the month in which that day occurs. In subsequent months, Support Agreements shall automatically be renewed on a monthly basis from the first day to the last day of each month.
  2. In the case where a Creator or Supporter wishes to cancel automatic renewal of a Support Agreement, such person shall cancel automatic renewal using the procedures prescribed by the Company by the following month.
  3. Even in the case where automatic renewal of a Support Agreement is canceled, Supporters may not demand daily pro rata refund of support monies paid pursuant to the Support Agreement for the month in which the day of cancellation of automatic renewal falls.
  4. In the case where a registered User makes late payment of support monies (including cases where payment procedures are not performed as a result of a credit card error or the like), the relevant User shall automatically be deemed to have canceled automatic renewal.

Article 12. Cancellation of Particular Support Plans

  1. Notwithstanding the preceding article, a Creator may delete the particular support plans by using the procedures prescribed by the Company and cancel the Support Agreements of Supporters for such support plans.
  2. When a Creator cancels a plan, no duties for the Creator to provide new Supporter-exclusive Posted Content and Privileges shall arise and no duties for Supporters to pay support monies shall arise with regard to the relevant plan as of the month (from the first day to the last day) following the day of cancellation of the plan.

Article 13. Termination of Support Agreements with Supporters for Other Reasons

  1. Notwithstanding the preceding two articles, in the case where the Company cancels the Creator registration of a particular Creator, all Support Agreements between the relevant registered Creator and Supporters shall terminate.
  2. In the case of the preceding paragraph, support monies shall not be calculated on a daily pro rata basis, and Supporters may not demand refund of the support monies for the current month.
  3. Even in the case where a Support Agreement terminates pursuant to this article, the Company shall be released from liability to the extent of measures pursuant to these Individual Terms of Use, and in such case, User may not make any demands whatsoever for compensatory damages to the Company.
  4. In the case where the Company cancels the Creator registration of a particular Creator, the Company may delete the Creator pages and posts of the relevant Creator.

Article 14. Payment

  1. Supporters shall pay support monies (including amounts equivalent to consumption taxes) for the month in which the day that support commenced occurs and thereafter shall pay each month’s support monies at the beginning of each month by the method specified by the Company.
  2. Even in the case where a Support Agreement is canceled or terminated for any other reason during a month, no daily pro rata calculation of support monies shall be performed.
  3. In cases where a credit card is used, support monies shall comply with the contract terms and conditions or terms of use of the relevant credit card company. A credit card held in the name of the Supporter must be used.
  4. The Company shall have the authority to collect support monies paid by Supporters to Creators and to outsource such collection services to third parties specified by the Company. The duty to pay support monies of Supporters shall extinguish upon receipt of support monies from a Supporter by the Company or the third party specified by the Company.

Article 15. Direct Deposit Request

  1. Registered Creators may request payment of support monies by requesting direct deposit of support monies (“Direct Deposit Request”) by the method prescribed by the Company.
  2. The amounts for which a Direct Deposit Request may be made shall be from 201 yen to 1 million yen.
  3. In such case of Direct Deposit Request, the Company shall pay the remaining balance of support monies actually received by the Company or the third party specified by the Company pursuant to the preceding article by the time that the Direct Deposit Request is made minus the assorted fees specified below (“Direct Deposit Amount”) by remittance to the bank account or PayPal account specified in advance by the Creator.
  4. The Company shall have the authority to collect support monies paid by Supporters to Creators and to outsource such collection services to third parties specified by the Company. The duty to pay support monies of Supporters shall extinguish upon receipt of support monies from a Supporter by the Company or the third party specified by the Company.
    1. Platform fees: An amount corresponding to 5% of the support monies (including amounts equivalent to consumption taxes; rounded to the nearest whole number)
    2. Payment fees: An amount corresponding to 5% of the support monies (including amounts equivalent to consumption taxes; rounded to the nearest whole number)
    3. Remittance fees: 200 yen in the case where the total amount received is less than 30,000 yen, and 300 yen in the case where the total amount received is 30,000 yen or more
  5. The Company may deduct the fees specified in the preceding paragraph from support monies to be paid to the Creator in lieu of receipt of those fees.
  6. No interest shall accrue during the period from when the Company or the third party specified by the Company receives support monies until the Company makes payment to the Creator.
  7. In the case where the Company has any claims against a Creator, the Company may set off the claims that the Creator has against the Company as specified in Paragraph 1.
  8. In the case where a Creator does not request payment within 365 days from the time that the Creator can request payment of support monies with a remittance amount of at least 201 yen pursuant to this article, the Company shall make payment to the bank account designated by the Creator in advance.

Article 16. Insufficient or Incorrect Direct Deposit Account Information

  1. In the case where a Creator makes a Direct Deposit Request but the Company is unable to make the direct deposit because of insufficient or incorrect direct deposit bank account information provided by the Creator, the Company may handle the relevant payment request as void. In this case, the Company shall notify the registered Creator regarding the insufficient or incorrect direct deposit account information and encourage the Creator to reapply for payment.
  2. In the case where a Creator makes a Direct Deposit Request but the Company makes a remittance to a third party due to insufficient or incorrect direct deposit bank account information, the Company may deem that the payment was made to the relevant Creator and shall be released from liability regarding claims from the Creator.

Article 17. Reaction to Problems

  1. Except in cases specified in these Individual Terms of Use, the Company shall not bear any responsibility or any duties relating to problems that occur between Users or between a User and a third party in relation to the Individual Service.
    However, in the case where the Company determines that it is necessary for operation of the Individual Service, the Company may serve as a liaison to convey the particulars of the other party’s claim to User or a third party. In this case, User shall respond in good faith in accordance with the Company’s instruction; provided, however, that the Company shall not be obligated to perform any such liaison services.
  2. In the case where the Company receives a claim from a third party (for the purpose of this paragraph, including User) of infringement of copyrights or other rights in relation to Posted Content, the Company shall notify the User who posted the relevant Content and may make the relevant Posted Content private on the basis of its own determination.

Article 18. Prohibitions

When using the Individual Service, User may not engage in any conduct prohibited by or in violation of the pixiv Master Terms of Use, these Individual Terms of Use, or other terms of use or guidelines. In the case where User engages in prohibited conduct or commits a violation, User may be subject to compulsory withdrawal, suspension of use, deletion of posted work data in whole or in part, modification of the scope of disclosure, or other disadvantageous measures; provided, however, that the Company shall not bear a duty to take these measures and shall not bear a duty to disclose the reasons for measures it has taken.

Supplementary provision:

  • These terms and conditions will be enforced from April 28, 2018.
  • These individual terms also apply to any actions you have taken prior to the enforcement of these individual terms.

Revision:

  • March 30, 2020 pixiv Co., Ltd. The entire agreement has been revised as an individual agreement tied to the service common use agreement.
  • April 28, 2018

pixivコミック

第1条 はじめに

  1. 本個別規約は、当社が提供するサービス「pixivコミック」(以下「本個別サービス」といいます。)を、ユーザーが利用する場合の一切の行為に適用されます。
  2. 本個別規約は、本個別サービスの利用条件を定めるものです。ユーザーは、本個別規約に同意の上、本個別規約に従い本個別サービスを利用するものとします。
  3. ユーザーは、本個別サービスを利用することにより、本個別規約のすべての記載内容について同意したものとみなします。
  4. ユーザーは、本個別規約に同意しない限り、本個別サービスを利用できません。
  5. 本個別規約は、当社が提供するサービスすべてに適用されるピクシブ株式会社 サービス共通利用規約(以下「共通規約」といいます)の個別規約であり、本個別規約において定めのない事項については、本個別規約で適用を除外することを定めている場合をのぞいて「共通規約」の他、本個別サービス上で当社が規定するガイドライン等の諸規定(以下「諸規定」といいます。)が適用されます。

第2条 サービスの提供

当社は、ユーザーに対し、本個別規約および本個別サービス内に掲載される利用条件に従って本個別サービスを利用する権利を非独占的に許諾します。本個別サービスの画面上で「購入」、「販売」などと表示される場合であっても、コンテンツに関する知的財産権または所有権はユーザーに移転せず、ユーザーには、上記の利用権のみが付与されます。

第3条 コンテンツ

  1. 「コンテンツ」とは、投稿作品を含む、本個別サービスにおいて購読・閲覧できるマンガ作品、およびその電子書籍ファイルをいいます。また、本個別規約において「購読」とは有償で提供されるコンテンツの閲覧権をコイン(次条にて定義)で購入することとします。
  2. コンテンツは、アプリまたはブラウザ版を使用し、ビューアを通じて閲覧することができます。ユーザーは、本コンテンツについて定められた利用料、利用期間、決済方法等の利用条件に従うものとします。
  3. 有料で購読される本コンテンツは、購読したアカウント等においてのみ利用できます。ユーザーは、本コンテンツの利用権を第三者に譲渡したり相続させたりすることはできません。
  4. 一部のコンテンツは、閲覧できる期間に制限が設けられている場合があります。この場合、当社は当該期間内でも予告なく当該コンテンツの提供を終了または制限することがあります。また、閲覧できる期間が終了することをユーザーに通知する義務を当社は負いません。
  5. 一部のコンテンツは、ブラウザのみで購読・閲覧でき、アプリ版では購読・閲覧できない場合がありますのでご注意ください。また、アプリのみで購読・閲覧でき、ブラウザ版では購読・閲覧できない場合もあります。
  6. ユーザーは、コンテンツを、本個別サービスが予定している利用態様を超えて利用(複製、送信、転載、改変などの行為を含みます。)してはなりません。
  7. 一部のコンテンツは、利用地域またはアカウントの利用状況により購読・閲覧できない場合がありますのでご注意ください。

第4条 コイン

  1. 「コイン」とは、本コンテンツのうち有料のコンテンツを購読するために使用する本個別サービス専用の前払式支払手段をいいます。
  2. コインは、本個別サービスでの購入、キャンペーンその他、当社が指定する方法によりユーザーに付与されます。コインの購入単位、決済方法、利用期間、その他の付与条件は、当社が定め本個別サービスに表示します。
  3. コインは、当社が指定する有料のコンテンツを購読する権利以外の権利や現金、財物その他の経済上の利益と交換することはできません。本コンテンツとの交換に必要なコイン数、その他コインの利用条件は、当社が定め本個別サービスに表示します。なお、本コンテンツの購読のためにコインを使用した場合、これをキャンセルすることはできません。
  4. コインは、理由を問わず、一切払い戻しを行いません。ただし、当社が本個別サービスを廃止する場合その他法令上必要な場合は、この限りではありません。この場合、コインの払い戻し方法は、法令に従って当社が定め、本個別サービスに掲載します。
  5. コインは、コインを購入する際に使用したアカウント等でのみ利用できます。他のアカウント等に譲渡または移転させることはできません。
  6. コインは、同一のアカウントで認証した端末に承継することができます。ただし、オペレーティングシステムの異なる端末で提供されるコインは、同一名称であっても種類が異なりますので、承継や合算はできません。
  7. ユーザーのアカウントが削除された場合、コインは使用することができなくなります。この場合においては、当社は、共通規約又は本規約に特段の定めの無い限り、責任を負いません。

附則

  • 本個別規約は、2017年10月25日から施行します。
  • 本個別規約の施行前にユーザーが行った行為についても本個別規約が適用されます。

改訂

  • 2020年3月30日 ピクシブ株式会社 サービス共通利用規約に紐づく個別規約として、規約全体を改定しました。
  • 2017年10月25日

BOOTH

第1条 はじめに

  1. 本個別規約は、当社が提供するサービス「BOOTH」(以下「本個別サービス」といいます。)を、ユーザーが利用する場合の一切の行為に適用されます。
  2. 本個別規約は、本個別サービスの利用条件を定めるものです。ユーザーは、本個別規約に同意の上、本個別規約に従い本個別サービスを利用するものとします。
  3. ユーザーは、本個別サービスを利用することにより、本個別規約のすべての記載内容について同意したものとみなします。
  4. ユーザーは、本個別規約に同意しない限り、本個別サービスを利用できません。
  5. 本個別規約は、当社が提供するサービスすべてに適用されるピクシブ株式会社 サービス共通規約(以下「共通規約」といいます)の個別規約であり、本個別規約において定めのない事項については、本個別規約で適用を除外することを定めている場合をのぞいて「共通規約」の他、本個別サービス上で当社が規定するガイドライン等の諸規定(以下「諸規定」といいます。)が適用されます。

第2条 定義

本個別規約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。本個別規約にて特に定めがない場合は、共通規約における定義と同義とします。

  1. 「ショップ」とは、本個別サービスを利用するにあたって、ユーザーが、自身のメールアドレス・パスワードを以て開設するページをいいます。
  2. 「ショップオーナー」とは、本個別サービスにおいて、所定の手続きによりショップを開設したユーザーをいいます。
  3. 「登録メールアドレス」とは、本個別サービスの提供を受ける目的で、ユーザーが当社に提供したメールアドレスの情報をいいます。
  4. 「パスワード」とは、本個別サービスを利用するにあたって、登録メールアドレスと照合して本人を識別するための文字列をいいます。
  5. 「商品」とは、ショップオーナーがショップにおいて出品・販売する対象をいいます。なお、共通規約中の「投稿情報」は、商品に関する情報も含むものとします。

第3条 アカウント作成等

ユーザーのアカウント作成、削除手続は共通規約の定めに基づくものとします。ただし、ユーザーがアカウント削除手続を行った時点で、本個別サービスを利用した売買に向けた手続きが途上である場合、まだ未払いの受取金額が存在する場合はアカウントを削除することができません。そのため、アカウントを取得しているユーザーは、一連の売買に向けた手続きを本個別規約に従って成立・不成立を確定させた後、退会手続きを行うことができます。

第4条 本個別サービスの利用とユーザーの責任

  1. 本個別サービスを利用してユーザーが登録した商品に関する責任は、すべてユーザーに帰属します。当社はユーザーが登録した商品について、一切責任を負いません。
  2. ユーザーは、商品データが登録禁止情報に該当する、もしくは商品データに瑕疵がある等の旨を当社または他のユーザーから申告され、または当社から指摘された場合には、自己の責任と負担において、商品の回収、交換、修補等適切な処置を講じるものとします。
  3. ユーザーは、商品に関する情報に変更が生じた場合には、速やかに所定の方法により、登録情報の変更を行うものとします。ユーザーが登録情報の変更を怠ったことによりユーザーが不利益を被った場合、当社は一切その責任を負わないものとします。
  4. ユーザーは、本個別サービスと関連して、また本個別サービスの機能を利用して、本個別サービス内に掲載されている商品の内容と、直接関係のない商品のやり取りを行うことはできません。
  5. ユーザーは、自己が開設したショップにおける一切のデータを自己の責任において管理・保存するものとします。
  6. 本個別サービスにアップロードされたデータは、ユーザー自身が適宜バックアップを取るなどの手法で保存するものとし、当社はデータの保存等について一切保証しないものとします。

第5条 ショップオーナーの義務および責任

  1. ショップオーナーは、本個別規約を理解し、その履行に努めこれを厳守するものとします。
  2. ショップオーナーは、本個別サービスを利用し自身のショップを運営するにあたって、事業者を特定する情報を登録しなければなりません。
  3. ショップオーナーは、本個別サービスを利用して自身のショップを運営する際、特定商取引法、割賦販売法、不当景品および不当表示防止法、薬事法、その他関係法令を遵守するものとします。
  4. ショップオーナーは、当社に対し、当該商品等の情報が第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとします。万一、ショップオーナーが登録した商品等が第三者の権利を侵害するなど第三者との間で何らかの紛争が発生した場合には、当該ショップオーナーの費用と責任において問題を解決するとともに、当社に何らの損害を与えないものとします。
  5. ショップオーナーは、ユーザーから受注情報を受け取った場合は、遅滞なくその処理に着手しなければなりません。
  6. ショップオーナーは、受注した商品に変更または不良等の、販売するにあたり重大な瑕疵が明らかになったときは、注文したユーザーに対し速やかにその事実を通知しなければなりません。
  7. ショップオーナーは、販売する商品またはサービスの品質の維持に義務を負い、その品質が損なわれる可能性があるときは速やかに登録商品の削除を行わなければなりません。
  8. ショップオーナーがユーザーに販売した商品の瑕疵等の理由により、売買についてキャンセル等に至り、ショップオーナーに対し売買代金の返金請求が発生した場合、ショップオーナーは速やかにその返金請求に応じ、ユーザーに対し返金の義務を負うものとします。
  9. ショップオーナーは、サービスの品質維持およびイメージの維持に尽力し、これを妨げる行為を行ってはいけません。
  10. ショップオーナーは、ショップオーナーの運営するショップ内において、商品またはサービスをユーザーに対して販売または提供する場合、ショップオーナーの責任において商品またはサービスを販売および提供し料金を回収するとともに、ショップオーナーのコンテンツの内容全体について責任を負うものとします。
  11. ショップオーナーの運営するショップにて、ショップオーナーの不注意によって発生した事故および損害は、ショップオーナーがすべての責任を負い、当社は一切の責任を負わないものとします。
  12. ショップオーナーは、ショップオーナーが個人情報の保護に関する法律上の個人情報取扱事業者に該当するか否かを問わず、同法に定める個人情報取扱事業者としての義務等を遵守しなければなりません。
  13. ショップオーナーが本個別サービスの利用によって他の本個別サービスユーザーや第三者に対して損害を与えた場合、ショップオーナーは自己の責任と費用をもって解決し、当社に損害を与えることのないものとします。
  14. ショップオーナーが本個別規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって当社に損害を与えた場合、当社はショップオーナーに対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。
  15. ショップオーナーが本個別サービスを利用して、音楽・動画・画像などのデジタルコンテンツ(以下「ダウンロード商品」といいます。)を販売する場合、自己の費用と責任において、違法コピーや流出を防ぐための暗号化等の技術を施す等ダウンロード商品にかかる知的財産権を保護する措置をとるものとし、当社はショップオーナーの販売するダウンロード商品の流通・利用に関して、一切の責任を負わないものとします。
  16. ショップオーナーは、ユーザーに対し、自己の費用と責任において、ダウンロード商品のダウンロード方法等について適切な説明およびサポートを行うものとします。
  17. ショップオーナーは、ユーザーに対して提供した商品またはサービスの品質不良、暇疵、運送中の破損、数量不足、品違いその他販売した商品またはサービスに関し、ユーザーからクレームを受けた場合、またはユーザーとの紛争が生じた場合は、当該クレームについては遅滞なくこれを解決するものとします。当該クレーム、紛争の内容により、当社から商品またはサービスの変更、販売方法、運送方法等について改善の申し入れを受けたときは、それらの改善を速やかに行わなければなりません。
  18. ショップオーナーは、前項のクレーム、紛争に際してユーザーから商品またはサービスの返品の申し出があった場合には、速やかにこれに応じて適切な処置を講ずるものとします。

第6条 登録禁止商品

ユーザーは、本個別サービスの利用にあたり、共通規約第14条各号で登録を禁止される商品を登録してはならないものとします。

第7条 禁止行為

  1. ユーザーは、本個別サービスの利用にあたり、共通規約第14条各号に定める事項に加えて、以下の各号に該当する事項を行ってはならないものとします。ユーザーが以下に該当する行為を行った場合、その故意・過失の有無を問わず、当社は、禁止行為を行ったユーザーに対し、強制退会、利用停止、ショップに関するデータの全部もしくは一部の削除、または公開範囲の変更等の不利益な措置をとることがあります。
    1. 当社もしくは第三者の商標、ドメイン等と同一ないし類似のもの、第三者と混同を生じる危険のあるサブドメインの登録
    2. ショップオーナーが創作に関与していない商品を登録・販売する行為
    3. 本個別サービスを介さずに行う直接取引やそれを勧誘する行為、または、勧誘に応じる行為
    4. 本個別サービスでの商品掲載において、掲載内容と明らかに異なる商品を送付する行為
    5. 取引成立後の合理的な理由が無い商品発送を行わない等の行為
    6. 当社からの、またはユーザー間取引を行っている他のユーザーからの連絡に対する不当な応答の遅延や無視を行う行為
  2. ユーザーが前項各号に違反し、当社、他のユーザーまたは他者に対して損害を与えた場合、故意過失を問わず、ユーザーは自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。

第8条 本個別サービスの利用料金と支払方法

  1. 本個別サービスは、ショップ開設、商品登録および本個別サービスの閲覧等の利用は無料としますが、一部の機能については有料サービスとして、利用料金等をお支払いいただきます。なお、ユーザー同士が取引する金額や本個別サービスの利用料金については、すべて消費税が含まれるものとします。
  2. 当社は、ユーザーの承諾を得ることなく料金を改定する場合があり、ユーザーはこれに同意することとします。また、改定後の料金体系は、契約更新時に適用されるものとします。
  3. ユーザーは、自己の管理に属する有効なクレジットカードまたは銀行口座またはその他当社が定める決済方法の情報を決済手段として、利用料金等を支払うものとします。
  4. 決済手段がクレジットカードによる場合、利用料金等は当該クレジット会社の会員規約において定められた振替日にユーザー指定の口座から引き落とされるものとします。
  5. 月額利用料等、定期的に利用料金の発生する有料サービスを利用している場合で、ユーザーが当該利用料金の支払いを支払期日より遅延した場合には、支払期日の翌日から支払日の前日までの日数について年利14.6%の割合で計算した額の遅延利息金を当社に支払うものとします。なお、当該支払いに必要な振込手数料その他の費用は、当該ユーザーが負担するものとします。
  6. 月額利用料等、定期的に利用料金の発生する有料サービスを利用している場合で、ユーザーが当該利用料金の支払いを支払期日より遅延した場合には、当社は、当該ユーザーに通知することなく、提供中のすべての有料サービスの利用を停止することができるものとします。
  7. 月額利用料等、定期的に利用料金の発生する有料サービスを利用している場合で、当該有料サービスに決済手段として登録されたクレジットカードや銀行口座その他の決済方法の利用が停止された場合には、当社は、当該ユーザーに通知することなく、提供中のすべての有料サービスの利用を停止することができるものとします。
  8. ユーザーが、本個別規約に反する行為をしたと当社が認めた場合には、当社は、当該ユーザーに通知することなく、提供中のすべての有料サービスの利用を停止することができるものとします。
  9. 本条第6項、第7項、第8項に定める場合には、利用停止の対応を行った月までの利用料金等が発生するものとします。

第9条 商品価格

ショップオーナーが出品する商品の価格は、無料もしくは、100円以上、かつ100万円を超えない範囲で、ショップオーナーが自由に決定することができるものとします。

第10条 ショップオーナーへの売上の支払い

  1. ショップオーナーは、当社に対し、本個別サービス上でユーザーがショップオーナーから購入した商品の代金の収納代行をあらかじめ委託するものとします。
  2. 当社は、ショップオーナーに対し、ショップオーナーの売上金額から決済手数料等(第  5項に定めます)を差し引いた金額(以下「受取金額」といいます。)を計算し、受取金額から振込手数料(第6項に定めます。)を差し引いて、第4項に定める期間内に、以下の各号の定めに従って決定される振込先に対して送金する方法により支払います。
    振込先は、振込みを実行する月の19日時点にショップオーナーが登録している口座とします。

    ※受取金額が高額になった場合は振込を実行する月の第1営業日に振込先が確定します。

  3. 半年間振込み申請がなく受取金額の総額が5,000円に満たない場合は、当該受取金額の振込は、最後に振込みがあった月から半年が経過した期日の翌月20日から5営業日以内に振込むものとします。
  4. 当社は、ショップオーナーが、当社が指定する方法に従った振込申請を行った場合、前月末時点での受取金額を、申請を行った月の翌月20日から5営業日以内に振込むものとします。
  5. 決済手数料等は、決済代金(商品代金、BOOST金額、送料およびFACTORYマージンの合計金額をいいます。以下同様とします。)に対して以下の各号に定める料率を乗じた金額又は以下に定める金額以下のとおりとします。また、決済手数料の対象にはBOOST金額も含まれます。
    1. クレジットカードによる決済手数料:決済1回あたりの決済代金につき売上げた商品代金および送料の総額の3.6%相当額の決済手数料
    2. Paypalによる決済手数料:決済1回あたりにつき売上げた商品代金および送料の決済代金の総額の3.6%相当額の決済手数料
    3. 銀行決済手数料:決済1回あたりの決済代金の総額の3.6%相当額
    4. コンビニ決済手数料:決済1回あたりの決済代金の総額の3.6%相当額
    5. 楽天ペイ決済手数料:決済1回あたりの決済代金の総額の3.6%相当額
    6. 倉庫発送手数料:出庫した商品1注文あたり26円を前各項の決済手数料に加算
  6. 振込手数料は、受取金額の総額をもとに決定されるものとします。振込手数料は、受取金額の総額が30,000円未満の場合は200円、受取金額の総額が30,000円以上の場合は300円とします。
  7. 受取金額には売上げた商品代金の消費税相当額が含まれるものとします。
  8. ショップオーナーの登録している振込先の不備・誤登録等により振込が行えなかった場合、振込は翌月以後に繰越されるものとし、以後も同様とします。
  9. 振込先情報の不備等により振込みが行えなかった場合、売上げた日から6か月経過した時点で、当社は、当該ショップオーナーが、当社の当該受取金額についての支払義務を免除したものとみなします。
  10. 支払日が、当社または金融機関の休業日にあたる場合は、翌営業日から5営業日以内に行うものとします。
  11. 当社のシステムの不具合その他の理由により、ショップオーナーへ振り込むべき金額を過払いした場合には、ショップオーナーは、理由のいかんにかかわらず、過払いに係る代金を当社に対して直ちに返還する義務を負うものとします。
  12. 当社は、ショップオーナーの販売する商品の権利関係等に疑義が生じた場合やユーザーからの問い合わせ等によりショップオーナー・ユーザー間に発生したトラブルについて一定期間後も解決されていないと判断した場合には、当該ショップオーナーへの受取金額の振込を停止できるものとし、ショップオーナーはこれを承諾するものとします。
  13. ショップオーナーが退会した場合で、かつ未払いの受取金額が存在する場合は、当該受取金額の総額から振込手数料を差引いた上で、退会日の属する月の翌月20日から5営業日以内に振り込むものとします。ただし、未払いの受取金額が振込手数料を下回る場合は、当社からショップオーナーに対しての支払いは発生しないものとします。

第11条 利用権譲渡等の禁止

ショップオーナーは、当社の承諾なしに本個別サービスのユーザーとして有する権利を第三者に譲渡、使用、もしくはこれに類する行為、または質権の設定等その他担保に供する行為等はできないものとします。

第12条 免責事項

本個別サービスを通じて他のユーザー等との間で直接なされた情報の授受、およびそれに付随して行われる行為について、特段の明示的な定めのない限り、当社は責任を負いません。

第13条 知的財産権

本サービスを利用して登録された商品等の情報の著作権その他一切の権利は、当該商品等を創作・登録したユーザーに帰属します。当社は、ユーザーが登録する商品等の情報を、本サービスの円滑な提供、当社システムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲内で、使用及び改変することができるものとします。当社が前項に定める形で商品等の情報を使用するにあたっては、情報の一部又は氏名表示を省略することができるものとします。

第14条 非保証等

  1. 当社は本個別サービス内でユーザーからが提供する役務・商品その他一切の情報に関する内容・品質・正確性・適法性(以下、知的財産権や他人の権利非侵害を含む)・有用性・信憑性などは確認せず、確認の義務を負わず、かつ何ら保証しません。
  2. 当社は本個別サービス内において当社が提供するコンテンツその他一切の情報の内容・品質・正確性・適法性・有用性・信憑性などについて、一切保証をせず、責任を負いません。
  3. 前各項のほか、当社は、サービスの内容・品質・水準、サービスの安定的な提供、サービスの利用に伴う結果などについては、保証しません。本個別サービス提供における、不正確、不適切、不明瞭な内容、表現、行為などにより、ユーザーおよび第三者に対して直接的または間接的な損害が生じた場合であっても、故意・過失の有無にかかわらず、当社は、当該損害について責任を負いません。

補償

  • ショップ側への返金
    • 提携企業(輸送会社)の責で商品に不具合が生じた時など
  • 購入者
    • オーナー側に責がある取引の未達成時
    • 配送事故
  • 免責
    • 返金を受ける者が登録している振込先の不備・誤登録等により振込が行えなかった場合、振込は翌月以後に繰越されるものとし、以後も同様とします。
    • 振込先情報の不備等により振込が行えなかった場合又は前項に定める繰越が継続し当社として振込が困難であると判断する場合、当社は、当該返金を受ける者が、当社の当該返金についての支払義務を免除したものとみなすことができ、また、当社は、当該振込遅延又は不能について、共通規約又は本個別規約に明示的に定めがある場合を除いて、一切の責任を負いません。

附則

  • 本個別規約は、2013年12月27日から施行します。
  • 本個別規約の施行前にユーザーが行った行為についても本個別規約が適用されます。

改訂

  • 2020年3月30日 ピクシブ株式会社 サービス共通利用規約に紐づく個別規約として、規約全体を改定しました。
  • 2020年2月20日
  • 2018年11月5日
  • 2017年12月4日
  • 2017年11月1日
  • 2017年8月1日
  • 2016年4月25日

BOOTH storege service

第1条 はじめに

  1. 本個別規約は、当社が運営・管理する「BOOTH」(以下「本個別サービス」といいます。)において提供する、倉庫での商品の保管および発送ならびにこれらに付帯するサービスを当社に委託する倉庫サービス(以下「本倉庫サービス」といいます。)を、ユーザーが利用する場合の一切の行為に適用されます。
  2. 本個別規約は、本倉庫サービスの利用条件を定めるものです。ユーザーは、本個別規約に同意の上、本個別規約に従い本倉庫サービスを利用するものとします。
  3. ユーザーは、本倉庫サービスを利用することにより、本個別規約のすべての記載内容について同意したものとみなします。
  4. ユーザーは、本個別規約に同意しない限り、本個別サービスを利用できません。
  5. 本個別規約は、当社が提供するサービスすべてに適用されるピクシブ株式会社 サービス共通利用規約(以下「共通規約」といいます)の個別規約であり、本個別規約において定めのない事項については、本個別規約で適用を除外することを定めている場合をのぞいて「共通規約」の他、本倉庫サービス上で当社が規定するガイドライン等の諸規定(以下「諸規定」といいます。)が適用されます。
  6. 本個別規約にて特に定めがない場合は、共通規約およびBOOTH利用規約における定義と同義とします。

第2条 本個別規約の適用範囲

  1. 本個別規約は、「共通規約」第14条に掲げる禁止商品以外の商品の保管であって、その保管が本倉庫サービスとして行われるものに適用されます。なお、本倉庫サービスの提供は、日本国内に限定いたします。
  2. 本個別規約に定めのない事項については、法令または一般の慣習によります。
  3. 当社は、前2項の規定にかかわらず、法令に反しない範囲で特約の申込みに応じることがあります。

第3条 利用方法と保管料金

  1. 本倉庫サービスは、ユーザーが本個別サービス上で取扱う商品について、本個別規約に同意の上、本個別サービス上で保管・発送代行申込みを行うことで利用できるものとします。
  2. 保管商品が当社に引き渡された日の属する月の月初より1ヶ月間の商品の販売率*が20%以上の場合、当該1ヶ月間の保管料は発生しません。
  3. *販売率 = 当該保管期間における商品販売数 ÷ (当該保管期間初日時点における在庫数 + 当該保管期間に入荷した個数)
  4. 当社は、保管期間終了月の翌月月初に、ユーザーに対し保管料の請求を行います。保管料は1ヶ月1,000円(消費税別)とします。
  5. 商品保管にあたっての商品数の上限は以下の定めに従うものとします。なお、商品タイプ・サイズに関しては、当社の判断が優先されるものとします。

    ■サイズ別保管数上限表■

    ゆうパケットサイズ

    梱包時サイズ

    3辺合計60cm以内・長辺34cm以内・厚さ3cm以内

    梱包時重量

    1kg以内

    保管可能数

    1,000点


    60サイズA(同人誌・冊子等印刷物、CD・DVD)

    梱包時サイズ

    縦・横・高さ3辺合計60cm以内・高さ3.5cm以内

    梱包時重量

    2kg以内

    商品種類

    印刷物もしくはCD・DVDに限る

    保管可能数

    1,000点


    60サイズB(その他グッズ)

    梱包時サイズ

    縦・横・高さ3辺合計60cm以内

    梱包時重量

    2kg以内

    商品種類

    非印刷物もしくは、60サイズAの定義に入らない印刷物もしくはCD・DVD

    保管可能数

    200点


    80サイズ

    梱包時サイズ

    縦・横・高さ3辺合計80cm以内

    梱包時重量

    5kg以内

    保管可能数

    100点


    100サイズ

    梱包時サイズ

    縦・横・高さ3辺合計100cm以内

    梱包時重量

    10kg以内

    保管可能数

    100点


    120サイズ

    梱包時サイズ

    縦・横・高さ3辺合計120cm以内

    梱包時重量

    15kg以内

    保管可能数

    70点


    140サイズ

    梱包時サイズ

    縦・横・高さ3辺合計140cm以内

    梱包時重量

    20kg以内

    保管可能数

    70点


    160サイズ

    梱包時サイズ

    縦・横・高さ3辺合計160cm以内

    梱包時重量

    25kg以内

    保管可能数

    50点

  6. 本条第3項において、保管料の支払いが当社で確認できなかった場合、当社は、当該保管期間終了月をもって当該商品の保管を終了し、本個別サービス上に登録されている当該商品の在庫数を0とした上で、返還の手続きをとるものとします。
  7. ユーザーが返還を選択した商品(以下「返還対象商品」といいます。)については、ユーザーは、当該商品の返還を当社に依頼できます。当社は、返還対象商品の数量に応じて、返還に必要な送料を算出し、ユーザーに請求できるものとします。
  8. 保管期間が終了したにも関わらず、返還対象商品の返還手続きを行わない場合、当社は、ユーザーが本個別サービスに登録している住所に返還対象商品を返送できるものとします。
  9. 最後に発送された日の属する月の翌月より6ヶ月間発送されていない保管商品に対して、当社は、ユーザーが本個別サービスに登録している住所に当該商品を返送、または廃棄、その他の必要な処置を行うことができるものとします。
  10. 新規保管申込の場合、商品の合計在庫数は30点からとし追加入庫の場合には1点から申込可能とする。

第4条 保管料の支払い手段

  1. ユーザーは本倉庫サービスの保管料を、自己の管理に属する有効なクレジットカードまたはその他の決済方法を決済手段として支払うこととします。
  2. 前項の決済手段は、次に掲げるいずれかの方法によるものとします。
    1. クレジットカード
    2. その他当社が定める方法
  3. ユーザーの名義と、前項のクレジットカードの名義人は同一であることを条件とします。
  4. 決済手段がクレジットカードによる場合、保管料等は当該クレジット会社の会員規約において定められた振替日にユーザー指定の口座から引き落とされるものとします。

第5条 保管料の算出・支払い方法

  1. ユーザーは、本契約の期間中、第3条で請求された保管料を第4条に定めるクレジットカードにより、クレジットカード会社の会員規約に基づき一括して支払うものとします。
  2. ユーザーのクレジットカードが失効その他の事情により、前項の決済が不能となった場合、ユーザーは当社の指定する方法により、直ちに保管料を支払うものとします。
  3. ユーザーと当該クレジットカード会社の間で料金その他の債務を巡って紛争が生じた場合、当該当事者間で解決するものとし、当社は一切の責任を負いません。
  4. 本倉庫サービスの利用に関する契約は、保管期間の期日が終了することによって期間が満了するものとします。ユーザーが自己の都合によって、本個別サービスもしくは本倉庫サービスの利用を停止した場合においても、一度支払われた保管料については一切返金がなされないものとします。
  5. 所定の保管期間が満了した場合、ユーザーと当社との本倉庫サービスの利用に関する契約は契約満了となります。
  6. 契約満了後においても、当社所定の期間および所定の範囲において、本倉庫サービスでユーザーに提供されていたサービスの履歴が保持される期間が当社の任意により設定されます。当該期間中に改めて新規の契約がユーザーと当社との間で締結された場合、従前の契約時において提供されたサービスの履歴の状態を当社所定の期間および所定の範囲において引き継ぐことが可能になります。ただし、これは当社の任意によるものであり、従前の契約時におけるすべてのサービスの履歴が引き継がれることを保証するものではありません。

第6条 クレジットカードに関する変更の届出

  1. ユーザーは、住所、クレジットカードの番号、有効期限その他、クレジットカードに関する当社への届出事項に変更があった場合、速やかに当社所定の方法で変更の届出をするものとします。ただし、次の各号に該当する場合、ユーザーの事前の了解なしにユーザーの所属するカード会社より、当社に通知されても異議ないものとします。
    1. 当社に届け出たクレジットカードの会員資格を喪失した場合。
    2. クレジットカードの紛失等により、当社に届け出たクレジットカードの番号が変更となった場合。
  2. 前項の届出がなかったことで、ユーザーが不利益を蒙ったとしても、当社は一切の責任を負いません。

第7条 商品の発送代行

  1. ユーザーは当社に対し、保管商品の発送代行1箱あたりにつき、本条4項で定められた発送料および本条5項で定められた倉庫発送手数料(以下「発送料等」といいます。)を支払うものとします。発送料等は理由を問わず返金されません。発送料等は発送点数を基とし、商品の販売が成立して発送が行われた際に請求されるものとします。なお、運送手段、運送会社などの選択は当社の判断によるものとします。
  2. 発送料等については、当社は、当社の判断のもと、変更することができるものとします。
  3. 当社がユーザーに事前に連絡した発送業務停止日に関わる事態を除き、当社の過失による商品の紛失、損傷などによりユーザーに不利益の発生する可能性がある際には当社は事態の収拾につとめる責任を負います。ユーザーは発生した損害について当社と協議し損害賠償を請求する権利を有するものとし、当社は、当社に帰責性がある範囲において、1万円または商品販売金額のうち低い額を限度として、商品の補償額を支払うものとします。
  4. 本倉庫サービスにおける発送代行時の送料は、ゆうパケットの場合、1箱(3辺合計60cm以内、長辺34cm以内、厚さ3cm以内、重量1kg以内)につき400円、宅配便の場合、1箱(縦・横・高さ合計160cm以内、重量25kg以内)につき730円とします。当社は、商品発送時の商品の数量を鑑みて、当社の判断において必要な箱数、またそれに基づいた送料を算出し、請求できるものとします。
  5. 倉庫発送手数料は、1注文ごとに26円とします。

第8条 商品保管引受けの拒絶

ユーザーは、本個別サービスの利用にあたり、以下の商品を登録してはならないものとします。

  1. 商品保管の申込みが本個別規約によらないものであるとき
  2. 商品が危険品、変質または損傷しやすい商品、荷造りの不完全商品、第9条に掲げる禁止商品に定める商品その他保管に適さない商品と認められるとき
  3. 商品の保管に必要な施設がないとき
  4. 商品の保管に関し特別の負担を求められたとき
  5. 商品の保管が法令の規定または公の秩序もしくは善良の風俗に反するものであるとき
  6. その他やむを得ない事由があるとき

第9条 禁止商品

ユーザーは、「共通規約 第14条 禁止行為」に定める物品のほか、次の各号に掲げる商品の保管・発送代行申込みをおこなうことはできません。

  1. 1点あたり縦・横・高さの合計が160cm以上の大きさの商品
  2. 現金、有価証券、通帳、切手、印紙、証書、重要書類、印鑑、クレジットカード、キャッシュカード類
  3. 貴金属、美術品、骨董品、宝石、工芸品、毛皮、着物等の高額品または貴重品
  4. 精密機器、ガラス製品、陶磁器、仏壇等の壊れやすい商品
  5. 磁気を発し、その他の保管品に影響を与える商品
  6. 灯油、ガソリン、ガスボンベ、マッチ、ライター、塗料等の可燃物
  7. 農薬、劇薬、火薬、毒物、化学薬品、放射性物質等の危険物または劇物
  8. 動物、植物(種子、苗を含む)
  9. 生もの、固体または液体の食料品
  10. 異臭、悪臭を発するまたは発するおそれのある商品
  11. 廃棄物
  12. 法令により所持を禁止されている商品
  13. 公序良俗に反する商品
  14. その他、当社もしくは倉庫管理業者が不適切と判断した商品

第10条 補償額

  1. ユーザーは、保管商品の補償額(以下「補償額」といいます)を、1万円または商品販売金額のうち低い額を限度とすることにつき、予め同意するものとします。
  2. 前項の規定にかかわらず、当社は、保管の申込み時において、ユーザーと協議の上、相当と認められる価額を補償額とすることができます。

第11条 保管・発送代行の申込みおよび保管契約の成立

  1. ユーザーは、本個別規約に基づく商品の保管・発送代行申込みに際し、当該商品に関して次の事項(以下「申込事項」といいます。)を本個別サービス上から当社所定の手続きおよび方法で入力、送信する事により、申込みをしなければなりません。
    1. ユーザーの氏名、住所、電話番号および電子メールアドレス
    2. 品名および数量
    3. 保管上特別の注意を要するときは、その保管上の注意事項
    4. その他保管に関し必要な事項
  2. 本個別規約、BOOTH個別規約、ガイドライン等に基づくユーザーの当社に対する商品の保管(以下「保管契約」といいます。)は、当社が申込事項を承認し、かつ当該保管を引き受けたときに成立します。

第12条 申込事項の記載事項の変更等

  1. ユーザーは、前条第1項第1号に掲げる事項を変更した場合は、当社所定の手続きおよび方法で直ちに当社に対し通知しなければなりません。
  2. ユーザーは、前条第1項第2号から第4号までに掲げる事項を変更しようとする場合は、当社所定の手続き、および方法であらかじめ当社に対しその変更を申し出なければなりません。

第13条 契約の解除

  1. 当社は、次の事由がある場合は、保管契約を解除することができます。
    1. BOOTH個別規約第6条もしくは第7条第1項各号のひとつ、または本個別規約第8条第2号から第6号までの各号のひとつにでも該当することが明らかになったとき
    2. ユーザーが本個別規約のとおり保管商品の引渡しを行わないとき
    3. ユーザーが次条第1項の規定による保管商品の内容の検査を拒絶したとき
  2. 当社は、営業を廃止し、または休止しようとする場合は、保管契約を解除することができます。この場合にあっては、解除日の3ヶ月以前にその旨を予告するものとします。
  3. ユーザーが次の各号のひとつにでも該当する場合には、ユーザーは期限の利益を失うとともに、当社はただちに保管契約を解除することができるものとします。
    1. ユーザーが本個別規約、BOOTH個別規約、ガイドライン等または当社が別途定める関連規定の一つにでも違反したとき
    2. ユーザーの責めに帰すべき事由または保管品の変質等により、当社または第三者に損害を与え、またはそのおそれがあると認められる相当な理由のあるとき
    3. 手形、小切手の不渡処分または銀行取引停止処分を受けたとき
    4. 差押、仮差押、仮処分、その他の執行を受け、または会社更生、破産、民事再生の申立を受け、またはユーザーが申立をしたとき
    5. ユーザーについて相続の開始があったとき
    6. 申込事項の内容が事実に反することが明らかになったとき
    7. ユーザーまたはユーザーの関係者が、暴力団等、集団的または常習的に暴力的不法行為等を行いまたは行うことを助長するおそれのある団体に属している者およびこれらの者と取引のある者と判明したとき
  4. 前項各号の事由により、当社または第三者が損害を蒙った場合、ユーザーは当該損害を賠償するものとします
  5. ユーザーが当社に保管商品を引渡した後、当社が本条第1項ないし第3項の規定により保管契約を解除した場合は、ユーザーは、遅滞なく、保管料、その他の費用、立替金および延滞金を支払い、保管商品を引き取らなければなりません。
  6. 当社は、本条第1項または第3項の規定により保管契約を解除した場合は、これによる損害については、賠償の責任を負いません。
  7. 当社は、本条第2項の規定により保管契約を解除した場合であって、その営業の廃止または休止が合理的な事由によるものであるときは、これによる損害については、賠償の責任を負いません。

第14条 引渡し時における保管商品の内容の検査

  1. 当社は、保管商品の引渡しを受けるに当たり、申込事項に入力、送信された保管商品の品名、数量または保管もしくは荷役上の注意事項について疑いがある場合は、ユーザーの同意を得て、保管商品の内容について検査することができます。
  2. 当社は、ユーザーの同意を求めるいとまがなく、かつ、保管商品の外観から見てその内容に異常が認められると推定される等正当な事由がある場合は、前項の規定にかかわらず、ユーザーの同意を得ないで、保管商品の内容について検査することができます。
  3. 当社は、本条第1項の規定により検査を行った場合でユーザーの立会いがなかったときまたは前項の規定により検査を行った場合は、ユーザーに対し、遅滞なくその旨および検査の結果を通知します。
  4. 当社は、本条第1項または第2項の規定により検査を行った場合において、保管商品の内容が申込事項に入力、送信されたところと異ならないときは、検査により生じた損害について賠償の責任を負います。
  5. ユーザーは、本条第1項または第2項の規定により検査を行った場合において、保管商品の内容が申込事項に入力、送信されたところと異なるときは、検査に要した費用を負担しなければなりません。

第15条 引渡し時における補償額の変更

当社は、保管商品の引渡しを受けるに当たり、補償額が不相当であると認めた場合は、ユーザーと協議の上、相当と認められる価額に変更することができます。

第16条 引渡しの確認等

当社は、保管商品の引渡しを受けた場合は、当社所定の手続きおよび方法によりユーザーに通知します。

第17条 保管方法

当社は、保管商品をその引渡しを受けた時の荷姿のまま、その内容を検査することなく当社が定めて明示した方法により保管します。個品が滅失または棄損したときであっても、当社は、それが当社の責めに帰すべき事由による場合を除いて、責任を負いません。

第18条 再委託

  1. 当社は、保管商品の保管に必要な施設がないことその他やむを得ない事由がある場合は、当社の判断により当社の責任と費用において、他の倉庫業者に保管商品を再委託することができます。ただし、同意を求めるいとまがない場合は、ユーザーの同意を得ないで、再委託することができます。
  2. 前項ただし書の規定により他の倉庫業者に再委託した場合は、当社は、ユーザーに対し、遅滞なくその旨を通知します。

第19条 保管期間更新の拒絶

  1. 当社は、次の事由がある場合は、保管期間の更新を拒絶できます。この場合において、当社は、保管期間の満了日の1週間以前にその旨を予告するものとします。
    1. 保管料、その他の費用、立替金または延滞金が、当社が定めて通知した日までに支払われないとき
    2. ユーザーが第20条第1項の規定による保管商品の内容の検査を拒絶したとき
    3. その他ユーザーが本個別規約、BOOTH個別規約またはガイドライン等に反したとき
  2. 当社が本条第1項の規定により更新を拒絶した場合は、保管期間の満了と同時に、当社がユーザーに対し解約を申し入れたものとみなします。
  3. ユーザーは、本条第1項の規定により更新を拒絶された場合、期限の利益を失うとともに遅滞なく、保管料、その他の費用、立替金および延滞金を支払い、当該保管商品を引き取らなければなりません。
  4. 当社は、本条第1項の規定により更新を拒絶した場合は、これによる損害については、賠償の責任を負いません。

第20条 保管中の保管商品の内容の検査

  1. 当社は、その保管期間中、申込事項に入力、送信された保管商品の品名、数量または保管もしくは荷役上の注意事項について疑いがある場合は、ユーザーの同意を得て、保管商品の内容について検査することができます。
  2. 当社は、ユーザーの同意を求めるいとまがなく、かつ、保管商品の外観から見てその内容に異常が認められると推定される等正当な事由がある場合は、前項の規定にかかわらず、ユーザーの同意を得ないで、保管商品の内容について検査することができます。
  3. 当社は、本条第1項の規定により検査を行った場合でユーザーの立会いがなかったときまたは前項の規定により検査を行った場合は、ユーザーに対し、遅滞なくその旨および検査の結果を通知します。
  4. 当社は、本条第1項または第2項の規定により検査を行った場合において、保管商品の内容が申込事項に入力、送信された内容と異ならないときは、検査により生じた損害について賠償の責任を負います。
  5. ユーザーは、本条第1項または第2項の規定により検査を行った場合において、保管商品の内容が申込事項に入力、送信された内容と異なるときは、検査に要した費用を負担しなければなりません。

第21条 緊急閲覧・開庫・立入検査

次の各号のひとつにでも該当する場合には、当社はユーザーに通知することなく保管品の閲覧、開庫、開封または保管設備への立入り点検をすることがあります。

  1. 法令に定める場合
  2. 当社において緊急やむを得ないと認めた場合
  3. その他相当な事由がある場合

第22条 保管方法の変更

次の各号の場合には、保管商品の入庫当時の保管場所または保管設備の変更、保管商品の積換、他の貨物との混置、その他保管方法の変更をすることができるものとします。ただし、本条第3号の場合には、当社は事前にユーザーに対して通知するものとします。なお、本条第2号および第3号の場合、保管方法の変更によってユーザーに損害が生じても、当社はそれを賠償する義務を負いません。

  1. 契約の解除、解約その他保管契約が終了したとき
  2. 保管料、その他保管契約に基づく債務の弁済を遅滞したとき
  3. 施設の閉鎖、修繕その他相当の事由があるとき

第23条 保管不適保管商品の処置

  1. 当社は、次の事由がある場合は、ユーザーに対して、相当の期間を定めて必要な処置を行うように催告することができます。
    1. 保管商品が変質、毀損等により保管に適さなくなったと認められるとき
    2. 保管商品が倉庫または他の保管商品に損害を与えるおそれがあると認められるとき
    li>ユーザーは、前項の催告を受けた場合は、遅滞なく必要な処置を行わなければなりません。
  2. ユーザーが当社の定めた期間内に前項の催告に応じない場合または当社が催告をするいとまがない場合は、当社は、保管商品の廃棄その他の必要な処置を行うことができます。
  3. 前3項の処置に要した費用は、ユーザーの責に帰すべき事由に基づく場合は、ユーザーの負担とします。
  4. 本条第3項の処置を行った場合は、当社は、ユーザーに対し、遅滞なくその旨を通知します。

第24条 返還手続

  1. ユーザーは、保管商品の返還を受けようとする場合は、本個別サービス上にて、当社所定の手続きおよび方法により当社所定の事項を入力し、これを当社に送信しなければなりません。
  2. 前項により当社所定の保管商品の出庫手続きをしたユーザーは、遅滞なく当該保管商品を引き取らなければなりません。

第25条 返還の拒絶

  1. 当社は、保管料、その他費用、立替金および延滞金の支払を受けるまでは、返還の請求に応じないことができます。
  2. ユーザーは、前項の規定による留置の期間中は、保管料と同額の金銭を支払わなければなりません。
  3. 当社は、本条第1項の規定により返還の請求に応じない場合は、これによる損害については、賠償の責任を負いません。

第26条 引取りの請求

  1. 当社は、第13条第4項または第19条第3項の規定による保管商品の引取りが行われない場合は、ユーザーに対し、当社が指定する日までに保管商品を引き取ることを請求することができます。
  2. 前項の請求を電子メールを送信する方法または書面を郵送する方法により行う場合は、当社が指定する日までに引取りがなされないときは引取りを拒絶したものとみなす旨を付記することができます。当社は、本条第1項の規定により指定した日を経過した後は、保管商品に生じた損害については、賠償の責任を負いません。

第27条 保管商品の処分

  1. 当社は、ユーザーが保管商品を引き取ることを拒み、もしくは引き取ることができず、または当社の過失なくしてユーザーを確知することができない場合であって、ユーザーに対して期限を定めて保管商品の引取りの催告をしたにもかかわらずその期限内に引取りがなされないときは、催告をした日から3ヶ月を経過した後は、ユーザーに対し予告した上で、公正な第三者を立ち会わせて保管商品の売却その他の処分をすることができます。ただし、保管商品が腐敗または変質するおそれがあるものである場合は、ユーザーに対し予告した上で、引取りの期限後直ちに公正な第三者を立ち会わせて保管商品の売却その他の処分をすることができます。
  2. 当社は、前項の規定により保管商品を処分した場合は、ユーザーに対し遅滞なくその旨を通知します。
  3. 当社は、本条第1項の規定により売却した場合は、その代価から保管料、その他の費用、立替金および延滞金ならびに売却のために要した費用(ユーザーへの通知に要した費用を含む)を控除し、残額があるときはこれをユーザーに返還し、不足があるときはユーザーに対してその支払を請求します。

第28条 再保管商品に対する責任

当社は、第18条の規定により他の倉庫業者に保管商品を再委託した場合においても、本個別規約に基づき、当該保管商品について当社が自ら保管した場合と同様の責任を負います。

第29条 免責事由

  1. 当社は、次の事由により生じた損害については、賠償の責任を負いません。
    1. 保管商品の性質、欠陥もしくは自然の消耗または荷造りの不完全
    2. 虫害
    3. 戦争、事変、暴動、強盗または、同盟罷業もしくは同盟怠業
    4. 地震、津波、高潮、大水または暴風雨
    5. 徴発または防疫
    6. 前各号に掲げるものの他抗拒もしくは回避することのできない災厄、事故、命令、処置または保全行為
  2. 当社は、前項の損害であっても、特別の設備を有することその他の事由により賠償の責任を負うことを約した場合は、その責任を負うものとします。

第30条 賠償額

当社は、当社の責めに帰すべき理由により保管商品の滅失または毀損が生じた場合には、第10条に定める補償額を限度として、その損害を賠償します。

第31条 責任の消滅事由

  1. 保管商品の一部滅失または毀損による損害についての当社の責任は、ユーザーが保管商品を引き取った日から1週間以内にユーザーから当社に対し当該保管商品に一部滅失または毀損があった旨の通知を発しない限り消滅します。
  2. 前項の規定は、当社が保管商品の返還に際して当該保管商品に一部滅失または毀損が生じていることを知っていた場合は、適用しません。

第32条 ユーザーの賠償責任

ユーザーは、保管商品の性質または欠陥により当社に与えた損害については、賠償の責任を負わなければなりません。ただし、ユーザーが過失なくしてその性質もしくは欠陥を知らなかった場合または当社がこれを知っていた場合は、この限りではありません。

第33条 引取り遅延による保管料相当額の支払い

ユーザーは、第13条第4項または第19条第3項の規定に規定する保管商品の引取りが行われない場合は、当該保管期間の保管料と同額の金銭を支払わなければなりません。

第34条 滅失保管商品の料金の負担

当社は、保管商品が滅失した場合は、滅失した日までの料金をユーザーに請求することができます。ただし、当社の責に帰すべき事由により滅失した場合は、当該保管期間に係る保管料については、この限りではありません。

第35条 通知または連絡

  1. ユーザーへの通知または連絡が必要な場合には、書面による郵送、ホームページへの掲載、メールまたは郵便を用いて行います。ユーザーが、当社に対し連絡が必要であると判断した場合には、メールまたは郵便を用いて連絡を行うものとします。当社が、ホームページへの掲載によりユーザーに通知・連絡等を行う場合は、当該通知・連絡等を掲載してから48時間を経過したときに、その他の手段による通知・連絡等の場合は、当社がユーザーに当該通知・連絡等を発信したときに、効力を生じるものとします。
  2. 当社では、当社が特に必要と認めた場合を除き電話、来訪によるご連絡は受付けしておりません。
  3. 当社は、日本国における法令、条例、法律等に基づく場合を除いては、本個別サービスの提供に関連して知り得たユーザーの個人情報をユーザー以外の第三者に開示または漏洩しないものとし、かつ本倉庫サービスの提供のために必要な範囲を超えて利用しないものとします。
  4. 当社は、電子メールの通信履歴に関しては、次項の場合を除いて、これを第三者に公開しないものとします。
  5. 当社は、裁判官の発付する令状により強制処分として捜索・押収等がなされる場合、法律上の照会権限を有する公的機関からの照会(刑事訴訟法第197条第2 項がなされた場合その他法令の規定に基づき提供しなければならない場合、当社はユーザーの合意をとらずに照会事項を開示する場合があります。

附則

  • 本個別規約は、2013年12月19日から施行します。
  • 本個別規約の施行前にユーザーが行った行為についても本個別規約が適用されます。

改訂

  • 2020年3月30日 ピクシブ株式会社 サービス共通利用規約に紐づく個別規約として、規約全体を改定しました。
  • 2019年2月1日
  • 2017年8月1日
  • 2015年6月1日

pixivFACTORY

第1条 はじめに

  1. 本個別規約は、当社が提供するサービス「pixivFACTORY」(以下「本個別サービス」といいます。)を、ユーザーが利用する場合の一切の行為に適用されます。
  2. 本個別規約は、本個別サービスの利用条件を定めるものです。ユーザーは、本個別規約に同意の上、本個別規約に従い本個別サービスを利用するものとします。
  3. ユーザーは、本個別サービスを利用することにより、本個別規約の全ての記載内容について同意したものとみなします。
  4. ユーザーは、本個別規約に同意しない限り、本個別サービスを利用できません。
  5. 本個別規約は、当社が提供するサービスすべてに適用されるピクシブ株式会社 サービス共通利用規約(以下「共通規約」といいます)の個別規約であり、本個別規約において定めのない事項については、本個別規約で適用を除外することを定めている場合をのぞいて「共通規約」の他、本個別サービス上で当社が規定するガイドライン等の諸規定(以下「諸規定」といいます。)が適用されます。

第2条 定義

本個別規約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。本個別規約にて特に定めがない場合は、共通規約における定義と同義とします。

  1. 商品」とは、本個別サービスを利用することでユーザーが制作を委託し購入することができる物品をいいます。
  2. 「関連サービス」とは、当社が運営する「BOOTH(https://booth.pm)」と称するサービスなどをいいます。

第3条 本個別サービスの利用とユーザーの責任

ユーザーは、本個別サービスと関連サービスを連携させて利用する場合、関連サービスに関する利用規約等にも従う義務を負うものとします。

第4条 商品の製造委託および購入

  1. ユーザーが、本個別サービス上で、当社所定の手続きにより、商品の製造委託および購入手続を行った場合、当社は、ユーザーが選択した商品素材に登録画像の付加や文字入れ等の加工を行い、商品を製造し、ユーザーの指定した住所へ商品を配送します。
  2. 商品の製造委託料(商品の素材代金を含み、以下「商品素材代金」といいます。)は当社が定めるものとし、商品の製造委託および購入を行ったユーザーは、当社に対してこれを支払うものとします。

第5条 関連サービスにおける商品の販売

  1. ユーザーは、関連サービスとの連携を行うことにより、本個別サービスで当社に商品の製造委託をした上で関連サービス上で当社が別途定める方法により登録し、販売することができます。関連サービスの利用に際しては、当該関連サービスの個別規約に従うものとします。
  2. 関連サービス上で商品を販売する場合の販売価格(以下「商品代金」といいます。)は、ユーザーが設定するものとします。ただし、設定可能な販売価格および出品商品数の上限及び下限は当社が定めるものとします。
  3. ユーザーは、関連サービス上で商品を販売した場合、販売された商品の商品素材代金を当社に支払うものとします。商品素材代金の金額は別途当社が本個別サービス上において定めます。
  4. 当社は、関連サービス上で商品の売買契約が成立した場合に、当該商品を購入したユーザー(以下「購入者」といいます。)が支払う商品代金を、販売したユーザーに代わって受領するものとします。当社は、購入者から商品代金を受領した場合、当該商品代金(税込)から商品素材代金を差し引いた金額(以下「振込金額」といいます。)を、別途関連サービスに定められた方法にて支払うものとします。支払方法および支払期日等については関連サービスの個別規約に従うものとします。

第6条 商品の製造委託の中止

  1. 当社は、ユーザーが共通規約、本個別規約、関連サービスの規約またはガイドライン等のいずれかの条項に違反し、またはそのおそれがあると判断した場合、当該商品の発送を中止することができるものとします。この場合において、ユーザーが当該商品を既に購入者に販売し、購入者から商品代金が支払われているときは、当社は当該商品の商品代金を購入者に対して返金することができるものとします。
  2. 前項後段の場合において、購入者との間で成立した当該商品の売買契約の解除・取消等の措置は、ユーザーおよび購入者の当事者間で行うものとし、これによりユーザーまたは購入者に生じた一切の損害について、当社は責任を負いません。

第7条 危険負担

ユーザーは、ユーザー自身、当社又購入者のいずれの責めにも帰さない事由により、ユーザーまたは購入者が商品を受領する前に、商品が滅失または毀損した場合、当該商品の滅失または毀損にかかる一切の危険を負担するものとします。

第8条 禁止行為

ユーザーは、本個別サービスの利用にあたり、共通規約、本個別規約その他の規約およびガイドラインで禁止する事項またはこれらに違反する事項を行ってはならないものとします。禁止行為を行った場合または違反した場合には、強制退会、利用停止、投稿作品のデータの全部もしくは一部の削除、または公開範囲の変更等の不利益な措置を採ることがあります。但し、当社はこれらの措置をとる義務を負うものではなく、また、これらの措置を講じた理由を開示する義務を負うものではありません。

第9条 商品の交換

本個別サービスにより販売される商品は受注製造のため、ユーザーの都合による返品・交換を行うことはできません。当社は、商品の品質管理については万全を期しておりますが、ユーザーの発注内容と完成した商品が明らかに異なると当社が認める場合、当社が送料負担の上、良品と交換いたします。ユーザーは当社所定の方法にて、その旨を申し出ることとします。但し、次の場合には、商品の交換を請求することはできません。

  1. 商品がユーザーの指定した住所に到着後、一週間以上経過した場合
  2. 商品を、配布を行うなどして一部でも使用した場合
  3. 当社の責めに帰すべからざる事由により、商品に破損やキズ等が生じた場合
  4. 商品の品質が一定の許容範囲と当社で判断するもの
  5. 配送途中にサービス商品に破損やキズが生じた場合

附則

  • 本個別規約は、2014年11月14日から施行します。
  • 本個別規約の施行前にユーザーが行った行為についても本個別規約が適用されます。

改訂

  • 2020年3月30日 ピクシブ株式会社 サービス共通利用規約に紐づく個別規約として、規約全体を改定しました。
  • 2014年11月14日

pixiv PAY

第1条 はじめに

  1. 本個別規約は、当社が提供するサービス「pixiv PAY」(以下「本個別サービス」といいます。)を、ユーザーが利用する場合の一切の行為に適用されます。
  2. 本個別規約は、本個別サービスの利用条件を定めるものです。ユーザーは、本個別規約に同意の上、本個別規約に従い本個別サービスを利用するものとします。
  3. ユーザーは、本個別サービスを利用することにより、本個別規約のすべての記載内容について同意したものとみなします。
  4. 本個別規約は、当社が提供するサービスすべてに適用されるピクシブ株式会社 サービス共通利用規約(以下「共通規約」といいます)「共通規約」の個別規約であり、本個別規約において定めのない事項については、本個別規約で適用を除外することを定めている場合をのぞいて「共通規約」の他、本個別サービス上で当社が規定するガイドライン等の諸規定(以下「諸規定」といいます。)が適用されます。
  5. ユーザーは、本個別規約に同意しない限り、本個別サービスを利用できません。

第2条 定義

本個別規約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。

  1. 「本個別サービス」とは、当社が運営する「pixiv PAY」上で提供されるすべてのサービスをいいます。
  2. 本個別規約における「ユーザー」とは、pixivにアカウント登録したユーザーであって、かつ、本個別サービスを利用するために、当社所定の方法により本個別規約を承認したユーザーをいいます。ユーザーは、本個別サービスの利用にあたり、別途当社所定の方法による情報等の登録が必要となる場合があります。
  3. 「出品」とは、「本個別サービス」において、商品の取引に必要な情報等(テキスト、画像などのデータ等)を掲載し、他のユーザーが商品を購入できる状態にすることをいいます。
  4. 「出品者」とは、本個別サービスを通じて商品を出品するユーザーをいいます。
  5. 「登録メールアドレス」とは、本個別サービスの提供を受ける目的で、ユーザーが当社に提供したメールアドレスの情報をいいます。
  6. 「パスワード」とは、本個別サービスを利用するにあたって、登録メールアドレスと照合して本人を識別するための文字列をいいます。

第3条 本個別規約の適用範囲

  1. 本個別サービス上には、本個別規約および及びその他の利用規約等において、本個別サービスの利用条件が規定されています。その他の利用条件等は名称の如何に関わらず本個別規約の一部を構成するものとします。
  2. 本個別規約の規定とその他の利用条件等の規定に齟齬が生じる場合は、当該その他の利用条件等が優先して適用されるものとします。
  3. 本個別規約または又はその他の利用規約等に定めのない事項については、共通規約の定めに従います。

第4条 禁止行為

  1. ユーザーは、本個別サービスの利用にあたり、共通規約第14条に定める禁止行為を行ってはならないものとします。ユーザーがかかる禁止行為を行った場合、当社は、その故意・過失であるかにかかわらず違反行為とみなすことができるものとし、禁止行為を行ったユーザーに対し、強制退会、利用停止、商品に関するデータの全部もしくは一部の削除、または公開範囲の変更等の不利益な措置を採ることがあります。
  2. ユーザーが共通規約第14条に違反し、当社、他のユーザーまたは他者に対して損害を与えた場合、故意過失を問わず、ユーザーは自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。
  3. 共通規約第14条の内容は、本個別規約改定により適宜追加修正される場合があるものとし、ユーザーは、本個別サービスの利用にあたり、常に最新の内容を確認する義務を負うものとします。

第5条 取引における法令遵守および反社会的勢力の排除

  1. ユーザーは、ユーザー間取引において、法令を遵守する義務を負います。
  2. ユーザーは、自らが反社会的勢力でないこと、反社会的勢力でなかったこと、反社会的勢力を利用しないこと、反社会的勢力を名乗るなどして当社または他のユーザーもしくはユーザーの名誉・信用を毀損しもしくは業務の妨害を行い、または不当要求行為をなさないこと、自己の主要な出資者または役職員が反社会的勢力の構成員でないことを表明し、保証するものとします。
  3. 当社は、ユーザー間取引における法令遵守につき、何らこれを保証するものではなく、何らの責任を負わないものとします。

第6条 サービスの変更および当社の免責

  1. 当社は、事前の予告なくして、本個別サービスをいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。
  2. 当社は、前項の処理を行った後に本個別サービスを終了した場合に、ユーザーに対して、本個別サービスの終了に伴う損害、損失、その他の費用の賠償または補償を免れるものとし、直接損害か間接損害か、予見できたか否かを問わずに一切責任を負いません。

第7条 本個別サービスの利用料金と支払方法

  1. 本個別サービスは、アカウント登録、商品登録および本個別サービスの閲覧等の利用は無料としますが、決済機能については有料サービスとして、利用手数料等をお支払いいただきます。なお、ユーザー同士が取引する金額や本個別サービスの利用手数料については、すべて消費税が含まれるものとします。
  2. 当社は、ユーザーの承諾を得ることなく料金を改定する場合があり、ユーザーはこれに同意することとします。また、改定後の料金体系は、契約更新時に適用されるものとします。

第8条 商品価格

出品者が出品する商品の価格は、1円以上、かつ3万円を超えない範囲で、出品者が自由に決定することができるものとします。

第9条 利用の制限

  1. ユーザー1人あたりが毎月1日から当該月の末日までに購入できる商品の合計額は、30万円以内とします。ただし、当社の業務の遂行上、不適当と判断した場合、別途制限を設ける場合があります。
  2. 本個別サービスは、商品の引渡しまたは役務の提供が行われていない取引について使用することはできないものとします。
  3. 本個別サービスの利用には、取引の対象となる商品または取引の存在を証明する書類等の画像が必要であり、これがない場合、取引を行うことができないものとします。

第10条 代金決済

  1. 出品者は、当社に対し、対象取引に係る代金(以下「本決済代金」といいます。)を収納する事務を委託し、当社はこれを受託するものとし、出品者は、当社に対し、本決済代金を代理して受領する権限を付与するものとします。
  2. 購入者たるユーザーの代金支払債務は、出品者の提示する二次元コードを本個別サービスを利用して読み込み、登録クレジットカードでの決済が終了したことにより消滅するものとします。
  3. 当社は、出品者の売上から決済手数料を差し引いた金額を計算して、「売上残高」として、アプリケーション内で出品者に提示するものとします。
  4. 当社は、出品者が予め登録した銀行口座に、売上残高のうち出品者が振込申請をした金額(以下、「受取金額」)を、申請日から5営業日以内に振込むものとします。
  5. 受取金額の総額が200円以下の場合は、振込手数料がかかることを考慮し、振込を行うことができないものとします。
  6. 決済手数料は、クレジットカード決済またはポイント決済を利用された場合、決済1回あたりにつき売上げた商品代金の総額の3.6%とします。
  7. 振込手数料は、受取金額の総額をもとに決定されるものとします。振込手数料は、受取金額の総額が30,000円未満の場合は200円、受取金額の総額が30,000円以上の場合は300円とします。
  8. 振込金額には売上げた商品代金の消費税相当額が含まれるものとします。
  9. 出品者は、売上が記録された日から6か月以内に売上の振込申請を行うものとします。その6か月が経過した場合、当社は、当該出品者の登録している銀行口座に、売上残高の全額を振り込みます。その際、口座情報の誤りなどのために振込が完了できなかった場合、当社はその旨を当該出品者の登録メールアドレス宛に通知するものとします。当該通知にもかかわらず、当該出品者から6か月以内に口座情報の訂正がなかった場合、当社は、当該出品者は、当社の当該売上残高についての支払い義務を免除したものとみなします。
  10. 支払日が、当社または金融機関の休業日にあたる場合は、前営業日に繰り上げて行うものとします。
  11. 当社のシステムの不具合その他の理由により、出品者へ振り込むべき金額を過払いした場合には、出品者は、理由のいかんにかかわらず、過払いに係る代金を当社に対して直ちに返還する義務を負うものとします。
  12. 当社は、出品者の販売する商品の権利関係等に疑義が生じた場合やユーザーからの問い合わせ等により出品者・ユーザー間に発生したトラブルについて一定期間後も解決されていないと判断した場合には、当該出品者への受取金額の振込みを停止できるものとし、出品者はこれを承諾するものとします。
  13. 出品者が退会した場合で、かつ未払いの売上残高が存在する場合は、当該売上残高の総額から振込み手数料を差引いた上で、退会日から5営業日以内に振り込むものとします。ただし、売上残高が振込手数料を下回る場合は、当社から出品者に対しての支払いは発生しないものとします。
  14. 当社が振込む先である銀行口座は、振込申請時に出品者が登録している口座とします。

第11条 ポイントの利用

  1. ユーザーは、本個別サービスにおいて取得したポイントを、1ポイント1円計算で、商品の購入のために使用することができます。
  2. ユーザーは、ポイントの有効期間中にのみ、当該ポイントを使用することができます。有効期間は通常、ポイントを獲得した日から6か月未満ですが、キャンペーンによっては異なる場合があります。
  3. ユーザーは、ポイントを、本個別サービスを通じた商品の購入以外の、現金、財物その他の経済的利益と交換することはできません。
  4. 当社が、ポイントを取り消すことが適当であると判断した場合、当社は、ユーザーに付与されたポイントを取り消すことができるものとします。
  5. ユーザーが、利用規約に基づき退会した場合またはユーザー資格を喪失した場合には、当該ユーザーが保有するポイントはすべて失効し、以後利用することはできないものとします。

第12条 出品者の義務および責任

  1. 出品者は、本個別規約を理解し、その履行に努めこれを厳守するものとします。
  2. 出品者は、販売する商品またはサービスの品質の維持に義務を負い、その品質が損なわれる可能性があるときは速やかに登録商品の削除を行わなければなりません。
  3. 出品者がユーザーに販売した商品の瑕疵等の理由により、売買についてキャンセル等に至り、出品者に対し売買代金の返金請求が発生した場合、出品者は速やかにその返金請求に応じ、ユーザーに対し返金の義務を負うものとします。
  4. クーリングオフ制度により、法令の定める期間内にユーザーから出品者に対してその適用を求められた場合、法令の定める適用除外品を除き、出品者は出品者の費用、責任においてユーザーに対し速やかに、適切な処置を講ずるものとします。
  5. 出品者は、サービスの品質維持およびイメージの維持に尽力し、これを妨げる行為のすべてに責任を負わなければなりません。
  6. 出品者の不注意によって発生した事故および損害は、出品者がすべての責任を負い、当社は一切の責任を負わないものとします。
  7. 出品者が本個別サービスの利用によって他の本個別サービスユーザーや第三者に対して損害を与えた場合、出品者は自己の責任と費用をもって解決し、当社に損害を与えることのないものとします。
  8. 出品者が本個別規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって当社に損害を与えた場合、当社は出品者に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。

利用権譲渡等の禁止

出品者は、当社の承諾なしに本個別サービスのユーザーとして有する権利を第三者に譲渡、使用、もしくはこれに類する行為、または質権の設定等その他担保に供する行為等はできないものとします。

第14条 情報等の削除

  1. 次の各号に定めるいずれかに該当する場合、当社は、出品者が本個別サービスを通じ掲載した情報を削除できるものとします。この場合、当社が事前または事後に合理的と判断する手段により通知を行うものとします。
    1. 掲載内容が本個別規約に定める禁止行為、また、本個別規約のいずれかの条項に違反すると当社が判断した場合
    2. 他の本個別サービスのユーザーまたは第三者から、出品者が本個別サービスを通じオンライン上に掲載した情報等により自己の権利等が侵害されたとして、当社に対し当該情報等の全部または一部の送信防止措置申し出がなされた場合において、当社から出品者に対して、回答期限を定めて意見を照会したにもかかわらず、回答期限を経過しても出品者が当社に対し、当社が定める方法により何らの回答をも行わない場合
    3. 前項により当社が削除した情報の全部または一部を出品者が再度掲載した場合
    4. その他当社が法律および社会通念に従って当該情報を削除する必要があると判断した場合
  2. 出品者が掲載した情報に関するすべての責任は出品者にあり、当社は前項に関して情報を監視・削除する義務を負うものではないため、当社が情報を削除しなかったことにより出品者あるいは第三者が被った損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
  3. 当社が、本条に基づき出品者が本個別サービスを通じ掲載した情報を削除したことにより、出品者あるいは第三者が被った損害については、当社は一切責任を負わないものとします。

本個別サービスおよび付加サービス提供の責任

当社は、本個別サービスおよび付加サービスが円滑に提供されるよう専用設備を維持運営することに努めます。ただし、不測の事態により本個別サービスおよび付加サービスが利用できない場合があることをユーザーは予め了承するものとします。

第16条 当社の義務および責任

当社は、円滑に決済を行うためのシステムを提供するものであり、ユーザーと出品者の間の売買については当事者であるユーザーと出品者の双方が責任を持つものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。当社は、出品者に対し簡便で、品質の高い決済環境およびユーザーニーズの情報等を提供しますが、決済上の無事故等を当社が保証するものではありません。

第17条 ユーザー間の情報授受等

本個別サービスを通じて他の本個別サービスユーザー等との間で直接なされた情報の授受、およびそれに付随して行われる行為について当社は一切責任を負いません。本個別サービスユーザー同士、または出品者と第三者間のトラブルに対して当社は一切責任を負いません。

第18条 個人情報等の保護および法令遵守

  1. 当社は個人情報等を、原則として出品者本人、および本個別サービスの実現にあたって必要な外部委託業者以外の者に開示、提供せず、本個別サービスの提供のために必要な範囲を超えて利用しません。当社が取得したユーザーの個人情報は、別途定める当社の「プライバシーポリシー」に従って取扱われます。
  2. 当社は、刑事訴訟法第218条(令状による捜索)その他同法の定めに基づく強制の処分が行われた場合には、当該法令および令状に定める範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。
  3. 当社は、警察官、検察官、検察事務官、国税職員、麻薬取締官、弁護士会、裁判所等の法律上照会権限を有する者から照会を受けたとき、または緊急避難もしくは正当防衛に該当すると当社が判断するときは、必要と認められる範囲内で個人情報等の照会に応じることができます。
  4. 当社は、サーバー設備の故障その他のトラブル等に対処するため、契約ディレクトリ内のデータを複写することがあります。

第19条 当社の責任の制限・免責事項

  1. 当社は、本個別サービスの内容の追加、変更、または本個別サービスの中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合も同様とします。
  2. ユーザーは、出品者との間に紛争が発生した場合には、自己の責任と費用において解決するものとし、当社は、かかる紛争に起因してユーザーに生じた損害についていかなる場合も責任を負わないものとします。
  3. 本条第2項の紛争の結果、当社が損害賠償請求等を受けた場合は、当社はその損害の賠償をユーザーに求めることができるものとします。
  4. 当社は、ユーザーに対する債権を第三者に譲渡できるものとし、ユーザーは、そのためにユーザーの個人情報等が当該第三者に提供されることを承諾するものとします。

第20条 商品等の情報に関する権利

本個別サービスを利用して商品等の情報を登録するユーザーは、当社に対し、当該商品等の情報が第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとします。万一、ユーザーが登録した商品等が第三者の権利を侵害するなど第三者との間で何らかの紛争が発生した場合には、当該ユーザーの費用と責任において問題を解決するとともに、当社に何らの損害を与えないものとします。

第21条 商品等の情報の使用許諾等

  1. 本個別サービスを利用して登録された商品等の情報の著作権その他一切の権利は、当該商品等を創作・登録したユーザーに帰属します。
  2. 当社は、ユーザーが登録する商品等の情報を、本個別サービスの円滑な提供、当社システムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲内で、使用および改変することができるものとします。
  3. 当社が前項に定める形で商品等の情報を使用するにあたっては、情報の一部を省略することや氏名表示を省略することができるものとします。

第22条 違約金および損害賠償等

ユーザーが本個別規約に掲げる禁止事項に違反し、または、不正もしくは違法な行為を行ったことにより当社または第三者に損害が生じた場合、ユーザーはその一切の損害(弁護士費用、当社が第三者に行ったお詫びもしくは謝罪広告の費用を含む)を当社に賠償する責任を負います。

第23条 個人情報の取扱い

当社は、個人情報およびそれに類する情報を「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取扱うものとします。

附則

  • 本個別規約は、2017年8月10日から施行します。
  • 本個別規約の施行前にユーザーが行った行為についても本個別規約が適用されます。

改訂

  • 2020年3月30日 ピクシブ株式会社 サービス共通利用規約に紐づく個別規約として、規約全体を改定しました。
  • 2018年12月6日
  • 2018年3月29日
  • 2017年12月21日
  • 2017年12月1日
  • 2017年11月1日
  • 2017年9月20日
  • 2017年8月17日

pixiv Sketch LIVE

当社は、pixiv Sketchのライブ機能(以下「本個別サービス」といいます。)の運用および利用について以下の通りガイドラインを定めます。

1 規定

本ガイドラインは当社が独自に設定したガイドラインですので、社会・環境の変化によって当社の判断で任意に変更されます。また、本ガイドラインは、当社が提供するサービスすべてに適用されるピクシブ株式会社 サービス共通利用規約(以下「共通規約」といいます)の個別規約であり、本ガイドラインにおいて定めのない事項については、本ガイドラインで適用を除外することを定めている場合をのぞいて「共通規約」の他、本個別サービス上で当社が規定するガイドライン等の諸規定(以下「諸規定」といいます。)が適用されます。

2 年齢制限の追加・配信の停止に関して

サムネイル・配信内容・タイトル・説明を含めて判断し、年齢制限の追加・公開範囲の変更・配信の強制停止を本個別サービスの運営チームがチェックいたします。対象の配信を発見した場合、年齢制限の追加や公開範囲の変更、強制停止し、下記の禁止行為を含む悪質な行為に対しては、pixiv Sketchアカウントおよびpixivアカウントの削除を行うことがあります。その理由についてお問い合わせいただいてもお答えできませんのでご了承ください。

3 禁止行為・配信禁止内容

以下に該当する行為や内容の配信は禁止事項としています。禁止事項に該当すると判断された場合、配信の強制停止やpixivアカウントの停止・削除を行うことがあります。

  1. 他のユーザーや当社、その他第三者の権利を侵害する行為
    1. 本個別サービスや他サイトから会員IDや画像IDなどを掲載し中傷する行為
    2. 中傷、脅迫、経済的もしくは精神的に損害や不利益を与えるもの
    3. 本人、および第三者の個人情報の掲載
    4. 第三者の個人情報の収集、交換を目的とする配信、コメント
    5. 第三者の個人情報を教えたり聞く行為

      ※個人情報は、電話番号、住所、メールアドレス、マイナンバーなどを含みます。

    6. 他者の肖像権・著作権を侵害する行為
    7. 自分が権利を保有していない文章、画像、音声、動画を掲載する行為
  2. 社会倫理や法律違反に当たる行為
    1. 刺激が非常に強く嫌悪感が強い暴力シーン、過度に残虐・暴力的な内容
    2. いたずらに過度な思想を押し付けるもの
    3. 反社会的行為を賛美し、これを過度に助長しているもの
    4. 人種、信条、職業、性別、宗教などを不当に差別して表現しているもの
    5. カルト的宗教活動、過度な政治活動を表現しているもの
    6. 殺害、虐待、自傷、自殺を助長誘引する行為
  3. 商業利用
    1. ねずみ講、ネットワークビジネスなどの勧誘
    2. 商業用の広告、宣伝を目的とした情報の送信

    ※自身で制作したグッズや書籍の宣伝等はこの限りではありません。

  4. 法令に違反する性的な表現
    1. 性器の表現、露出しているもの
    2. 性に関連して接合部等を異物にて表現、露出しているもの
    3. 性表現をいたずらに歪んだ状態で表現しているもの
    4. 明らかに幼児を対象とした性的表現がされているもの

    ※隠蔽処理(モザイク等)が施されている場合は、社会通念上許される範囲でこの限りではありませんが、隠蔽処理前の性的表現の配信につきましては禁止といたします。

  5. 迷惑行為
    1. 配信者や視聴者に対する悪口や暴力的な発言
    2. 配信や視聴の妨げとなる行為
    3. 大量のコメントをくり返し投稿するスパム行為
  6. 出会いや異性との交際を目的とする行為
    1. 売春や買春などを目的とした配信やコメント
    2. アダルトサイト、出会い系サイトなどへのリンク
    3. そのほかのわいせつな行為を目的とすること
  7. その他禁止事項
    1. クローラーなどのプログラムを使って情報を収集する行為
    2. サーバに極端な負荷をかける行為
    3. 運営者や他のユーザーへなりすます行為
    4. 創作にまったく関係のない配信
    5. その他運営者が不適当と判断したもの

    ※禁止事項は予告なしに変更される場合があります。

4 対象年齢指定配信

本個別サービスでは15歳未満および18歳未満の方の視聴が不適切である配信に関して、年齢制限のチェックを必須とさせていただきます。 以下に該当する配信は開始時に適切な年齢制限の設定を必ず行ってください。

  1. [ R-18 ]:18歳未満の方に対し、不適切な表現が含まれる配信。以下の表現を含みますがこれらに限りません。
    1. 性器の結・接合、あるいは直接的・間接的にかかわらず性行為を想起させる表現
    2. 性行為や自慰行為の描写
    3. 裸体、局部の露出
    4. 衣服を着用しているが局部の強調等の表現により卑猥性が強いもの
    5. R-15の基準に加え、表情・擬音・発汗その他の表現により性的興奮状態を推察させるもの
    6. 排泄行為・排泄物の描写
  2. 過度な暴力表現、思想・模倣的表現ではあるが危険性が高い、または刺激性の強いもの。以下の表現を含みますがこれらに限りません。
    1. 損傷した人体、脳や内臓の露出
    2. 自殺行為・殺人行為・性犯罪など、反社会的表現
  3. [ R-15 ]:15歳未満の方に対し、不適切な表現が含まれる配信。以下の表現を含みますがこれらに限りません。
    性に関連したもの、卑猥性のある表現。例えば以下の表現。
    1. 下着の露出(透けている衣服やストッキング・タイツ等越しの場合も含む)
    2. 過度に露出度の高い服装
    3. 衣服を着用しているが胸部・臀部の強調等の表現により卑猥性が強いもの
    4. コンドーム、性玩具、拘束具など性的な連想を伴う道具
  4. 暴力的なシーンや恐怖感を与える描写。以下の表現を含みますがこれらに限りません。
    1. 流血を伴う格闘
    2. 身体の拘束

5 隠蔽処理(モザイク処理)について

  1. 基本的に隠蔽処理は画像の技術的性質ではなく、視覚的判断により細部が不明瞭になっていることを前提とする
  2. 同一次元上で処理を施し、技術的に元の表現に戻せない状態のものとする
  3. 範囲は輪郭線を含んだ状態とする
  4. 処理が施されていても透過により細部が明瞭になっているものは隠蔽に含まれない
  5. モザイク処理は以下を参考にして実施する

    最小4ピクセル平方モザイクかつ画像全体の長辺が400ピクセル以上の場合、必要部位に画像全体長辺×1/100程度を算出したピクセル平方モザイクとする

  6. べた塗りにおいては隠蔽処理が必要な部分にすべて行うことが前提であるが、一部の処理により結果として不明瞭になる場合はこの限りではない
  7. 白液、その他隠蔽を絵柄により表現する場合、隠蔽処理が必要な部分にすべて行うことが前提であるが、一部の処理により結果として不明瞭になる場合はこの限りではない

6 隠蔽処理(モザイク処理)必要箇所の例

  1. 性器または性器を連想する部位
  2. 性器結合部位および挿入部位
  3. アヌス結合部位および挿入部位
  4. 切断、裂傷等においていたずらに詳細かつ過度に表現されている部位

※隠蔽処理前の部位や、隠蔽処理が不完全な部位の配信は禁止となります。隠蔽処理が完了した時点から配信を開始する、映像を切り替えるなどの対応をお願いいたします。

附則

  • 本ガイドラインは、2017年12月19日から施行します。
  • 本ガイドラインの施行前にユーザーが行った行為についても本ガイドラインが適用されます。

改訂

  • 2020年3月30日
  • 2018年7月12日
  • 2017年12月19日

リワードの受け取りに関する規約

リワードの受け取りに関する規約(以下「リワード規約」といいます)は、当社が提供する個別サービスにおけるリワードの受け取りに関するプログラム(以下「本プログラム」といいます)の利用条件を定めるものであり、ユーザーによる本プログラムの利用に関連する一切に適用されます。
リワードとは、当社が提供するサービス上へ公開したコンテンツの評価に応じて、当社が制作者に付与する報奨金のことをいいます。リワード規約に合意し、本プログラムに参加することで、ユーザーはリワードを受け取ることができます。

第1条 リワード規約について

  1. リワード規約は、当社が提供するサービスすべてに適用されるピクシブ株式会社 サービス共通利用規約(以下「共通規約」)の個別規約であり、リワード規約において定めのない事項については、リワード規約で適用を除外することを定めている場合をのぞいて「共通規約」の他、本プログラム上で当社が規定するガイドライン等の諸規定(以下「諸規定」といいます。)が適用されます。
  2. リワードの算出、獲得、変換については第4条に定めるとおりとします。
  3. ユーザーはリワード規約に同意の上、本プログラムに参加してください。

第2条 本プログラムの目的

本プログラムは、クリエイターとそのファンのコミュニケーションを活性化し、創作活動を支援することを目的としています。

第3条 本プログラムの利用条件

本プログラムを利用するには、所定の条件を満たしている必要があります。当該条件の詳細については、別途サービス画面で説明されるものとし、ユーザーは、本プログラムの利用に先立ち、当該説明の内容を確認するものとします。

第4条 リワード

  1. 本プログラムを利用すると、コンテンツの人気度やリアクション等をもとに、当社の裁量によりリワードが貯まります。貯まったリワードは一定数以上でpixivポイントや現金に換えることができます。
    1. リワードの算出

      リワードは本プログラムに参加後、コンテンツを提供した日から算出が始まります。また、リワードは月単位で計算されます。

    2. リワードの獲得

      ユーザーは、本プログラムに参加し、所定の期間経過後、当社が定める方法によりリワードを獲得することができます。(ライブ機能を利用し、複数人でコンテンツを提供した場合、オーナーのみがリワードを獲得できます。オーナーとは、複数人配信する際の管理者をいいます。)

    3. リワードの変換

      貯まったリワードを銀行振込で取得する場合には、本プログラム第4条第1項で算出した金額から取得することができます。pixivポイントで取得する場合には各サービスの定める交換比率に応じて取得することができます。
      リワードを現金で取得できるのは、個人のユーザーのみです。法人および団体は、pixivポイントでのみ取得することができます。振込先口座は国内の銀行口座に限ります。なお、リワードを現金で取得する場合には振込手数料はユーザーの負担とし、振込手数料が引かれた形で振り込まれます。
      なお、リワードの変換はキャンセルはできません。

    4. リワードの有効期限

      リワードの有効期限は、獲得から90日です。獲得したリワードをpixivポイントや金券等に変換せずに90日が経過した場合、当該リワードは失効されます。

  2. その他、リワードの詳細については、別途サービス画面上およびヘルプページで説明されるものとし、ユーザーは、本プログラムの利用に先立ち、当該説明の内容を確認するものとします。

第5条 ユーザーの責任

ユーザーは、本プログラムを利用する前に、以下のことを確認するものとします。

  1. 共通利用規約およびライブ機能のガイドラインに沿ったコンテンツを提供すること。
  2. ユーザーが未成年の場合には、法定代理人(親権者等)にリワード規約を確認して頂き、法定代理人の同意を得た上で本プログラムをご利用ください。本プログラムを利用した未成年のユーザーは、法定代理人の上記同意を得て利用しているものとみなします。

第6条 禁止事項

  1. 当社が、ユーザーの行為が共通規約第14条に定める禁止行為に該当すると判断した場合は、リワードの付与停止や、獲得したリワードの剥奪、アカウント削除等を行うことがあります。
  2. ユーザーは、前条の規定に反した場合、リワード(pixivポイント、現金を含む)を受け取る資格を喪失することに同意します。また、ユーザーが本プログラムへの参加および本プログラムを利用したことに起因または関連して第三者との間でトラブルが発生した場合、自己の責任において解決し、当社に一切の迷惑をかけないことを保証するものとします。

第7条 本プログラムの変更・終了等

  1. 当社は、当社の都合により、本プログラムの内容を変更しまたは提供を終了することができます。当社が本個別サービスの提供を終了する場合、当社は原則としてユーザーに対して、本プログラムのウェブサイト上において事前に通知または公表します。
  2. 当社は、前項により変更または終了したことに起因してユーザーが損害を被ったとしても一切責任を負いません。

附則

  • リワード規約は、2018年7月12日から施行します。
  • リワード規約の施行前にユーザーが行った行為についてもリワード規約が適用されます。

改訂

  • 2020年3月30日
  • 2018年7月19日
  • 2018年7月12日

ライブ機能に付属するエール機能の規約

第1条 はじめに

  1. この「ライブ機能に付属するエール機能の規約(以下「エール機能規約」と言います)」は、ピクシブ株式会社(以下「当社」と言います)がライブ機能に付属するエール機能を、当社が運営する「pixiv」と称するサービス( https://www.pixiv.net )および「pixiv Sketch」( https://sketch.pixiv.net )と称するサービスにてユーザーが利用する場合の一切の行為に適用されます。
  2. エール機能規約は、当社が提供するサービスすべてに適用されるピクシブ株式会社 サービス共通利用規約(以下「共通規約」といいます)の個別規約であり、エール機能の利用に際しては、エール機能規約で適用を除外することを定めている場合をのぞいて「共通規約」の他、本個別サービス上で当社が規定するガイドライン等の諸規定(以下「諸規定」といいます。)が適用されます。
  3. エール機能規約は、本機能の利用条件を定めるものです。ユーザーは、エール機能規約に同意の上、エール機能規約に従い本機能を利用するものとします。
  4. ユーザーは、本機能を利用することにより、エール機能規約のすべての記載内容について同意したものとみなします。

第2条 定義

エール機能規約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。

  1. 「本個別サービス」とは、「pixiv」および「pixiv Sketch」をいいます。
  2. 「エール機能」(以下「本機能」といいます。)とは、本個別サービスのライブ配信コンテンツに対して有償でリアクションを送ることができる機能をいいます。
  3. 「絵文字」とは、ユーザーが本機能を利用してリアクションを行うために、当社が提供する前払式支払手段「pixivポイント」を利用して購入した絵文字をいいます。なお、ユーザーは本機能を通じて、「絵文字を送る」「絵文字を送信する」というリアクションを行えます。これを受け、本機能を通じてリアクションされたユーザーは「絵文字を受け取る」「絵文字を受信する」ことになります。
  4. 「ライブ機能」とは、ユーザーが本個別サービスでリアルタイムに動画を送信することができる機能をいいます。 「関連サービス」とは、当社が運営する「pixiv」の会員機能を用いた「本個別サービス」以外の関連ウェブサイトで提供するサービスをいいます。
  5. 「ユーザー」とは、エール機能規約においては、本個別サービスおよび関連サービスを利用するために登録しているユーザーをいいます。
  6. 「機能利用ユーザー」とは、本機能を利用するユーザーをいいます。
  7. 「配信」とは、ユーザーが本個別サービスでリアルタイムに動画を送信する行為をいいます。

第3条 エール機能規約の範囲

  1. 本個別サービスには、エール機能規約およびその他の利用規約等において、本機能の利用条件が規定されています。その他の利用条件等は名称の如何に関わらずエール機能規約の一部を構成するものとします。
  2. エール機能規約の規定とその他の利用条件等の規定に齟齬が生じる場合は、当該その他の利用条件等が優先して適用されるものとします。

第4条 エール機能規約の変更

  1. エール機能規約は、当社の判断により、いつでも任意に変更することができるものとします。
  2. 変更後のエール機能規約は、当社が別途定める場合を除き、本個別サービス上に表示した時点より効力を生じるものとします。
  3. エール機能規約の変更の効力が生じた後にユーザーが本個別サービスおよび本機能を利用した場合には、変更後のエール機能規約のすべてにつき、同意したものとみなします。

第5条 本機能の取扱い

  1. 本個別サービスにおけるライブ機能は、創作活動の時間を他のユーザーと共有したり、イラストや漫画等の制作過程を配信したりすることが可能です。
  2. 本機能は、ライブを配信するユーザーが提供する配信コンテンツに対して、ユーザーがリアクションを行うための手段の1つで、他のリアクションとは異なり有償で提供されます。当社から「絵文字」を購入することで利用できます。
  3. 機能利用ユーザーは、絵文字の数や種類に応じたpixivポイントの必要な合計額を支払うことにより、絵文字を送ることができます。
  4. 購入した絵文字は返品および返金することができません。また、一度送信した絵文字を取り消すことはできません。

第6条 機能利用ユーザーの責任

  1. 機能利用ユーザーは、自己の責任において本機能を利用するものとし、本機能を利用してなされた一切の行為およびその結果について責任を負います。
  2. 本機能を利用して機能利用ユーザーが送信および受信した絵文字に関する責任は、すべて機能利用ユーザーに帰属します。当社は機能利用ユーザーが本機能を利用して送信および受信した絵文字について、責任を負いません。

第7条 禁止行為

機能利用ユーザーは、本機能および本個別サービスの利用にあたり、共通利用規約第14条に定める事項及び以下の各号に該当する事項を行ってはならないものとします。禁止行為に違反した場合には、強制退会、利用停止もしくは削除、公開範囲の変更、または本機能の使用不可等不利益な措置を採ることがあります。但し、当社はこれらの措置をとる義務を負うものではなく、また、これらの措置を講じた理由を開示する義務を負うものではありません。

  1. 複数の絵文字を組み合わせたり同じ絵文字を連続して使用するなどして(これらの行為に限られません。)、人種・民族・性別・年齢・思想などによる差別に繋がる表現をする行為。
  2. 通常の範囲を超えて本機能および本個別サービスのサーバーに負担をかける行為、もしくは、本機能および本個別サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為、またはこれらのおそれのある行為。
  3. 法令、公序良俗またはエール機能規約もしくはその他の利用条件等に違反し、または他者の権利を侵害すると当社が判断する行為。
  4. 複数アカウントを用いた自分自身への絵文字の購入と送信。
  5. その他、当社が不適切と判断する行為。

第8条 本機能の変更等

  1. 当社は、事前の予告なくして、本機能をいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。
  2. 当社は、本機能の追加、変更、中断、終了に起因してユーザーが損害を被ったとしても、一切の責任を負いません。

第9条 絵文字の料金

絵文字の料金については、ライブ機能の「エールを送る」画面にて各絵文字をクリックして開く画面に記載してある通りです。

附則

  • エール機能規約は、2018年7月12日から施行します。
  • エール機能規約の施行前にユーザーが行った行為についてもエール機能規約が適用されます。

改訂

  1. 2020年3月30日 ピクシブ株式会社 サービス共通利用規約に紐づく個別規約として、規約全体を改定しました。
  2. 2018年7月12日

VRoid Studio

第1条 はじめに

  1. 本個別規約は、当社が「VRoid Studio」およびこれに関連してユーザーに提供するウェブサイト、ソフトウェア、アプリケーション、プロダクト、ドキュメントその他一切の製品およびサービス(以下「本個別サービス」といいます。)を、ユーザーが利用する一切の行為に適用されます。
  2. 本個別規約は、本個別サービスの利用条件を定めるものです。ユーザーは、本個別規約に同意の上、 本個別規約に従い本個別サービスを利用するものとします。
  3. 本個別規約は、当社が提供するサービスすべてに適用されるピクシブ株式会社 サービス共通利用規約(以下「共通規約」といいます)「共通規約」の個別規約であり、本個別規約において定めのない事項については、本個別規約で適用を除外することを定めている場合をのぞいて「共通規約」の他、本個別サービス上で当社が規定するガイドライン等の諸規定(以下「諸規定」といいます。)が適用されます。
  4. ユーザーは、本サイト上で提供するダウンロードボタンをクリックした時点で、共通規約、本個別規約および関連するガイドライン(以下総称して「規約等」といいます)のすべての記載内容について同意したものとみなします。
  5. ユーザーは、各規約等に同意しない限り、本個別サービスを利用できません。

第2条 定義

  1. 「本ソフトウェア」とは、3Dモデル作成のソフトウェアである「VRoid Studio」に含まれるすべてのコンピュータプログラムおよびデータをいいます。
  2. 「本サイト」とは、当社が運営する「VRoid(https://vroid.com)」と称するウェブサイトをいいます。
  3. 「クライアントPC」とは、本ソフトウェアをインストールするコンピュータをいいます。
  4. 「ユーザー」とは、本個別規約を承認し本ソフトウェアをクライアントPCにインストールしたまたはダウンロードもしくはインストールしようとする個人および法人をいいます。
  5. 「出力物」とは、本個別規約を承認し本ソフトウェアを用いて出力した作品をいいます。
  6. 「関連サービス」とは、当社が運営する「pixiv」の会員機能を用いた「本サイト」以外の関連ウェブサイト(VRoid Hub https://hub.vroid.com/)をいいます。

第3条 利用権および利用料金

  1. ユーザーは自らが所有するクライアントPCにおいて本ソフトウェアをインストールし、利用することができます。
  2. 本個別サービスは無料です。

第4条 複製

  1. ユーザーは、原則として、ユーザー自身のためのバックアップの目的でのみ、本ソフトウェアの複製物を作成することができます。
  2. ユーザーは、当社による事前の書面による個別の承諾を得た場合には、前項にかかわらず、不特定の者へ配布する目的で本ソフトウェアの複製物を作成することができます。
  3. ユーザーは前2項に基づいて複製物を作成する場合以外、いかなる目的においても本ソフトウェアの複製物を作成することはできません。

第5条 禁止行為

ユーザーは、本ソフトウェアの利用にあたり、以下の各号に該当する事項を行ってはならないものとします。ユーザーが以下に該当する行為(以下「禁止行為」といいます。)を行った場合、当社は、その故意・過失であるかにかかわらず違反行為とみなすことができるものとし、禁止行為を行ったユーザーに対し、利用権の取り消し、本ソフトウェアに関するデータの全部もしくは一部の削除、または変更等の不利益な措置を採ることがあります。

  1. 法令、公序良俗または本個別規約もしくはその他の利用条件等に違反し、または他者の権利を侵害すると当社が判断する行為
  2. 第三者に対して、本個別サービスまたは本ソフトウェアを販売する目的で複製等を行うこと
  3. 有償、無償を問わず、第三者に対して、本個別サービスまたは本ソフトウェアを当社の承諾無く配布等を行うこと
  4. 本個別サービスまたは本ソフトウェアの全部または一部のリバースエンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブルなどの解析行為を行うこと
  5. 本個別サービスまたは本ソフトウェアを一部または全部を改変あるいは除去を行うこと
  6. 本個別サービスまたは本ソフトウェアを商用利用、二次的利用を行うこと。ただし、以下のいずれかの場合は、除きます。
    1. 教育目的での教育機関での教員または学生による利用。
    2. 出力物の利用および当該出力物の制作を目的とした本ソフトウェアの利用。
    3. 出力物の制作過程を公に発信することを目的とした利用。
    4. 販売対象のペンタブ、PC等の機器上で本ソフトウェアの正常な動作をすることを確認するための利用(当該機器の販促目的での利用)。
    5. その他、当社が特別に許諾した場合
  7. 本ソフトウェアを第三者に譲渡、貸与または使用許諾すること
  8. 前各号のほか、共通規約第14条において禁止する事項または関連するガイドラインに違反する事項

第6条 バージョンアップおよび提供中止等

  1. 当社は、事前の予告なく本個別サービスの改変・改良を行うことがあります。
  2. 当社が予めの告知、本個別規約の変更等がない限り、改変・改良した本個別サービスの利用も無償とします。
  3. 当社は、当社が必要と判断した場合は、ユーザーに通知することなくいつでも本個別サービスの提供方法および内容を変更し、提供を停止または中止することができます。

第7条 非保証等

  1. 当社は、以下の各号に定める事項について、一切保証をせず、当該事項に関する不具合等の問題を除去して本個別サービスを提供する義務を負いません。
    1. 本ソフトウェアの品質・性能・利用目的に対する適合性等。
    2. 本ソフトウェアの恒久的なアップデート、改良、不具合の修正等
    3. 本個別サービスまたは本ソフトウェアに、事実上もしくは法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性および特定の目的への適合性に欠けること、ならびにセキュリティ等に関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないこと、または技術的不正確さや誤字、誤植がないこともしくは不具合や障害が生じないこと。
    4. 本個別サービスに関する、サービス提供の状態またはユーザーによるアクセスの可能性もしくは使用の状態。
    5. ユーザーによって作成される作品に関する適法性もしくは正確性等またはユーザーが所属する法人・団体等の内部規則等への適合性。
    6. 本個別サービスに関連するコンテンツの中に、コンピューターウィルス等が含まれていないこと。
  2. 本個別サービスが第三者の運営するサービスにかかる外部サイトとリンクしていることは、当社と当該第三者の提供するサービスまたは外部サイト(以下「外部サービス等」といいます。)との間になんらかの商業的関係があることを意味するものではありません。外部サービス等に関するサイトは、当社が管理運営するものではなく、その内容の合法性、道徳性、信頼性、正確性やサイトの変更、更新等などに関して、当社は一切保証しないものとします。
  3. ユーザーは、本個別サービスまたは本個別サービスにより知り得た情報を利用する場合、利用される国または地域における法令等を自己の責任において遵守しなければなりません。当社はユーザー行為が法令等に適合することを何ら保証しません。

第8条 免責

  1. 当社は、本個別サービスがユーザーの皆様に役立つよう最大限の努力を行いますが、ユーザーに対する当社の責任は、ユーザーが支障なく本個別サービスを利用できるよう、合理的な努力をもって本個別サービスを運営することに限られるものとします。
  2. 当社は、以下の各号に定める事項についての責任、および当該事項によって生じる、直接的または間接的な損害、予見可能なまたは予見不可能な損害その他のあらゆる損害、その他損失について、賠償または補償責任その他一切の責任を負いません。
    1. 本サービスまたは本ソフトウェア(改良・改変後の本ソフトウェアも含みます。以下、同じ。)の利用または利用不能。
    2. 本サイトまたは本ソフトウェアの提供もしくはサポートを変更しまたは終了した場合の本ソフトウェアの追加、変更、中断または終了。
    3. ユーザーが利用する機器・回線・ソフトウェア等。
    4. 本個別サービスを利用する上でのユーザーの過誤。
    5. 本個別サービスの欠陥、一時停止、一部削除、変更、終了。
    6. 本個別サービスを利用することによって生じた、ユーザー間、およびユーザーとその他第三者との間の紛争等。
    7. 前各号のほか第7条に定める非保証等の対象事項。
  3. 当社は、本個別サービスに関連してユーザー間、またはユーザーと第三者間で発生した一切のトラブルについて、責任を負わず、関知しません。万一トラブルが生じた場合は、訴訟内外を問わず当事者間で解決するものとし、当該トラブルにより当社が損害を被った場合は、当事者は連帯して当社に対し、当社に生じた弁護士費用を含むすべての費用および当該損害を賠償するものとします。
  4. 本個別規約に関しても、共通規約第24条(免責事項)第11項の定めを適用するものとします。

第9条 知的財産権の帰属

  1. 本ソフトウェアおよびこれに関連する情報、ウェブサイト、プロダクト、プログラム、アプリケーション、ドキュメントその他一切の製品等に関する知的財産権その他一切の権利は当社に帰属します。
  2. 本ソフトウェアを利用して作成された出力物である作品の著作権その他の権利は、当該作品を創作したユーザーに帰属します。また、当該作品に第三者の著作物等が含まれている場合はその利用を許諾した正当な権限を有する第三者に著作権などの権利が帰属します。
  3. 前項の作品に当該作品を創作したユーザー以外の権利者の著作物などが含まれる場合、ユーザーはそれらの著作物などのライセンスなどに適切に従うものとし、それらのライセンスなどに違反することで生じる不利益に関して当社は責任を負いません。

第10条 オープンソースソフトウェア

本規定に関わらず、別途記載されたオープンソースソフトウェアはそれぞれに適用されるライセンス条項に基づいてユーザーにライセンス許諾されます。

第11条 利用権の取消

  1. ユーザーが本個別規約に違反したとき、当社はユーザーの本ソフトウェアの利用権を取り消すことができます。
  2. 当社が本ソフトウェアへの利用権を取り消した場合、ユーザーは速やかに本ソフトウェアの利用を中止し、本ソフトウェアおよびその複製物を速やかに削除するものとします。

附則

  • 本個別規約は、2018年7月31日から施行します。
  • 本個別規約の施行前にユーザーが行った行為についても本個別規約が適用されます。

改訂

  • 2020年3月30日 ピクシブ株式会社 サービス共通利用規約に紐づく個別規約として、規約全体を改定しました。
  • 2018年7月31日

VRoid Hub

第1条 はじめに

  1. この利用規約(以下「本個別規約」といいます。)は、当社が本サイト上で提供するサービス「VRoid Hub」(以下「本個別サービス」といいます。)の利用条件を定めるもので、ユーザーが本個別サービスを利用する場合に適用されます。
  2. ユーザーは、本個別規約に同意の上、本個別規約に従い本個別サービスを利用するものとします。
  3. ユーザーは、本個別サービスを利用することにより、本個別規約のすべての記載内容について同意したものとみなします。
  4. 本個別規約は、当社が提供するサービスすべてに適用されるピクシブ株式会社 サービス共通利用規約(以下「共通規約」といいます)の個別規約であり、本個別規約において定めのない事項については、本個別規約で適用を除外することを定めている場合をのぞいて「共通規約」の他、本個別サービス上で当社が規定するガイドライン等の諸規定(以下「諸規定」といいます。)が適用されます。

第2条 定義

本個別規約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。本個別規約にて特に定めがない場合は、共通規約における定義と同義とします。

  1. 「本サイト」とは、当社が本個別サービスを運営する「VRoid Hub(https://hub.vroid.com/)」と称するウェブサイトをいいます。
  2. 「本個別サービス」とは、本サイト上で提供されるすべてのサービスをいいます。
  3. 本個別サービスは、各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツで共通のアバターとして利用できる、3Dキャラクター(例えば、「人型アバター」など。)の3Dモデルデータ、画像および動画(以下「制作物」といいます。)をアップロード(URLリンクを含みます。)できる投稿プラットフォームです。
  4. 「VR/ARプラットフォーム」とは、契約者が公開し運用するウェブサイトまたはサービス(3Dコンテンツを含む)をいいます。
  5. 「登録作品」とは、本個別規約に従い、3Dモデルデータ登録者によって本サイトにキャラクター登録された制作物をいいます。
  6. 「登録作品の情報」とは、3Dモデルデータ登録者が制作した制作物のファイルをキャラクター登録する際に、本個別サービスに置いて入力する、データ(登録作品を含む)、画像、動画、URL、テキスト等一切の情報をいいます。
  7. 「キャラクター登録」とは、ユーザーが本サイトに登録作品の情報をアップロードする行為をいいます。
  8. 「3Dモデルデータ登録者」とは、本サイトに登録作品の情報をアップロードしたユーザーをいいます。
  9. 「利用条件」とは、ユーザーが本サイトに登録作品の情報をアップロードする際に、第3条第1項に従って設定する、登録作品の利用条件をいいます。
  10. 「SDK」とは、3Dモデルデータ登録者が本サイトにキャラクター登録した登録作品に関係したファイル、画像、テキスト等の作品の情報等を、他の各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等で利用するために、当社が他のVR/ARプラットフォームに対して提供する「ソフトウェア開発キット」をいいます。

第3条 キャラクター登録の方法および登録作品の利用条件

  1. キャラクター登録について
    1. ユーザーは本サイトに制作物をキャラクター登録する際、当該キャラクター登録された登録作品のダウンロードおよび本サイトと連携した各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等での使用を許可するか否か、個人または法人による商用利用の可否、暴力的表現での利用の可否等、登録作品の利用条件を以下の範囲から設定するものとします。なお、キャラクター登録しようとする制作物に第三者の権利の対象となる著作物等が含まれる場合には、当該第三者の定めた利用条件等にも従うことを要します。
      • 本サイトのユーザーによるダウンロード
      • SDKを介した3Dモデルデータの利用の可否
      • アバターとしての利用可否(アバターとしての利用に伴うキャラクター変更を含む。)
      • 暴力的表現での利用の可否
      • 性的表現での利用の可否
      • 法人による商用利用の可否
      • 個人による商用利用の可否
        • 個人による営利目的の活動を許可する。当該営利目的活動には、登録作品を使った動画配信におけるギフティング等)を含むものとします。
        • 個人による非営利目的の活動に限り許可する。ここでいう商用利用かつ非営利目的の活動には、自主制作ゲームやマンガ、グッズの頒布等の同人活動も含むが、当該頒布等が、その態様、範囲や対価設定等から判断して、利益を得ることを主たる目的とする場合はこの限りではない。
      • 改変の可否
      • 再配布の可否
      • クレジット表記の要不要
    2. 本サイトにキャラクター登録する際に、本個別サービス外で一般に配布、販売等されている制作物を利用する場合、その制作物に定められた利用条件等をユーザーの責任で確認し、遵守してください。ただし、制作物に再配布や改変等が認められていない3Dモデルデータが含まれる等、本個別サービス外での利用条件と本条第1項(1)に定める利用条件が矛盾する場合は、制作物をキャラクター登録し、ダウンロードやSDKを介した登録作品としての利用を許可することはできません。本条第1項(1)に定める利用条件と矛盾する利用条件で配布されている制作物を本個別サービス上でキャラクター登録した結果、第三者との間で紛争等が発生した場合は(各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等で利用された結果発生する紛争等も含みます。)、3Dキャラクター登録者自身の責任と費用負担においてこれを解決するものとします。
    3. 本サイトにキャラクター登録された登録作品の利用条件は、登録作品を利用するユーザーに通知されることなく、3Dモデルデータ登録者がいつでも変更することができます。
    4. ダウンロードまたはSDKを介して各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツでの利用が許可された登録作品は、複数の個人および法人が同時に同一の登録作品を利用することがあります。また、複数の個人および法人が登録作品を利用する際、各プラットフォームまたは各3Dコンテンツで、異なる性格や個性等のキャラクターが形成されることがあります。
  2. 登録作品の利用について
    1. 登録作品をダウンロード、各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等で利用する場合には、前項に定める利用条件の範囲でのみ使用できるものとします。
    2. 登録作品の利用条件は、次の2つの場合に区別されます。
      • 本サイトからダウンロードした登録作品の利用条件は、ダウンロードした時点で定められている利用条件が適用されます。当該登録作品の利用条件等が変更された場合、利用条件変更以前にダウンロードした登録作品には、最新の利用条件は適用されません。
        新たに当該登録作品をダウンロードした場合、その時点で定められている利用条件が適用されます。
      • SDKを介して本個別サービス以外の各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等での使用する際の利用条件は、常に最新の利用条件が適用されます。ただし、SDKを介して各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等で使用中の登録作品に最新の利用条件が適用されるまでには時間がかかる場合があります。
    3. 各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等で利用する際は、当該キャラクターの性格および個性を尊重し、品質維持およびイメージの維持、向上を行うこととします。

登録作品の利用制限・利用例1:

  • 3Dモデル制作者:「自身で制作した3Dモデルを、多くの人に自由に見て、使ってもらいたい。再配布、アレンジ・リメイク・デザイン変更等や、個人法人による商用利用も自由です。ただし制作者の私の名前をページ内に記載してください」
  • VRoid Hub:登録作品のダウンロードおよびSDKを介した各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等で使用の可否、改変の可否、再配布の可否、クレジット表記の要否の利用条件が設定できます。
  • 各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等の提供者:VRoid Hubで3Dモデルデータ登録者が定めた利用条件の範囲でのみ利用することができます。具体的なクレジットの方法や、ゲーム等で利用するにあたって適した記載方法が判断できない場合は、3Dモデル制作者に確認してください。

登録作品の利用制限・利用例2:

  • 3Dモデル制作者:「自身で動画の配信を、複数のプラットフォームで行っており、各プラットフォームごとに3Dモデルを管理する手間を減らしたい。他の人には利用させたくない。」
  • VRoid Hub:キャラクター登録した登録作品の利用を、3Dモデルデータ登録者自身のみに限定することができます。
  • 各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等の提供者:動画配信プラットフォームがVRoid HubのSDKを導入していれば、VRoid Hubから3Dモデルデータ登録者自身のみ利用が許可された3Dモデルデータを参照し、3Dモデルデータ登録者のみが動画配信等に利用することができます。

登録作品の利用制限・利用例3:

  • 3Dモデル制作者:「自身で創作した3Dキャラクターを、多くの人に自由に見て、使ってもらいたい。再配布、アレンジ・リメイク・デザイン変更等も自由です。ただし法人による商用利用は禁止します。」
  • VRoid Hub:登録作品のダウンロードまたは、SDKを介した各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等での使用の許可と、法人による商用利用を不許可にしてください。
  • 各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等の提供者:3Dモデル制作者が定めた許諾の範囲で個人での利用のみ可能です。法人による商用利用は行うことができません。

登録作品の利用制限・利用例4:

  • 3Dモデル制作者(ライセンサー):「創作した3Dモデルを、多くの人に自由に見て、使ってもらいたい。改変も可能で、再配布をしても構いません。」
  • VRoid Hubユーザー(ライセンシー):「3Dモデル制作者が制作した3Dモデルを元に創作した3Dモデルを、VRoid Hubで公開したい。」
  • VRoid Hub:ライセンサー(※2)の許諾の範囲(※4)に従って、キャラクター登録する必要があります。VRoid Hubユーザーは本個別規約に同意の上ご利用ください。登録作品の許諾の範囲(※4)を超える利用が認められた場合、当該登録作品の削除または非公開等の措置を行うことがあります。
  • 各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等の提供者:ライセンシーが定めた利用条件の範囲でのみ利用することができます。

登録作品の利用制限・利用例5:

  • 各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等の提供者:VRoid Hubに登録されている3Dモデルを自社のコンテンツで商用利用したい。
  • VRoid Hub:登録作品に定められた利用条件で、法人による商用利用が認められている登録作品のみ利用することができます。なお、登録作品の情報の著作権を含む知的財産権、その他一切の権利は、当該制作物を作成した3Dモデル制作者(※1)に帰属します。登録作品の情報の利用にあたって、これらの権利が個人法人問わず譲渡等がされるものではありませんのでご注意ください。また、本条第1項4号に定めている複数の個人および法人での同時利用や、当該キャラクターの性格や個性を尊重するとともに、品質維持およびイメージの維持、向上を行ってください。
  • VRoid Hubユーザー(ライセンシー):キャラクターがもつ性格や個性等については、キャラクター登録時の説明に記載してください。なお、3Dモデルデータ登録者は、各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等での利用を許可する場合は、「自身の好みではない」などの主張は行わず、自身が定めた利用条件の範囲のもと平等に公開されることを理解の上、適宜利用条件を定めてください。

※1「3Dモデル制作者」とは、3Dモデルデータを制作した個人および法人であって、本個別サービスにおいて当該制作物を登録しようとする者または登録した者をいいます。
※2「ライセンサー」とは、独自に制作物を制作した制作者をいいます。
※3「ライセンシー」とは、ライセンサーが制作しかつ本サイトにキャラクター登録した登録作品た3Dモデルデータを、ライセンサーが定める許諾の範囲で利用し、新たな制作物を制作した制作者をいいます。
※4「許諾の範囲」とは、ライセンサーが一般に配布、販売等した制作物に対し、改変の可否や再配布の可否等を定めた場合の、当該制作物が利用できる許諾の範囲をいいます。

第4条 禁止行為

ユーザーは、本個別サービスの利用にあたり、共通規約第14条各号に定める事項を行ってはならないものとします。禁止行為に違反した場合には、強制退会、利用停止、登録作品の情報等のデータの全部もしくは一部の削除、または公開範囲の変更等の不利益な措置を採ることがあります(但し、当社はこれらの措置をとる義務を負うものではなく、また、これらの措置を講じた理由を開示する義務を負うものではありません。)。

第5条 知的財産権の帰属および使用許諾

  1. 本個別サービスを利用してキャラクター登録された登録作品の情報の著作権を含む知的財産権、その他一切の権利は、当該制作物を作成した3Dモデル制作者に帰属します。
  2. 本個別サービスに含まれるノウハウ、著作権を含む知的財産権、その他一切の権利は当社またはそれらの所有者に帰属するものとし、ユーザーは、あらかじめ当社より事前に書面による承諾を得た場合を除いて、本個別サービスの模倣、本個別サービスに含まれるノウハウの使用、画像等の著作物、ロゴ、文章等の著作物を複製、翻案、公衆送信その他権利の侵害、その他前記各権利を侵害する行為などはできないものとします。
  3. 当社は、登録作品の情報を、本個別サービスの円滑な提供、利用促進、広告・宣伝、当社システムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲内で、無償かつ非独占的に使用および改変等をすることができるものとし、ユーザーはこれを許諾するものとします。(例:キャラクター登録された3Dモデルを本個別サービス上で表示する場合や、3Dモデルデータ登録者が登録作品の情報を変更した際にその変更を登録作品に反映する場合、登録作品の情報等のサムネイルを生成する場合、生成したサムネイルをトリミングする場合等)
  4. 当社が前項に定める形で登録作品の情報を使用するにあたっては、情報の一部または氏名表示を省略することができるものとします。
  5. 本個別サービスにキャラクター登録された登録作品の情報等は、3Dモデルデータ登録者ユーザーが定めた利用条件の範囲で、ダウンロードまたはVRoid Hub用SDKを介して、各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ等に利用されることがあります。

附則

  • 本個別規約は、2018年12月21日から施行します。
  • 本個別規約の施行前にユーザーが行った行為についても本個別規約が適用されます。

改訂

  • 2020年3月30日 ピクシブ株式会社 サービス共通利用規約に紐づく個別規約として、規約全体を改定しました。
  • 2018年12月21日

VRoidモバイル

1. はじめに

  1. この利用規約(以下「本個別規約」といいます。)は、当社が、アバターを作成し仮想空間で他者とコミュニケーションが取れるプラットフォームとして提供するモバイル版アプリケーションソフトウェア(以下「本アプリ」といいます。)および同アプリケーションソフトウェア上で当社が提供するサービスである「VRoidモバイル」(以下併せて「本個別サービス」といいます。)の利用条件を定めるものであり、本個別サービスをユーザーが利用する場合の一切の行為に適用されます。
  2. ユーザーは、本個別規約に同意の上、本個別規約に従い本個別サービスを利用するものとします。
  3. ユーザーは、本個別サービスを利用することにより、本個別規約のすべての記載内容について同意したものとみなされます。

2. 定義

本個別規約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。本個別規約に明示的な定めのない場合は、用語の定義はピクシブ株式会社 サービス共通利用規約(以下「共通規約」といいます)の定めに従います。

  1. 「本個別サービス」とは、本アプリおよび本アプリ上で提供されるすべてのサービスの総称をいいます。当社が運営する「VRoidモバイル」と称するアプリケーションソフトウェア単体を指す場合は「本アプリ」といいます。
  2. 「ユーザー」とは、会員、アカウント作成の申込者、および特に明示がない限り本アプリの閲覧者など、本個別サービスを利用する個人および法人をいいます。
  3. 「会員」とは、本個別規約に同意し、本個別サービスを利用するために、所定の申込を行い、当社がその申込を承認し、アカウント作成をした個人および法人をいいます。
  4. 「アバター」とは、本個別規約に従い、ユーザーによって本アプリ上または関連サービス(VRoid Hub等の当社が提供するサービスをいいます。以下同様とします。)上で作成された3Dキャラクターです。
  5. 「アバター付随情報」とは、アバター制作者がアバターを保存する際に、本個別サービスおよび関連サービスにおいて、入力するデータ、画像、テキスト等の一切の情報(アバター自体は含みません。)をいいます。
  6. 「アバター制作者」とは、本アプリにアバター付随情報をアップロードした会員をいいます。
  7. 「コンテンツ」とは、本個別サービスにおいて、有償または無償で利用権を購入できる衣装、髪型、アクセサリーなどを含む3Dモデルデータ、およびその3Dモデルデータを使用して作成されたアバターおよびデータをいいます。
  8. 「撮影スタジオ機能」とは、ユーザーが制作したアバターを使用して、本アプリ上で、単独でまたは他のユーザーとコミュニケーションをとりながら他のユーザーのアバターとともに写真撮影をすることができる本アプリの機能をいいます。

3. 本個別規約の適用範囲

  1. 本個別サービスには、本個別規約、共通規約、pixivプライバシーポリシー、ガイドライン、特定商取引法に基づく表記、および資金決済法に基づく表示(その他の利用規約やガイドライン等がある場合はそれらを含みます。以下「利用条件等」といいます。)において、本個別サービスの利用条件が規定されています。その他の利用条件等は名称の如何に関わらず本個別規約の一部を構成するものとし、会員が本個別サービスを利用するときは本個別規約その他の利用条件等を遵守する義務を負います。
  2. 本個別規約、共通規約またはガイドライン等の諸規定の規定に齟齬が生じる場合は、ガイドライン等の諸規定、本個別契約、共通規約の順に優先して適用されます。
  3. 本個別規約またはガイドライン等の諸規定に定めのない事項については、共通規約の定めに従います。

4. アカウント作成

  1. 本個別サービスには、「pixiv」にてアカウント作成を行い、会員となることで利用が可能となる機能(以下「ログイン機能」といいます)があります。ログイン機能の詳細については、本アプリ上にて提示されるものとし、当該範囲は当社の判断により予告無く変更される場合があります。
  2. アカウント作成については、共通規約の定めに従うものとします。アカウント作成の申込をした者(以下「申込者」といいます。)は、当社が当該申込を承諾した時点で会員になります。
  3. 会員が誤ってアカウントを削除した場合であっても、当社はデータ等を復旧する義務を負いませんのでご注意ください。

5. サービスの提供

当社は、ユーザーに対し、本個別規約および本個別サービス内に掲載される利用条件に従って本個別サービスを利用する権利を非独占的に許諾します。ユーザーは、本個別サービスの利用権を第三者に譲渡したり相続させたりすることはできません。

6. コンテンツ

  1. コンテンツは、本アプリ上でその利用権を購入することができます。ユーザーは、コンテンツについて定められた利用料、利用期間、決済方法等の利用条件に従うものとします。
  2. コンテンツは、その利用権を購入したアカウントにおいてのみ利用できます。ユーザーは、コンテンツの利用権を第三者に譲渡したり相続させたりすることはできません。
  3. 一部のコンテンツは、利用権を購入や使用できる期間に制限が設けられている場合があります。この場合、当社は予告なく購入・使用できる期間を終了することがあります。
  4. ユーザーは、コンテンツを、本個別規約が明示的に許諾している利用態様もしくは方法を超えてまたは本個別サービスが予定している利用態様を超えて利用(複製、送信、転載、改変などの行為を含みます。)してはなりません。
  5. 一部のコンテンツは、利用地域またはアカウントの利用状況により利用権の購入や利用することができない場合がありますのでご注意ください。

7. 本個別サービスに関する知的財産権の帰属および使用許諾

  1. 本個別サービス上のまたは本個別サービスに付随する一切のテキスト、画像、映像、音楽、ロゴ、サービス、およびプログラム等の情報(以下「本情報」といいます。)に関するノウハウ、著作権、意匠権、商標権、特許権、実用新案権および不正競争防止法上の権利(意匠登録を受ける権利、商標出願によって生じた権利、特許を受ける権利および実用新案登録を受ける権利を含みます。以下「知的財産権」といいます。なお外国におけるこれらに相当する権利および将来法令の改正等により生じるこれらに類する権利も知的財産権に含むものとします。)ならびにその他の権利は当社または当社にこれらの権利の使用、利用もしくは実施を許諾した第三者に帰属します。
  2. ユーザーは、本個別規約に基づき本アプリ上でアバターを制作し本アプリの撮影スタジオ機能を利用するために必要な範囲に限り、本情報を利用または使用することができます。ユーザーは、あらかじめ当社または前項に定める第三者より事前に書面による承諾を得た場合または本個別規約において明示的に許諾される場合を除いて、本個別サービスを模倣し、本個別サービスに含まれるノウハウを使用し、本情報について複製、翻案、公衆送信その他の利用を行い、またはその他一切の使用をすることはできないものとします。

8. アバターの権利および利用条件ならびに当社による利用

  1. 本個別サービスを利用してユーザーが作成したアバターを含むコンテンツの著作権その他の権利の帰属等については以下の各号に定める通りです。
    1. アバターを含むコンテンツについては、有償無償にかかわらず、また本個別サービスの画面上で「購入」「販売」などと表示される場合であっても、知的財産権その他一切の権利はユーザーに移転せず、ユーザーには、コンテンツの利用権のみが付与されます。利用権は第三者に譲渡したり、相続させたりすることはできません。
    2. コンテンツの知的財産権を含むその他一切の権利は、当社または当社に対し利用を許諾した第三者に帰属します。個別のコンテンツについて、当社または当該第三者が定めた利用条件がある場合は、ユーザーは、本個別規約の定めに加えて、当該条件に従う必要があります。ユーザーは、当社または当該第三者が許諾した場合以外は、コンテンツの利用はできません。
    3. 本個別サービスと連携するサービスでアバターを使用する場合は、連携サービスの規約を守ってください。
  2. ユーザーは、ユーザーが自ら作成したアバター付随情報が著作物に該当する場合は、当該著作物に該当する部分について著作者としての権利を有します。ただし、当社または第三者に権利が帰属するものについては、この限りではありません。
  3. 当社は、アバター付随情報を、本個別サービスおよび関連サービスの円滑な提供、利用促進、広告・宣伝、当社システムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲内で、無償かつ非独占的に使用および改変等をすることができるものとし、ユーザーはあらかじめこれを許諾するものとします。(例:登録されたアバターを本個別サービス上で表示する場合や、アバター登録者がアバター付随情報を変更した際に、その変更をアバターに反映する場合、アバター付随情報等のサムネイルを生成する場合、生成したサムネイルをトリミングする場合等)
  4. 当社が前項に定める形でアバター付随情報を使用するにあたっては、情報の一部または氏名表示(ユーザー名)を省略することができるものとします。
  5. 本個別サービスに登録されたアバターおよびアバター付随情報は、アバター登録者が定めた利用条件の範囲で、ダウンロードまたはVRoid SDKを介して、関連サービスおよび第三者が提供するサービス等に利用されることがあります。関連サービスおよび第三者が提供するサービス等におけるアバターおよびアバター付随情報の利用条件は、アバター登録者が、当該サービスの利用規約等に従って決定する必要がありますので、当該サービスの利用規約等をご確認ください。

9. 撮影スタジオ機能

  1. ユーザーは、撮影スタジオ機能を使用する場合は、自己の責任において、他のユーザーとコミュニケーションを行うものとします。
  2. 撮影スタジオ機能の使用にあたって、他のユーザーを誹謗中傷する等不適切な行為をしたユーザーに対しては、他のユーザーからの当社に対する申告によりまたは当社の判断により、撮影スタジオ機能の使用範囲の制限等当社が適切と判断する措置をとることができます。当該措置によって被った不利益または損害については、当社は何らの責任を負いません。

10. 利用料金

  1. アカウント作成および本個別サービスの利用は、別途当社が定める場合を除き、無料とします。
  2. 有料コンテンツの使用については、VRoidコインの購入が必要です。VRoidコインの購入単位、決済方法、利用期間、その他の付与条件は、当社が定め本個別サービスに表示します。

11. VRoidコイン

  1. 「VRoidコイン」とは、有料のコンテンツを購入するために使用する本個別サービス専用の前払式支払手段をいいます。VRoidコインは、購入、その他当社が指定する行為により取得することができます。
  2. ユーザーがVRoidコインを使用することができるのは、当社が提供する本個別サービス内に限られます。ユーザーがVRoidコインを使用する場合には、本個別サービスの画面上の表示に従うものとします。
  3. 購入したVRoidコインの有効期限はありません。ただし、本個別サービスを退会した場合、VRoidコインは失効します。
  4. 当社が定める一定期間内に一定回数以上のログインがなかった場合、または当社が定める利用規約で禁止している不正利用を行ったと認めるアカウントに対して、あらかじめユーザーに通知することなくアカウントの削除をすることができます。この場合も、未使用のVRoidコインは失効します。
  5. VRoidコインは、本個別サービスでの購入、キャンペーンその他、当社が指定する方法によりユーザーに付与されます。VRoidコインの購入単位、決済方法、利用期間、その他の付与条件は、当社が定め本個別サービスに表示します。
  6. VRoidコインは、当社が指定する有料のコンテンツとのみ交換することができます。それ以外の権利や現金、財物その他の経済上の利益と交換することはできません。各コンテンツとの交換に必要なVRoidコイン数、その他VRoidコインの利用条件は、当社が定め本個別サービスに表示します。
  7. VRoidコインの管理は、アカウントの管理とともにユーザー本人の責任において行われるものとします。コンテンツ使用のためにVRoidコインを購入した場合、いかなる理由でも使用後のキャンセルや再発行等の措置を取ることはできません。また、ユーザー以外の第三者により不正使用され、そのためにユーザーが所持するVRoidコインが消失した場合でも、VRoidコインの再発行はできません。
  8. VRoidコインを払い戻すことはできません。ただし、当社が本個別サービスを廃止する場合や、その他法令上必要な場合は、この限りではありません。この場合、VRoidコインの払い戻し方法は、法令に従って当社が定め、払戻しを受けるユーザーに対して通知します。
  9. VRoidコインは、ユーザーがVRoidコインを購入する際に使用したアカウントでのみ利用できます。他のアカウントまたは他のユーザーに譲渡または移転させることはできません。
  10. ユーザーは、本個別サービスで使用する目的以外に、VRoidコインおよびVRoidコインに関する情報を含むアカウント情報を使用することはできません。直接的または間接的であるかを問わず、これらを換金する行為や第三者に譲渡することはできません。その他、これらを当社の許諾を得ない目的で、ユーザー自身または第三者のために使用することはできません。
  11. VRoidコインは、同一のアカウントで認証した端末に承継することができます。ただし、App Store、Google Play Store等アプリ内課金を提供するサービスが異なる場合は、VRoidコインは、同一名称であっても種類が異なりますので、当該サービス間での承継や合算はできません。

12. 禁止行為

ユーザーは、本個別サービスおよび関連サービスの利用にあたり、以下の各号に該当する事項を行ってはならないものとします。禁止行為に違反した場合には、強制退会、利用停止、アバター付随情報等のデータの全部もしくは一部の削除、または公開範囲の変更等の措置を採ることがあります(ただし、当社はこれらの措置をとる義務を負うものではなく、また、これらの措置を講じた理由を開示する義務を負うものではありません。)

  1. 本アプリおよび関連サイトにアップロードされているアバター付随情報、およびコンテンツを、当該著作者(アバター制作者やコンテンツ提供元を含む)の同意なくして転載する行為
  2. リバースエンジニアリング等の解析行為法律・条例・その他当社が定める基準に反するような、わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待に相当するアバター付随情報等のデータ(以下「これらのデータ」といいます。)について、次に掲げるいずれかの行為を行うこと。
    • これらのデータを登録または表示する行為。
    • これらのデータを収録した媒体を販売する行為。
    • これらのデータを収録した媒体の送信、表示、販売を想起させる広告を登録または表示する行為。
  3. 次に掲げる内容のアバター付随情報等のデータを登録する行為。
    • アップロードされているアバターを誹謗中傷する内容の情報。
    • 登録者の氏名、住所、勤務先、電話番号等個人を特定しうる内容の情報(アップロードされたアバターに関する情報と照らし合わせることで個人を特定しうる場合を含む。)
    • 真否についての事実確認が困難な内容や虚偽の内容の情報。
    • その他当社が不適切と判断する内容の情報。
  4. 商業用の広告、宣伝または勧誘を目的とするアバター付随情報(当社が特に認めたものを除く。)、アフィリエイトのリンクを含むアバター付随情報、MLM・リードメール等他人を勧誘する内容のアバター付随情報、アダルトサイト・ワンクリック詐欺サイト・ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を流布させることを目的とするサイト等当社が不適切と判断するサイトに誘導するアバター付随情報(単にリンクを張る行為を含む。)、その他当社が不適切と判断するアバター付随情報等を登録する行為。
  5. 共通規約第14条各号のいずれかに該当する行為または関連するガイドラインに違反する行為。
  6. その他、当社が不適切と判断する行為。

13. 削除権限

当社は、次に掲げる場合には、アバター付随情報の違法性・本個別規約違反の有無に関わらず、関連するアバター付随情報について、その全部もしくは一部の削除または公開範囲の変更等の措置を行うことができるものとします(ただし、当社はこれらの措置をとる義務を負うものではなく、また、これらの措置を講じた理由を開示する義務を負うものではありません。)

  1. 猥褻性があると当社が判断したアバター付随情報が登録された場合。
  2. 公的な機関または専門家(国、地方公共団体、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律のガイドラインに規定された信頼性確認団体、インターネット・ホットライン、弁護士等をいいます。)から、アバター付随情報について、違法、公序良俗違反または他人の権利を侵害する等の指摘・意見表明があった場合。
  3. アバター付随情報について、第三者から権利主張があった場合。
  4. 登録されたアバター付随情報が第三者の著作権を侵害すると当社が判断した場合。

14. 違反行為等への処置

  1. ユーザーが本個別規約またはその他の利用条件等に違反したと認められる場合、その他当社が必要と認める場合は、事前にユーザーに通知することなく、当社は以下の処置を講ずることがあります。ただし、当社は、規約違反行為を防止もしくは是正する義務を負わず、これらの措置をとる義務を負うものではなく、また、これらの措置を講じた理由を開示する義務を負うものではありません。
    1. 当該違反したユーザーに対しアバター付随情報の削除・訂正を求めること。
    2. 当該違反したユーザーのアバター付随情報の全部もしくは一部を削除し、公開範囲を変更し、または閲覧できない状態にすること。
    3. 当該違反したユーザーを強制退会処分とすること。
    4. 当該違反したユーザーの入会申込を承諾しないこと。
    5. コンテンツの利用権の停止または取消
    6. アカウントまたはその利用の停止または削除
    7. 本個別サービスの全部または一部の利用停止
    8. その他当社が必要かつ適切と判断する措置
  2. ユーザーは、前項の当社の処置について異議を述べないこととします。

15. 連絡方法

  1. 本個別サービスに関する当社からユーザーへの連絡は、本アプリ内の適宜の場所への掲示その他、当社が適当と判断する方法により行ないます。
  2. 本個別サービスに関するユーザーから当社への連絡は、本アプリ内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームの送信または当社が指定する方法により行っていただきます。

附則

  • 本個別規約は、2019年7月18日から施行します。
  • 本個別規約の施行前にユーザーが行った行為についても本個別規約が適用されます。

改訂

  • 2020年3月30日 ピクシブ株式会社 サービス共通利用規約に紐づく個別規約として規約全体を改定しました。
  • 2019年7月18日